島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第九節 布置法

第二項 漸層法

  漸層法とは語句の按排をして淺より深に、弱より強に、低より高に、歩一歩其の調子を高めしめ、終に聽の感を絶頂に導くの謂なり。「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」といふときは、先づ天時の戰爭に必要なる由をいひ、さて進みて更に必要なる地利を擧け、最後に最も必要なる人和を挙げ、一より二、二より三、三より四といふがごとく遞次に大なるものを捉りて小なるものに對〓せしむるに外ならず。されば漸層句法の成り立つには二個以上の事物あること及び之れに大小の分ありて相對〓し、且つ其の對〓に一定の順序あることの諸件を要す。
 また「目は耳よりも聰く口よりも善くものいふ」といふときは、目を耳又は口に對せしめて意味上の漸層を成せるのみならず、語路の上よりいふも「耳よりも聰く」と讀むと「口よりも善くものをいふ」と讀むとは、句に長短緩急の次第ありて、おのづから音聲上の漸層をなせり。「一家之れを非とするも力め行ひて惑はざるものは小し一國一州之れを非とするとするも力め行ひて惑はざるものに至りては蓋し天下一人のみ若し世を擧げて之れを非とするも力め行ひて惑はざるものに至りては、則ち千百年にして乃ち一人のみ」などいへるも同樣なり。此は後に論すべき長短法の、漸層法と相合せるに外ならず。
 漸層法の文例下の如し  西洋にて漸層法の變形にアンチクライマツクス(Anti-climax)と稱するものあり。漸層法の順序を轉倒して大なるもの、強きものを初に置き、層を追ひて次第に文意を弱く少くするの句法なり。例へは「天も醉へり山も醉へり客と我れとまた醉へり」などいふが如し。之れを倒にして「我れも醉ひ客も醉ひ山も天も皆醉へり」といふときは、小より大に及び低よりに高に就くの順序とゝのひて、眞の漸層となるなり。
〓:繳