TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

新美辭學目次


 第一編 諸論


  第一章 美辭學の名稱

……………一

美辭學とは文章の美を硏究寸るもの也――文章は一の美術也美辭と修辭――レトリック――能辯と能文




 第二章 美辭學とは何ぞ

第一節 美辭學の第一定義

………………五

形式的定義――學術の名――美と辭と學

第二節 辭とは何ぞ

………………七

第一項 辭の要件

………………七

辭の二要件――想なければ空也――言語に非ざれ辭をなさず――語の種類

………………七

第二項 思想の性質

………………九

想の四面――心理上――聯想的――論理上――思索的――心理と論理

第三項 言語の性質(甲)

………………九

言語の硏究方面――言語の起原――必然論と偶然説――言語の二面――意義と表情

第四項 言語の性質(乙)

……………三四

音響の二別――聲音の性質――意義表情の心理的説明――表情的要件――音幅――音度――音色――音長――音數――音次――音別――表情の生理的説明

第五項 言語の性質(丙)

……………五六

文字の始――其の分類――日本文字――支那文字――言と文――讀誦法の三類――文の勢力ある所以――言文の別

第六項 言語の性質(丁)

……………八〇

語法學の根本的變遷――語法學上の疑―語法の二根據――習慣と論理――語と章――語と詞論――章と論理的及心理的――語法學と修辭學――語法學の概観

第七項 思想と言語

…………一〇〇

言語は思想の表出機也――思想即言語に非ざる四理――言語即思想なる二理――辭

第八項 美辭學上の蹴と想附美辭學の第二定義

…………一〇三

抽象的想念に祼體なし――具象的想念と言語――想と辭との二面的關係――漠然の辭と想――辭想の隨意關係――修辭上の謬見――第二定義

第三節 辭の美

…………一一二

第一項 内容と外形

…………一一二

硏究の三方面――想の發展が修辭也――想念發展の二面――想念の發展と表情の利用――表情の三種…修辭的現象

第二項 修辭的現象と美

…………一二六

辭の目的――修辭の目的――三樣の見解――觀勤説――論理的――審美的――情な主とす

第三項 文章の情附美辞學の第三定義

…………一三一

文章の情と論理の明白――認知と會得――信念――情の内容的と形式的――情の分類――具象、抽象と結體、分解

第四節 美辭學の料學的地位

…………一四二

第一項 美辭學の效用

…………一四二

美辭學は技術なるか――修辭の利害――規則と法則――美辭學の效益――能文術にあらず――文章修養論の諸意義

第二項 知識の種類

…………一五三

學問と知識――抽衆的知識――其外形別――其内容別――其力法別――直觀と推理――歸納と演繹――三段論法の價値

第三項 學問の領域

…………一六一

學問は推論的知識也――學問的知識と學問――理の組織――哲學と科學――構成と歸納――應用と演繹――哲學硏究法

第四項 學問と技術

…………一七〇

學問の構成、應用、實用――學問と技術――理論的意識と實際的意識――學問の獨立――人格と情操――直接的効用と間接的効用

第五項 科學の種類附美辭學の第四定義

…………一七六

科學の二種――標準科學と説明科學――自然科學と人心科學――理想の學と事實の學――標準科學の三對――美辭學の性質



 第三章 美辭學の憂遷

…………一八二

第一節 西洋美辭學

…………一八二

西洋美辭學の四期――アリストートル――クンィ(ママ)チリアン――ベーコン――最近世の三家――古今美辭學の變遷四條――其傾向

第二節 東洋美辭學

…………一八二

支那――六義――文心彫龍――文則――滄浪詩話――文筌――文體明辯――讀書作文譜――支那修辭學は材料也



 第二編 修辭論

  第一章 修辭論の組織

…………二〇二

第一節 文章と修辭的現象

…………二〇一

美術の二面――修辭は技巧的過程也――其の消極、積極――平叙交と修飾文

第二節 修辭的現象の大別

…………二〇四

平叙文の目的――思想の明晰――言語の妥常――消極的修辭條件――知的と情的――修飾文と積極的修辭條件――修辭現象の分類――詞藻と轉義

第三節 修辭的現象の統一

…………二一三

詞藻は部分的也――其の統一と文體――統一の標準――主觀的文體と客觀的文體――修辭論の組織――文骸に關する説

  第二章 詞藻論

…………二一三

第一節 語彩

消極的語彩――語句の純正――語句の精確――積極的語彩――語趣――音調

第二節 消極的語彩

…………二二三

第一項 語句の純正

…………二二三

國語の標準――他國語――方言――俚語――科語――古語――濫造語――離語――訛語――誤用語

第二項 語句の精確

…………二五一

異辭同義――同辭異義――曖昧語

第三節 積極的語彩

…………二五一

第一項 語趣

…………二五六

語趣の三面――文壇的――社會的――滑稽的――雅と俗

第二項 音調

…………二六〇

音調の二面――語勢的――形式的

第三項 語勢的音調

…………二六一

模聲語の利用――音の模擬――形の摸擬――音趣の利用――音性上――音彙上

