TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第十節 表出法

第五項 反語法

 文字の上にあらはれたる意義と裡面に潜める意義と異なるが如き句法を反語法といふ。陽に譽めて陰に毀り、又は陽に説明して陰に觀説する等みな是れなり。例へば天下の治明かならざる代に處して「斯かる昇天文明の盛代に生れて百年を春臺に途り候は人の常なるに」などいふは、其のうらに全く反對の意味すなはち世を罵り武士を罵るこゝろの含まれたるものなるの類なり。
 反語を成すには、第一文辭上の意義と言者の眞意と相違ること、第二其の言ひざまの可笑味あること第三他の不條理を指摘する主とすることの三件要す、此の三者具足するときは完全なる嘲弄的反語となるべし。されど此の三要素の分量の多少によりて、往々種々の形を成すことあり。之れに由りて反語法を三類に分かつときは、第一類、上に擧げたる文辭上と腹中と意義の異なる點を主とせるもの、此は修辭家により或は反語と別と見倣す。いはゆる暗述法之れなり。「世の中に人の來るこそうるさけれとはいひながらお前ではなし」などいふときは、あながち好笑の意にあらす、また嘲笑の意のみとも見えず、其の本意はむしろ餘事にことよせて諷し勸むる方にあるべし。第二類、上の三要件中語句に滑稽的の所あるを主とせるもの、則ち譏誚、勸告等よりもむしろおもしろく可笑しきを旨とせる反語法。第三類、上の三件中の最要部たる他の不條理を指摘し嘲弄することを主とせるもの、此は反語法の本領ともいふべきものにして、之れに他の二件を具備するに及びて始めて圓滿なる反語法といふを得べし。換言すれば他の不條理を全く別なる語氣を以て可笑しく暗請するが反語の全本領なり。
 次に反語の文例を示すべし
其の上甲斐信濃の源氏等案内は知りたる、富士の裾より搦手にや廻り候はんすらん、かやうに申せば大將軍の御心を憶させ參らせんとて申すとや思し召され候はん、其の儀にては候はず、但し軍は勢の多少に依り候はず大將軍の謀によるとこそ申し傳へて候へと申しければ、是れを聞く兵共皆震ひわなゝきあへりけり云々(『平家物語』)
 此は第一類の反語法に屬すべきものにて齋藤實盛が當時此の言をなせしは、敵の強勢なるさまを説き示して、暗に大將軍惟盛を諷せんの意なりしものと見るべし。即ち「斯やうに申せば大將軍の御心を憶ざせ參らせんとて申すとや思し召され候はん、其の儀にては候はず」といへる所反對の意味を含みて、反語法の要件にかなへるものなり。
世の諺に剪逕するも浪人の習ひと御所櫻の伊勢の三郎、風俗太平記の日本左衞門なんど淨瑠璃本にある時はさも手強ふ侍らしく聞ゆれども夫れは血臭ひ時節の事にて、かく治まれる時世にそんなけびらいがあるや否や、とんだ目にあふ故に今時の浪人は紙子羽織に破編笠、御子孫も御繁昌猶いつまでか活き延るほど耻の上ぬり、但し浪人のみにあらず、春さきの華臍魚(あんかう)と目出度御代の侍は段々直が下り、工農商の三民に養はれる素餐(くらいつぶし)の樣に思はれまさかの時は侍でなければ世は治まらず、日本は小國でも唐高麗から指もさゝせぬは皆武德なりといふことを思ひ出す者もなきは是ぞ誠に太平の世の御恩澤、井を鑿りて飲み、耕して食ふ、提燈かりた禮はいへども月日に禮いはざるに等し云々(平賀鳩溪作『放屍論後編』)
 此れらは譏刺の意(あらは)に過ぎて反語法の上乘なるものといひ難し。但し修辭家によりては反語法を分かちて隱なるもの即ち譏刺の意の言語の表にあらはれざるものと、顯なるもの即ち明らさまに譏刺の語を挾めるものとの二となす。而して隱なる反語法にありては、其の譏刺の本意たゞ文の句調、文體等によりて又は昔聲の抑揚、説者の態度等によりて曉らるべきのみ。今若し上の文例を此の區別にしたがひて分類するときは寧ろ顯なる反語と云ふべきなり。
