TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第八節 化成法

第三項 現在法

 現在法とは現在に寫し出だすの義なり、即ち過去に起こりし事物、將來に起こらんとする事物、眼前にあらざる事物、全く想像架空にして實際に存せざる事物等を、今現に目のあたりに在るが如く描寫するの詞なり。されば現在法は頓呼法を相出入る。たゞ頓呼法は現にあらざるものを在るが如く見做すと共に、之れに、向かひて對話風に呼びかけ話しかくるを本領とすれど、現在法は現に在らざるを在るが如く言ひなすのみ。たとへば「月傾きぬあはれ山の端避けよかし」といふは、目前にあらざる山の端を在るが如く呼びかけたる頓呼法なれど「月傾けども山の端心なければ避けんともせず」と云ふときは、一句の命脈單に山の端の動作を今現にあるが如く言ひあらはしたるのみにあるが故に、現在法なるの類なり。
 現在法は分かちて三となすを得べし、歷史的、想像的、豫言的是れなり。歷史的現在法とは、凡て過去に屬せる事柄を現時目前にあるが如く書きあらはすの謂なり。此は現在法中最も廣く用ひらるゝものにして、歷史家殊に之れを慣用す。但し西洋にては、近世に至り、歷史と雖ども科學的精密を語句の間に保たざるべからすとの趣意によりて漸々かゝる詩歌的現在法の筆法を用ふるもの減じたりといふ。わが國にては、純粹なる古史には却りて現在法などを用ひたるもの尠く、動詞の過現未の時別は殊に嚴なりき。之れ一には我が國語の性質の然らしめしに由るか。されどまた史家の筆致にも由るべければ、一概には言ひがたし。動詞に確たる文法上の時を限らずして、自在に現在法を用ふるは、漢文に如くなし。
三月越子、呉子禦之笠澤水陣、越子爲左右勾卒、使夜或左或右皷譟而進、呉師分以、越子以三軍潜渉、當一レ呉中軍師呉大亂遂敗之、(春秋左氏傳(ママ)
 是れ、左氏の叙戰法中最も簡にして勁なりと稔せらるゝもの、而して其「伐呉」といひ「大亂」といひ「敗之」といふが如き、固より過去の事を叙するものなるが故に、文法上よりいふときは「呉々伐ちぬ」「大に亂れぬ」「之れを敗りたり」など讀むべきなれど、漢文の文致よりいふときは、却りて「呉を伐つ」「大に亂る」「之を敗る」と訓するを本意とするの類也。
 次に豫言的現在法とは歷史的現在法に反して、未來の事を今目のあたりに起こりたる如く言ひなし、以て聽者の感を動かすの語法なり。例へば「條約改正の成りたらん曉には内地雜居は許されん、外人は績々入り込まん、商業に工業に外人の競爭は始まらん此の際緖君は何を以て敵を制せんとするか」といふべきを「條約改正成るの曉には内地雜居は許さる外人は續々入り込む商業に工業に内外人の始まる緖君は此の際何を以て敵を制せんとするか」といふの類は、演説家などの好みて用ふる所とす。最後に想像的現在法とは時間の過去未來に論なく、全く空想上の事柄を現に在るが如く言ひあらはすの謂にして、詩歌などに最も多く用ひらる。
 駟玉虬以乘鷖兮、溘埃風余上征、朝發靭於蒼梧兮夕余至乎縣圃、欲少留此靈地兮日勾々其將暮、吾令義和弭節分望崦〓而勿迫、路漫々其脩遠兮吾將上下而求紫、飮余鳥咸於威池兮總余轡乎扶桑、折若木以拂日兮聯須叟以相羊、前望舒使先驅兮後飛廉使奔屬、鸞皇爲余先戒兮雷師告余以未具、吾令鳳皇飛騰兮又繼之以日夜、飄風屯其相雌兮帥霓而來御、(屈原の『離騒』)