第四項 形式的音調

…………二六六

一般的形式音は口調也――特殊的形式は律格也――隨意的と規律的――形式美の原理

第五項 口調

…………二六八

句読法――押韻法――疊音法――句讀法と章句法――押韻法の二種――句拍子疊み句等

第六項 律絡

…………二七九

律格即詩形――其の三源理――平仄法――韻脚法――造句法

第四節 想彩

彩の二段――消極的想彩――其の二種――積極的想彩――其の四種

第五節 消極的想彩

第一項 命題の完備

完備命題の意義――其の二面――補足――單一

第二項 叙次の順正

…………三一五

第六節 積極的想彩

其の四方面――譬喩法――化成法――布置法――表出法

第七節 譬喩法

…………三二二

第一項 直喩法

…………三二二

第二項 隱喩法

…………三二九

第三項 提喩法

…………三三六

第四項 換喩法

…………三四一

第五項 諷喩法

…………三四五

第六項 引喩法

…………三五五

第七項 聲喩法

…………三五〇

第八項 字喩法

…………三六四

第九項 詞喩法

…………三六六

第十項 類喩法

…………三八六

第八節 化成法

…………三九二

第一項 擬人法

…………三九二

第二項 頓呼法

…………四〇一

第三項 現在法

…………四〇六

第四項 誇張法

…………四一五

第五項 情化法

…………四二〇

第九節 布置法

…………四二一

第一項 對偶法

…………四二一

第二項 漸層法

…………四二八

第三項 反覆法

…………四三二

第四項 倒裝法

…………四三七

第五項 照應法、轉折法、抑揚法

…………四三八

第十節 表出法

…………四四〇

第一項 警句法

…………四四〇

第二項 問答法

…………四四四

第三項 設疑法

…………四四九

第四項 詠嘆法

…………四五二

第五項 反語法

…………四五七

第六項 曲言法、詳畧法

…………四六三

 第三章 文體論

…………四六六

第一節 主觀的文體

…………四六六

主觀的文體の三面――文體の外形――人物著書――時所の別

第一項 簡潔體と蔓衍體

…………四六七

第二項 剛健體と優柔體

………四七三

第三項 乾燥體と華麗體

………四七八

第三節 人物著書より見たる文體

………四八二

第四節 時處より見たる文體

………四八六

第五節 客觀的文體

………四九〇

客觀的文體の二面――思想上知的と情的――言語上、國土的、時代的、階級的

第六節 思想に基づける文體

………四九一

第七節 言語に基づける文體

………五〇一

 第三編 美論

  第一章 美論の計畫

………五一一

第一節 美辭學と美學

………五一一

美辭學の標的――美術論――美の硏究に歸す

第二節 美辭學の結論

………五一五

情の刺戟――二大疑案――美論の順序

  第二章 情の活動と快樂

………五〇七

第一節 心身并并行の意義

………五一七

心勇交渉に非ず――一體兩面――其眞意義

第二節 一切の知識は感覺的也

………五一九

感覺の意義――感覺の價値

第三節 情と快苦

………五二一

快苦は情に非ず――其の例――根本的誤謬

第四節 快苦の性質

………五二二

生活の意義――快苦と生活――精力の需給――快苦に再現なし

第五節 感覺的快苦と想念的快苦

………五三八

感覺的と想念的とは單複の名也――快苦の二説――生出觀

第六節 情の性質

廣狹二義――感情と情緒――情は快苦の結果也――情と本能――情と發相――判斷と態度

第七節 情緒的快壁

………五三〇

情自ら快苦を有す――之れと想念的快苦とは別也

第八節 情の活動は一層快樂的也

………五一三

想念活動には苦の聯絡多し――情は概して快樂に留り易し

第三章 快樂と美

………五三四

第一節 美の主觀的

………五三四

第一事實――美判斷の不一致――美判斷の一致――主觀的なる所以

第二節 主觀と感情

………五三六

主觀の意義――主客の心理的區別――感情則主觀

第三節 美の快樂なる所以

………五三八

美は情緒に悲ず――想念のみにても美たるを得――美の必至條件は快樂也

第四章 美の哲理的方面

………五四〇

第一節 快樂の意義

………五四〇

快樂の標準――心理的と哲理的――性の滿足

第二節 快樂の矛盾と道德

………五四〇

差別世界――性の種々――差錯矛盾――標準の必要――道德――善の意識――矛盾せる快樂の調攝

第三節 道德と審美

………五四二

道德の本意――道德は自滅な目的とす――美は道德を絶したる狀態也――美即絶對的快

第四節 絶對的快樂

………五四四

人智の進歩と道德――現實界に於ける觀美の困難――善美契合の例――美術の起端

第五章 美の科學的方面

………五四九

絶對と持久――美術の二大別――内容美と形式美――想念を材とする塲合――想念の快苦を問はざるは情な主とすれば也――形式美の二件――内容美の二件――寫實的と情化的

第六章 結論

………五五三

理想説――假感説――天才説
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ

〓:祼