島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第七項 聲喩法

 聲喩法とは事物の音を其のまゝ借りて修飾とするの謂ひなり。琴の昔を形容して「瑟々錚々」といひ、雷の響くさまを言ひあらはして「おどろ〳〵しく」といひ、鳥の鳴く聲を摸して「ちよ〴〵」といふが如きこれなり。蓋し聲喩法は、たゞ一筋に事物に心奪はれたる刹那、覺えず識らず對境の音を我れの聲もて摸せるに起こり、之れを附加することによりて、其の事物を一層活現的ならしめんとするものに外ならず。されば彼の音調の條に論ぜる語勢法其の他聲音の表情を利用する諸修辭法と密に相聯絡す。相異なるは、彼れにありては、凡て既成の言語といふ範圍内に於ける聲音を、我れの情若しくは事物の音と應ぜしむるを本意とし此れにありては、未だ言語を成さゞる聲音を以て事物の言を摸するを本意とす。
 聲喩法のうち強ゐて分類をなさば、事物の聲音そのまゝを摸するもの、例へば前掲の「おどろ〳〵」しく「ちよ〴〵」等の如きと、事物の動作を摸すと稱せらるゝもの、例へば「ゆう〳〵と立ち出づる」「ぐさと突き込む」等の如きとなり。されど二人者、事物の動作を摸すと思へるものも、實はかすかに其の動作より生する昔を摸せるものに外ならねば、茲には無用の分類を成さゞるべし。さて聲喩法の例を擧げんに  「ちんからころり」は蟲の鳴く音の聲喩法なり。「きれんや、きれあんれ、きれ〳〵」はすなはち語にしておのづから聲喩の力をも有する音調法なり。此等相つらなりて妙辭をなす。
これまた文勢の迫りし場合を示して「かた〳〵」といひ「ぱら〳〵」といふと前後の口調とよく調和せるものなり。
「ひやう」「ひいふつ」「さつと」「とく〳〵」「ほろ〳〵」等皆然り。
此等はむしろ。一層多く動作に關せる聲喩法とも見るべきなり。