 されどこれにも考へたがる癖ありて國學大人(くにまなびのうし)示していへらく、かみいどんとは髪繕殿の訛れるにて、これをしもひつじと呼べるを羊のかみをすくといふなり稱へ來たるとおぼえたるは、例の漢籍(からぶみ)に泥める説か、今按ずるに、ひは日なり、日髪に結ふに據る物ぞ、つは月の下略こは月究に留めおく故なり、楮又じとはこれ如何、其の時先生些も騒がす、チト假字は違へども日髪月究の客多くて朝から晩まで立績けに結うて居る故、痔のない者も痔持になる、これによりてひつぢなるべし、又一説に(しごと)のしの字といへり、油だらけになるを想へば、穢れるは是れ濁るなり、其の濁りをヒヨトと打てじの字なんぞはどでごんすと、意味深長なるお考、御一人前三十二孔、各一癖ある所が俘世の人情云々(式亭三馬作『浮世床』の序)
 此の文はた、はじめに「されどこれにも考へたがる癖あり云々」の語あるため國學者輩の牽強附會なる考證癖を嘲けるの意あらはになれるもの、即ち顯なる反語といふべし。されど其の以下の本文のみに就きて言ふときは略〻完全なる反語と見るを得べく、滑稽の意もこもりて且つ文致の上に文字以外の本意すなはち譏刺の義あらはれたり。
義經はるかに見下したまひ、「三郎がすゝめし軍師五斗とは彼が事な、いにしへ漢の韓信を高祖初めて見し時、得たる諸藝を尋ね給ふ、其例あれば尋ねて見ん、ソレ〴〵兄弟聞て見よと仰に出しやばる錦戸太郎、「コレ〳〵五斗殿、六韜三略を暗んぜしか明白にのべ聞かされよ「何じや六韜三略、我等ずんと存ぜぬでゑすは「何じや、知らぬ、ホイ見事な軍師の、コレ然らば武藝か、「武藝か、コリヤ又武士の表道具まづと、弓槍鐵砲馬乘り事、劒術、體術ひつくるめすつきりと知らぬでゑすは、「ナントきついものか「まづ一體根が嫌ひでゑす、右の通りの仕合ゆゑ何をさせても埒明かぬ、兎角好きなはコレ〳〵れこさじやと、又た引かゝへ呑む酒を、手に汗握る泉三郎、胸を痛むる許りなり「中略」錦戸兄弟笑壺に入り「あのやうなごくどうを軍師じやの何のと目利らされたお方が見事、やう合點の行くやうに誰れかあるあの醉どれ叩き出してお目にかけよ云々(豊竹越前少掾作『義經腰越狀』)
ある俳諧師無筆無學にて付合(つけあひ)する人あり、そなたは如何なる事が種となつて此の作の出る事と尋ねしに、我れ拔けまいりいたせし時伊勢の望一とひとつの紙帳に寢て其れよりおのづから身が俳諧になつたといふ、各々をかしく、さては連俳の間は薄紙程の違ひなり宗祇と同じ蚊帳に寢た人連歌とすれば望一が同じ紙帳に疲て俳諧せらるゝこと是れ奇特なり迚もの事に望一同じ疳を病み給はゞ座頭になり給はんものを目が見えて殘念と笑ひける云々(『西鶴名殘之友』)
反語法は其の性質の示す如く他の缺點を攻撃し嘲弄するに最も効力ある詞藻なり。蓋し自然の結果として反語法には大抵みな嘲弄の意加はるが故に之れに對する者に取りては、正面より其の瑕疵を指摘せらるゝよりも一層の痛手と感すべし。又は攻撃せらるゝ瑕疵の反語法によりて誇張せらるゝ氣味あるため、對手をして不快の念を強からしむることあるべし、反語の効用は主として此に基く。
(參照) 反語法は英語のアイロニー(Irony)なり。之れに關する修辭學者の規則中著きものな擧ぐればヘーヴン氏の書に「(一)之なして題と場合とに適應せしむべし輕快滑稽な主とするものなるときは嚴格の文まれは熱情の言に連想して不折合なりとの感を起こさしむるが如きことあるベからず、眞面目にして冷罵的なるを主とするときは當然之れに反す。(二)演説の類にありては其の音調常に反語の意を示すを要す又文辭の類にありては其の本意な知らしむるだけの説明な附するかまたは句讀などに依りて讀者に本意を曉らしむるかの注意肝要なり以て讀者をして文字通りの意味と反語の意味とを取り違へざらしむべし但し立言の趣意初より此の點を含糊らしめ又は讀者の才能を檢するにあるときは此の限にあらず。(三)斯く有力なる武器な用ふるの修練な怠るなかれされど反語を用ふるの頻繁に過ぐるは進歩したる趣味な有するものに却りて不愉快なることあるべければ心すべし。」(“Rhetoric”――Haven)などいへるもの、其の例なり。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