 此れら全く想像裡の事なるが故に、過去にも屬せしむべからず、未來にも屬せしむべからす、現在法によりて描出するを最も當たれりとするなり。
 現在法の造句は、語尾に現在動詞を用ふるを通例とす。即ち「行けり」「行かんとす」「行かん」などいふべきをも、凡て直に「行く」といひて已むなり。されどまた間々現在動詞の外に現在といふことを説明する詞を添ふることあり。例へば「春雨や今のも暮の鐘でなし」の類之れなり。
 現在法の文例下の如し。
 五月廿日の夜酒井左衛門尉忠次信長の軍兵を引具し、山路を傳うて鳶の巢にむかひ明くれば廿一日の朝、かたきの要害を攻め落とす、忠世が弟治右衞門忠佐兄にむかひ、今日の戰は我等が爲には當の敵、信長の加勢に先をかけさせんは無念の次第なるべし、我等先にかゝりて戰はゞやといふ、忠世、いみじくも申たるものかなとて徳川殿に參りてかくと申す、足輕の弓、鐵砲の達者引きすゞつて兄弟に附けられたり、馬に乗ては懸引自由なるまじとて、兄弟手勢も皆おりたゝせて先陣をすゝむ、石川、本多、鳥居、平岩が勢同じくつゞいて撃て先づ、兄弟先づ足輕を出し敵に向て鐵砲を放つ、武田方にても山縣三郎兵衛尉昌景、千五百人も同じくかりたつてしころをかたふけ面もふらす大鼓を打ち曳や聲を揚けて進み來る、兄弟が兵敵かゝればさつと引きて鐵砲をはなつて打散し、かたき開けば取て歸し、おめいて切てかゝる。小菅、廣瀨、三科とて一人當千のかたきと忠世兄弟と、名乘かけ〳〵、追つかへしつ九たび迄攻めたりければ、小菅、三科、手を負て引く大將、昌景鐵砲に當つて馬より落つ、織田殿の方にては佐久間左衞門尉信盛六千人、瀧川左近將監一益三千人、柵より外へうつて出で、馬場、内藤にかけたてられ、散々になりて引て入る。數萬騎の軍勢たゞ一處に集て柵より外に出もせず、唯遠矢に射取れやと三千挺の鐵砲を一面に立拉へてぞ放つたる云々(新井白石の『藩翰譜』)
 義實は些も疑議せす、あながまや雜兵原、敵をおそれて走るにあらねば、返すに難きことあらんやとて、馬をきりゝと立てなほし、大刀拔きかざして進み給ふ大將を撃たせじとて、杉倉堀内推竝んで敵の矢面に立塞がり、鎗を捻って突き崩す、義實は亦老黨を撃たせじとて馬を馳せよせ、前後を爭ふ、主從三騎、大勢の眞中へ十文字にかけ通つて、やがて巴字にとつて返し、鶴翼に連つて更に魚鱗にうち遶り、東に靡け西に當たり、北を撃ては南に走らせ、馬の足を立てさせず、三略の傳、八陣の法、共に知つたる道なれば、只今前にあるかとすれば、忽然として後にあり、奮撃突載秘術をつくす、千變萬化の太刀風に、さしもの大勢亂れ騒ぎむら〳〵はつと引き退く、敵退けば杉倉は、主を諫めて徐々と、落るを更に踉けて來る端武者は違箭に射て落し追つかへしつしもと原、三里が程を途られて、終には落る夕日の迹に十六日の月圓なり云々(馬琴作『八犬傳』)
 わが國の文學にては,時に接綾詞を略して現在動詞のまゝ下の句に連なることあり、此の際の語法と現在法とは混ずべからす。上の文例に就きて言ふときは「前にあるかとすれば忽然として後にあり奮撃突戰秘術をつくす」といへるうち、其の後にあり」の一句若し下にかゝらざるときは、無論現在法と言ふを妨げすといへども、此處にては、「前にあるかとすれば後にあり斯の如くして奮撃突戰秘術をつくす」といふの義なるが故に、其の結尾なる「秘術をつくす」といふ語の如何によりて過去現在の何れとも定まるべきものたり。即ち「前にあるかとすれば後にあり斯くして奮撃突戦秘術をつくしぬ」といふときは過去の義となり「前にあるかとすれば後にあり斯くして奮撃突戦秘術を盡くす」といふに文を結ぶときは、現在の義すなはち現在法となるものと知るべし。
