TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第八節 化成法

第四項 誇張法

  誇張法とは總じて事物を其の實際よりも誇張して言表するの謂ひなり。數千人といふべきを數萬人といひ、極めて小なるものを芥予微といふが如きは、量を誇張せるものと見るべし。疾く走るものを章駄天の如しといひ、善く晴れたる空を日本晴といふたぐひは性を誇張せるものと見るべし。おもふに人は事物に對して深く感動するとき、其の激甚なる情を將りて直に事物の上に被らしめ、心百に動けば五十のものをも百と思ひ做すを常とす、張喩の基く所此處にあり。要するに我が感情の量の大となるにつれ想念の形また變化を呈するの謂ひなり。而して古來誇張法の最も多く用ひらるゝは詩歌、演論等にして語々理に近づき、謹嚴精密を要する文辭には用ひらるゝこと稀なりとす。往々心あるものゝ誇張法を惡み之れを排することあるは、蓋し情内に發せずして、漫に語句の末を誇大にし、爲に眞意義を害するの弊あるに由るか。
  誇張法は其の用極めて廣く、日常談話の際にも用ひらるゝことしば〳〵なり。水の極めて冷なるを形容して「切るやうな」といひ、驚きたる揚合に「膽を潰す」といひ、よく虛言を吐くものを稱して「本當の事を言つたゝめしがない」といふ類は、皆誇張法に外ならす。誇張法はま江支那の文學たとへば詩などに見ること最も頻繁なり。「白髪三千丈、緣愁個長個長」「撫頂弄磐石、推軍轉天輪」「一風三日吹、白浪高於瓦官閣」「盪胸生層雲、決眥入歸鳥」「聲吹鬼神下、勢閲人代速」「徑摩蒼穹宵蟠、石與厚地裂」「呉楚東南折、乾坤日夜浮」「錦江春色來大地、玉疊浮雲變古今」等みな前人の推して古今みな前人の推して古今を曠うするの句とせるもの、何れか誇張法の理に基づけるものざらん
 さて文例下の如し
秋の夜討の國性爺、乘つたる駒の輿蟲、月まつ蟲の聲すみ渡り、しん〳〵りんりんしづ〳〵〳〵、と堀際近く攻め寄せて、百千の高燈灯一度にばつと立てたるは千世界の千日月一度に見るが如くにて、城の兵寢耳に水のあわて騒いで、甲をすねあて鎧はさかさま馬をせなかにオゝ〳〵〳〵、大手の門をおしひらき、切て出つれば寄せ手の勢、貝鐘鳴らし時の聲、大將圑扇追つ取りてひらり〳〵ひら〳〵ひらり、ひらめかし、日本流の軍の下知、攻め付ひしぐは義經流、ゆるめて打つは楠流、くりから落とし阪落とし八島の浦の浦波も爰に寄せ手の勢強く、もみ立て〳〵切り立てられ城中押してぞ引いたりける云々(近松作『國性爺合戰』)
 かゝる尊き荒神の氏子とうまれし身を持つて、其方も殺し我れも死ぬ、元はと問へば分別のあのいたいけな貝殼に一杯もなき蜆橋、短きものは我々が、此の世の住まひ秋の日よ、十九と廿八年の、今日の今宵を限にて二人命の捨て處、爺と婆との末までもまめで添はんと契りしに、丸三年も馴染まいで、此災難に大江橋、あれ見や浪花小橋から、舟入橋の濱つたひ、これまで來れば來るほどに冥途の道か近づくと、歎けは女も縋り寄りもう此の道が冥途かと、見かはす顔も見えぬほど、落つる泪は堀川の橋水にや浸るらん云々(近松作『天の網島』)
 空さだめなき雲をしるしの契約を違へず、其の日ぎりに損德をかまはず賣買せしは、扶桑第一の大商人の心も大腹中にして、それ程の世をわたるなる難波橋より西見渡しの百景、數千軒の問屋甍并べ、白土雪曙をうばふ杉ばへの俵物山もさながら動きて、人馬に付け、送れば、大道轟き地雷の如し、上荷茶船かぎりもなく人浪に浮びしは秋の柳にことならず、朱さしの先をあらそひ若い衆の勢虎臥すの竹の林と見え大帳雲を飜し十露盤あられを走らせ天秤二六時中の鍾のひゞきにまさつて、其の家の風暖簾吹きかへしぬ云々(西鶴作『日本永代蔵』)
瀧壼もひしけと維子のほろゝ哉(向井去來)
一里はみな花守の子孫かや(松尾芭蕉)
うつせみの世にも似たるか櫻花咲くと見しまにかつ散りにけり(『古今集』よみ人しらず)
別れては咋日けふにそ隔てつれ千世しも經たる心ちのみかな(謙德公)
王曰、天下佳人莫楚國楚國之麗者、莫臣里臣里之美者莫臣東家之子臣東家之子、之一分唱則太長減之一分則太短、著粉則太白、施朱則太赤、眉知翠羽肌如白雪、腰如素、齒如貝、嫣然一笑感陽城下蔡、云々(宋玉の『登徒子好色賦』)
誇張法はまた滑稽の意味にて用ひらるゝことあり。例へば
四十ぐらゐの橫にふくれた女、乳のみ子を負ひ、罌粟坊子の手をひきながら三かゝへもある棚尻をはるかあとに引きずり、額口から灰墨のまざりし汗を流してやうやう追ひ著云々(十返舎一九作『六あみだ詣』)
阿克將も今ははやのがるゝ方なく堤の影にうづくまり、怨めしの此の髭や拔いて捨てんと手にからまき、ぐつと拔きてあいたゝ、此の痛さでは首切らるゝも同然云々(近松作『国姓爺後日合戰』)
等の如き是れなり。
(參照) 誇張法また張喩ともいふべし。英語にては之れ々ハイパーポリー(Hyperbole)といふ。之れに關する從來の修辭學者の規則といふもの、ベイン氏の書に「一事物の性質甚く吾人な喜ばしむうときは五口人は誇張の言な以て其の性質な説明し以て曇の快樂な增さんとするの傾あり是れが髄中有力なる誇張喩法なり。之れが要件三あり、(一)其の快感な著ぐ且り確的ならしむること。(二)實な離れしれめに眞妄の感な働かすが如きことあるべからざること。(三)語句よく調ひて情緒的快味な保持するに適するものならざるべからざること是れなり(中略)中にも第三件は最も必要にして大詩人の特色は此にあり云々。(“English Cpmposition and Rhetoric”―Bain)などいへるに其の一斑を推知すべし。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