島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

新美辭學目次

第一編 諸論

第一章 美辭學の名稱

……………一

第二章 美辭學とは何ぞ

第一節 美辭學の第一定義

………………五

第二節 辭とは何ぞ

………………七

第一項 辭の要件

………………七

………………七

第二項 思想の性質

………………九

第三項 言語の性質(甲)

………………九

第四項 言語の性質(乙)

……………三四

第五項 言語の性質(丙)

……………五六

第六項 言語の性質(丁)

……………八〇

第七項 思想と言語

…………一〇〇

第八項 美辭學上の蹴と想附美辭學の第二定義

…………一〇三

第三節 辭の美

…………一一二

第一項 内容と外形

…………一一二

第二項 修辭的現象と美

…………一二六

第三項 文章の情附美辞學の第三定義

…………一三一

第四節 美辭學の料學的地位

…………一四二

第一項 美辭學の效用

…………一四二

第二項 知識の種類

…………一五三

第三項 學問の領域

…………一六一

第四項 學問と技術

…………一七〇

第五項 科學の種類附美辭學の第四定義

…………一七六

第三章 美辭學の憂遷

…………一八二

第一節 西洋美辭學

…………一八二

第二節 東洋美辭學

…………一八二




第二編 修辭論

第一章 修辭論の組織

…………二〇二

第一節 文章と修辭的現象

…………二〇一

第二節 修辭的現象の大別

…………二〇四

第三節 修辭的現象の統一

…………二一三

第二章 詞藻論

…………二一三

第一節 語彩

第二節 消極的語彩

…………二二三

第一項 語句の純正

…………二二三

第二項 語句の精確

…………二五一

第三節 積極的語彩

…………二五一

第一項 語趣

…………二五六

第二項 音調

…………二六〇

第三項 語勢的音調

…………二六一

第四項 形式的音調

…………二六六

第五項 口調

…………二六八

第六項 律絡

…………二七九

第四節 想彩

第五節 消極的想彩

第一項 命題の完備

第二項 叙次の順正

…………三一五

第六節 積極的想彩

第七節 譬喩法

…………三二二

第一項 直喩法

…………三二二

第二項 隱喩法

…………三二九

第三項 提喩法

…………三三六

第四項 換喩法

…………三四一

第五項 諷喩法

…………三四五

第六項 引喩法

…………三五五

第七項 聲喩法

…………三五〇

第八項 字喩法

…………三六四

第九項 詞喩法

…………三六六

第十項 類喩法

…………三八六

第八節 化成法

…………三九二

第一項 擬人法

…………三九二

第二項 頓呼法

…………四〇一

第三項 現在法

…………四〇六

第四項 誇張法

…………四一五

第五項 情化法

…………四二〇

第九節 布置法

…………四二一

第一項 對偶法

…………四二一

第二項 漸層法

…………四二八

第三項 反覆法

…………四三二

第四項 倒裝法

…………四三七

第五項 照應法、轉折法、抑揚法

…………四三八

第十節 表出法

…………四四〇

第一項 警句法

…………四四〇

第二項 問答法

…………四四四

第三項 設疑法

…………四四九

第四項 詠嘆法

…………四五二

第五項 反語法

…………四五七

第六項 曲言法、詳畧法

…………四六三

第三章 文體論

…………四六六

第一節 主觀的文體

…………四六六

第一項 簡潔體と蔓衍體

…………四六七

第二項 剛健體と優柔體

………四七三

第三項 乾燥體と華麗體

………四七八

第三節 人物著書より見たる文體

………四八二

第四節 時處より見たる文體

………四八六

第五節 客觀的文體

………四九〇

第六節 思想に基づける文體

………四九一

第七節 言語に基づける文體

………五〇一

第三編 美論

第一章 美論の計畫

………五一一

第一節 美辭學と美學

………五一一

第二節 美辭學の結論

………五一五

第二章 情の活動と快樂

………五〇七

第一節 心身并并行の意義

………五一七

第二節 一切の知識は感覺的也

………五一九

第三節 情と快苦

………五二一

第四節 快苦の性質

………五二二

第五節 感覺的快苦と想念的快苦

………五三八

第六節 情の性質

第七節 情緒的快壁

………五三〇

第八節 情の活動は一層快樂的也

………五一三

第三章 快樂と美

………五三四

第一節 美の主觀的

………五三四

第二節 主觀と感情

………五三六

第三節 美の快樂なる所以

………五三八

第四章 美の哲理的方面

………五四〇

第一節 快樂の意義

………五四〇

第二節 快樂の矛盾と道德

………五四〇

第三節 道德と審美

………五四二

第四節 絶對的快樂

………五四四

第五章 美の科學的方面

………五四九

第六章 結論

………五五三

〓:祼