 現在法も之れのみを濫に用ふる時は、不自然のものとなりて文致を害ふべし。殊に現在動詞を用ふるに當りては過去、將然等の動詞と錯落せしめて意匠の迹を露さいらんと力むるを要す。上の例文中『藩翰譜』の場合の如きは、既に幾分か故意に現在法を用ひたるが如き迹見えたり。即ち二度三度讀み返す時は、總じて戰を叙するの筆は斯かるべきものぞといはぬ計りに現在法を用ひたるが如き感を生すべし。
大將、南庭を囘りて彼方此方を見玉ふにも、昔は二代の后に立ち玉ひ百敷の大宮人にかしづかれて明し暮し玉ひしに今はかすかなる御所の御有様、軒につた繁り、庭に千草生ひかはす、言問ふ人もなき宿に萩吹く風も騒しく、昔を戀ふる涙とや露ぞ袂をうるほしける、時しあればと覺しく蟲の怨たえくに、草のとざしも枯れにけり、大將哀に心の澄みければ、庭上に立ちながら古詩を詠じ玉ふ、「霜草欲枯蟲思苦、風枝未定鳥栖難」と宣ひて夫れより御前に參り玉ひけり、八月十八日の事なり、宮は居待の月を待ち詫びて御簾傘び卷きあけ御琵琶を遊ばして渡らせ玉ひけるが、山立ち出づる月影を尚や遅しと思ぼしげに御琵琶をさしおかせ玉ひつゝ御心を澄まさせ玉ひけり、源氏宇治の卷に、優婆塞の宮のおん娘、秋の名殘を慕ひかね、明月を待ち出で琵琶を調べてよもすがら心を澄まさせ玉へるに、雲隱れたる月影のやがで程な出でけるを、尚堪えず覺しけん撥に招かせ玉ひにき、其夜の月の面影も、今こそ思し召しけれ、大將參りて大床に候はれけり、宮は琵琶をひきさして撥にてそれへと仰せけり、其の御有樣あたりを拂うて見え玉う、互いに昔今の御物語あり、大將は福原の都の住みうき事語り申して泣かれければ、宮は平の宮の荒れ行く事仰せ出して共に御涙に咽ばせ玉ひけり、斯くて夜もいたくふけにければ、宮は御琵琶を掻きあはせ玉ひ秋風樂を引かせ玉ふに、侍從は琴を彈けり、大將は腰より笛を取り出だし平調音取りとりだして歌ひ玉ふ「古き都を來て見れば、淺茅が原とそなりにける、月の光は隈なくて、秋風のみぞ身にはしむ」、と三度歌ひ玉ひければ、宮を始め參らせて御所中にさふらひける女房達、折からあはれに覺えて袖をぞ絞りける(『源李盛衰記』)
此文の如きは叙事の筆として上乘のものなり。其の現在法を粗ふる鹽梅の巧なるは、凡手の能くする所にあらず。勿論之れを現在法な妙と知りて筆を下だせしものゝみにはあらざるべきも、過去動詞と現在動詞との配合をおのづから度にかなひて、現在法を用ふるの好模範となれるものどいふべし。以上の外、眼前の景によりて情を抒るの和歌俳句等には、現在法に循へるものいと多し。「初雪やまづ廐から消えそむる」「夕立や家の囘りてあひる鳴く」「長松が親の名で來る御慶かな」「春立てば花よや見わむ白雪のかゝれる枝に鶯の鳴く」「野邊ちかく家居しをれば鶯の鳴くなる聲は朝な〳〵聞く」など一々擧げつくすべくもあらず。
(參照)現在法また現寫法ともいふべし。英語にてはヴヰジョン(Vision)といふ。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ
〓:「山」ヘンに「茲」、UTFコード不明