TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第六節 積極的語彩

其の四方向――譬喩法――化成法――布置法――表出法
 積極的想彩すなはち想念の理想的發展の方式を四つに分かつこと前に言へるが如し。其の一、譬喩法とは、想念が斯くの如き發展をなすにあたり、必要なる限り同一情趣の下に新想念を附加し來たるの謂ひにして、之れによりて原想念の情を豊富にし、種々の面より之れを結體せしめんとするの修辭法なり。此は修辭過程中最も有力且つ普通なるものにして、例へば「涙雨の如し」といふときは、單に「涙下る」といふ思想を強めんがため、其の滴下するさまの潜漣として繁き點に類似を求め、此の點に於いてのみ情趣を同じくする雨といふ全く別種の想念を僦ひ來たり、涙の繁きさまに對する情に雨の繁きさまの情を附加したる譬喩法なり。これ吾人の經驗内にては、滴下するものゝ繁き情景は、降雨の際を以て最も切に、一最も感覺を動かし易しとすればなり。最も感覺を動かし易きものゝ最も具象し活現し易きは論なし。
 しかのみならず譬喩より來たる效果は、他にも之れあり。第一は適合の感より來たる快味なり。涙の繁きと雨の繁きと、比し得て恰適なりと、感ずるときは形式美の原理により、適合といふことに一種の快感を生ず。第二には適合感の裏面また發見の快感を伴う。發見の快感とは、吾人が知識慾の滿足より來たるの情にして、新しき智識を得たるときの喜びなり。即ち雨と涙とは、本來全く懸絶せるものなるがゆゑに、平生は二者の間に何の關係ありとも氣つかざりしものが、一朝文章家のために其の滴下することの繁き點に關係を示され、こゝに新關係發見の快味を覺ゆるの類なり。第三には心的活動の範圍を擴張し得たるの快感あり。すべて吾人の心は或る程限を超えざる限り、活動の盛大なるに從ひます〳〵暢達して快活の感を伴ふものなり。されば初め原想念のといふ範圍のみなりしものが、後廣まりて雨といふ新想念を得しめ、活動の量を增して、心的生活の盛大を感ずるに至る。以上は一切の譬喩法が修辭上に及ぼす效果の主たるものなり。
(參照) 譬喩の妥當な欲し清新な欲し奇拔を欲するの理も、以上によりて知らる。從來支那の文學にては、譬喩と典據とを混ずるの弊ありき。其ば譬喩は成るべく古人の用ひ來たりしものを用ふるな妙とするの思想なり。畢寛初心の文章家にありては、其の喩の妥當なろか否かを判別するの識足らず、清新な欲して却りて不熟に陷らんな恐れて、古人の創意にかゝる爛熟のものな用ふるの安全なるに就けるものなるべし。また一つには、想にも附屬の背景ありて、野卑なる聯想を生すべきものを嚴肅な要する文に譬喩として用ふるの弊なからんため、偏に古典に式せんとせるもあるべし。但し同じき背景の理によりて、莊嚴を要するもの、例へば頌章墓碑銘等の如きには、却りて古例格式の典據あるものを用ふるの利も無きにはあらず。此等は例外なり。『文則』に譬喩の種類な數へて曰はく、「易に象あり以て其意な盡くし、詩に比あり以て其の情な達す。文を作るまた喩なるべけんや。博く經傳な釆して、約して之れな論ぜん。喩な取るの法大概十あり。略〻後に條す。一に曰はく直喩或は、猶といひ或は若といひ或は如といひ或は似といふ、灼然見る可し。孟子曰はく「猶綠木而求魚也」と。書に曰はく「苦朽猶綠索之馭六馬」と。論語に曰はく「譬如北辰」と。莊子曰はく「凄然似秋」と。此の類是れ也。二に曰はく隱喩、其の文晦しと雖も義は即ち尋ぬ可し。禮記に曰はく「諸侯不下漁色」と。國語に曰はく「歿平公軍無秕政」と。又曰はく「雖蝎諧焉避之」と。左氏傳に曰はく「是豢呉也夫」と。公羊傳に曰はく「其諸爲其雙々而倶至也」と。此の類是れ也。三に曰はく類喩、其一類な取りて以て次々之な喩す。書の「王省惟歳、師尹惟日、郷士惟月」の歳日月は一類なり。賈誼新書に曰はく「天子如堂、群臣如陛、衆庶如地」と。當陛地は一類なり、此の類是れ也。四に曰はく詰喩、喩れりといへども文、詰難を成すに似たり。論語に曰はく「虎兒出於柙、龜玉毀於檟中、是誰之過歟」と左馬傳に曰はく「人之有墻以蔽惡也、墻之隙壤、誰之咎也」と。此の類是れ也。五に曰はく對喩、比な先にし證を後にし上下相符す。莊子曰はく「魚相忘乎江湖、人相乎道術」と。筍子曰はく「流丸止於甌臾、流言止於智者」と。此の類是れ也。六に曰はく搏喩、取りて以て喩となすもの一にして足らす。書に曰はく「若金用汝作礪、若濟巨川用汝作舟楫、若歳大旱用汝作霖雨」と。筍子曰はく「猶以指測河也、猶以戈春黍也、猶以錐殖壺也」と此の類是れ也。七に曰はく簡喩其の文は略なりといへども而も其め意甚明なり。左氏傳に曰く「名德之輿也」と。揚子曰はく「仁人之安宅也」と。此の類是れ也。八に曰はく詳喩、須らく多辭を假りて後み後義顯なるべし。子曰はく「夫耀蟬者、務在其明乎火振其木而已、火不明、雖振其本無益也、今人有能明其德、則添加歸之、若蟬之歸明火也」と。此の類是れ也。九に曰はく引喩、前言を援取して以て其事を證す。左氏傳に曰はく「諺所謂庇焉而縱尋斧焉者也」と。禮記に曰はく「蛾子時術之、其之謂乎」と。此の類是れ也。十に曰はく虛喩、既に物を指さず亦事な指さず。論語に曰はく「其言似不足者しと。老子曰はく「飄乎似無所止」と。此の類是れ也」(和譯す)
 其の二は化成法といふべし。想念の變形によりて其が理想的發展を遂ぐるの用をなす。たとへば「風叫ぶ」といふときは「風、物を鳴らす」又は「風鳴る」といふべきを情の高まれる態度に應じて、さながら生あるものゝ暴れ狂ふが如く言ひ出だせること、即ち無生物に關する想念を情のために生物化せる所に修辭の價値あるなり。
 其の三は布置法なり。想念の組み合はせによりて之れを結體せしめんとす。「其の言哀しむべし」といふ平叙文を「哀しむべし其の言」と轉倒せるため、修飾ある文となれるが如き、または「老幼みな行く」といふを「老も行き幼も行く」と改むれば、對偶若しくは封照の理によりて一の趣致を生するが如き、此の例なり。
 其の四は表出法なり。想念表出の態度に基づくものにして、「滿つれば却りて虧くるの恐れあり」といふべきを、殊さらに思想の態度を奇警にし「滿つるは虧くるなり」などいふときの修辭法これなり。此の如きは情のかたまれる結果おのづから想念が意義を變ずるの化成法と異なりて、むしろ同一想念が命題を組織するの形式を變ずるものといふべし。此に於いてか、一見その形式の尋常ならざるかために注意若しくは情を刺戟すること強く思想の結體に一層の利を加ふるなり。
 以下順を追ひて細説すべし。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