TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第十節 表出法

第二項 問答法

   二人以上の人物を假りて互に問答應對せしむるの辭法を問答法と名づく。「いかに申し候ふ、何とやらん似合はぬ所望にて候へども、いにしへ此の所は源平の合戰のちまたと承りて候ふ、よもすがら語つて御聞かせ候へ。やすき間の事、かたつて聞かせ申し候ふべし、いで其の頃は元暦元年三月十八日の事なりしに、平家は海のおもて一町ばかりに舟を浮べ、源氏は此の汀にうち出で給ふ」の如き是れり。問答法は種々に分類するを得べし先づ之れを大別するときは言者自身と聽者との間に於ける問答及び言者以外の人々相互の間に於ける問答の二となる。例へば蘇東坡が『後赤壁賦』に「已而歎曰有客無酒有酒無肴、月白風清如此良夜何。客曰、今者薄暮、擧網得魚、巨口細鱗、狀似松江之鱸、顧安所酒乎。歸而謂諸婦。婦曰、我有斗酒、藏之久矣、以待子不時之需。於是携酒與一レ魚復遊於赤壁之下云々」 といへるが如きは説者すなはち蘇東坡自らと客もしくは婦との間に於ける問答體なり。「ナント北八、〓あいつらにからかふが面倒だからいつそのこと問屋へかゝつて越さう、手めへの脇指を貸しや。なぜどうする。侍になるは。と北八が脇指を取つてさし、己れが脇指のひきはだを後の方へのばし長くして大小差したやうに見せかけて。ナント出來合の御侍よく似合たらう此の風呂敷包を手前一所に持て供になつて來や。こいつは大笑ひだハヽヽヽ」などの類は説者以外の人物を舞臺に登して之れをして對語問答せしむるものなり。以上は問答の人物の種類につきて分かちたるものなれど更に問答の文體によりては物語體に説者が各人物に代りて且つ叙し且つ問答するもの、客観的に各人物をして相互に對話せしめ説者の口氣を其の間に挾まざるもの等あり。問答中の人物の性質にしたがひては或は無生物を活かして問答に參せしむるもの、或は空想上の人物を實らしく裝ひて問答せしむること小説などの場合に於けるが如きもの、或は空想上の人物を單に烏有先生、空々道人等の記號により點出して封問せしむるもの、或は歷史上の人物を假りて對問せしむるもの、或は現代の人物を假りて問答せしむるもの等あり。
 問答法の文例は極めて多し蓋し小説、物語、戯曲、謡曲等すべて問答饅の長篇と見るを得べければなり。
如何に誰れかある。御前に候ふ。あの山陰にあたつて人影の見え候ふは如何なる者ぞ名を尋ねて來たり傾へ。畏つて候ふ。名を尋ねて候へはやごとなき上﨟の、幕うちまはし屏風をたて酒宴なかばと見えて候ふほどに、懇にたつねて候へば、名をば申さす只さる御方とばかり申し候ふ。あらふしぎや此のあたりにさやうの人は思ひもよらず候ふ、よし誰れにてもあれ上﨟の道のほとりの紅葉狩、ことさら酒宴の半ならばかた〴〵、乘りうち叶ふまじ。と馬より下りて沓をぬぎ路をへだてゝ山陰の岩のかげを過ぎ給ふ心づかひぞたぐひなき(謠曲『紅葉狩』)
抑〻夕顔の玉樓金殿にさがりたる由緖を知らす、たゞ喰物とぼしき五條あたりに徘徊して、貧乏神の神木はこれなるべし。隱士が曰はく、汝宇治の物語を知らずや。答へて曰はく、其の拾遺の瓢も咎なき隣人が一命をたてり、これ全く瓢の罪といはむ、かゝる目出度ひさごに何の罪かあらん、かれ佛緣深きゆゑ空也上人には携へられ鉢たゝきの祖師とはなりける、かのさゞ波やかたゝの海士か海老すくひも佛歷の内か、とぞいひける。隱士大きに打腹立て、汝か言ひ分みな〳〵理窟の論なり、曾て風雅を知らず、古人生前一瓢の樂は身後の金よりはましたりといへり。草苅が云はく、其の樂といつば上戸の情也、瓢のかたちをいはむ、腹便々と肥えふとりて口の狹きは何ぞや、狹くて餅の入らざるは下戸のなげきなりと、大笑して歌つて云はく、滄海の水すめらばつけて泳ぐべし、濁らば鯰を押ゆべしといひて、去つて共に物いはz(許六が『瓢辭』)
子貢曰、貧而無謟、富而無驕何如。子曰、可也、未貧而樂、富而好禮者也。子貢曰、詩云、如切如磋、如琢如磨、其斯之謂與。子曰、賜也始可與言一レ詩已矣、告諸往(これにを)而知來者(『論語』)
罔兩問景曰、曩子行、今子止、曩子坐、今子起、何其無持操與。景曰、吾有待而然者邪。吾所待又有待而然者邪、惡(いつくんぞ)以然一レ惡識以不一レ然、昔者、莊周夢爲蝴蝶栩々(くゝ)然蝴蝶也、自喩適志一レ與不周也、俄而覺則遽々(きよ〳〵)然周也、不知周之夢爲蝴蝶與、蝴蝶之夢爲周與、周與鰯蝶則必有分矣、此之謂物化(『荘子』)
まだ其の上にこれ此の一通、鶴か岡の神木の本に埋めて有つた釘付の箱、内に込めたる願書の文言、若君を調伏し我が子を出世させたい望、願主松ヶ枝節之助、乳母政岡とあり〳〵と書いたが慥な證據、サ何と違ひはあるまいがの。イヤ〳〵それも眞赤な似せ筆、さら〳〵此身に覺はない、無實をいひかけ跡で後悔なさるゝな。ムゝこれほど槌な證據が出てもまだ潔白なあらがひだて、シテ又覺ないといふサ證據があるかな。サアそれは。サア〳〵(松貫四等作『伽羅先代萩』)
(參照) 問答法とは英語のダイアローグ(Dialogue)に相當するものなり。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ
〓:字がつぶれて読めない