島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第五項 諷喩法

  諷喩法とは一説話中に他義を含ましむるもの、就中意味なきものを假りて之れに意味ある事柄を影の如く寓せしむるの謂なり。言ひ換ふれば人事上の諷刺勸誨の意を無生物其の他劣等なる物の動作に寓せしむるの比喩といふべし。例へば「鳩を以て大鵬を咲ふ」「燕雀何ぞ鴻鵠の志を知らんや」などいへるは何れも小人が君子の心を得知らざる由を鳥の上に寓言せるの類なり。故にまた寓言といふ名あり。されど嚴にいふときは、寓言はむしろ英語のfable又はparableなどに相當し、諷喩法とは多少差あるべし。此處にはfableを寓言(詳しくは寓意物語)と譯し之れと諷喩法とを別かたんとす。また修辭家によりては.此の寓言と諷喩法との差異を單に喩の長短に歸し、長く續きたるを諷喩法といひ、短く切れ〳〵くなるを寓言といふ。されど斯かる區別は實際上無用のものねたるを免れず。
 諷喩法を分かちて下の二類となすを得。第一、全く架空にして到底人事にあるまじき話柄を假り之れに意を寓せるもの、第二、其の話柄は作り物語なるにもせよ實際に成し得られざるにあらざるもの是れなり。
 諷喩法の第一種、到底人間にあるまじき話柄を材料とするもの、たとへば非情の物をして人間の如く動作せしめ、又は人間をして天道地獄など實際に無き境に出入せしむる等の例 腹中の世界に入るといひ、心や耳目やが人間などの如く動作すといひて、其の裏面に人心の作用を説明せんとするなり。
鳥類の動作に事よせて何某の身の上を嘲れるなり。 人事の際會を龍と雲との上に寓言せるなり。
 諷喩の第二種、話柄は作り物語なるも其事柄あながち實際界に在り得べからざるにあらざるものたとへば全く別なる人事の上に諷意を寓する等の例は下の如し。
前者が「眞理にても迂闊にして實際に通ぜざれば何の効もなし」といふ意を寓し後者が酒に事よせて仇討の手筈を教ふる等是れなり。」
 外に人間全禮の美徳缺點等を個人に權化せしむる類の諷喩法あり彼の英國古代の詩人スペンサーが作れる『仙女王』(Fairy Queen)に人間の十二美德を十二人の武士に權化せしめたるもの、此の種の諷喩の大なるものと稱せらる。我が國にて『八犬傳』の如きも其の立意の發端のみにつきて言へば仁義禮智忠信孝悌の八德を八犬士に假裝せしめたる諷喩法といふ婪を得べし『夢想兵衞蝴蝶物語』などもまた色欲といび貧禁といふが如き悪德を一郷に權化せしめたるものなり。要するに諷喩法は話柄の作り物なると之れに話柄以外の深意の籠れると話柄の表には深意の些も直現せざるとを本面目とすべし。
 或な話柄を人事に取れるものを諷喩法と見做さゞるあり即ち常に高尚なる事柄を劣等なる事柄に寓せしむるを諷喩法の本意とし一の人事を伺等なる他の人事に寓せしむるが如きは之れを諷喩法とせざるなり。げに詞藻上の喩といへる點より見ば啻に事柄のみならず事柄を組織する物質までも全く懸け離れたる種類のものなるを妙とすることあるべし、人間の事柄をば鳥獸草木の上の事に比擬するの類之れなり。されどまた一方より見るときは諷喩法の諷喩法たる所は事柄其の物の上にありて事柄を組み立つる個々物の上にはあらず直喩法隱喩法などは、一句一物の比喩を主とすれども、諷喩法は事柄の比喩を主とするが故に、事柄だに隔離して而も相比するを得べき點だにあらば諷喩法たるを妨けざらんか。是れ本書が第二種の諷喩法を加へたる所以なり。
 諷喩法と直喩法喩隱(ママ)法との間には劃たる境界あり、詞形に於いては言ふまでもなし、本意に於いても直喩法隱喩法等は眞面目に其の事物に對する情の高まれるにつれて比喩の急調に進み行けるものなれど、諷喩法は之れと異なりて、わざと喩中の本義を晦くし、外見上喩義の外に寓意の端を示さゞるやう匠むものなり、勿論時としては餘りに本義知れ難き場合には多少の説明詞を加へて之れをほのめかすことなきにあらざれど本來は飽くまでも喩義以外に本義の片影をも顯さゞるをもて諷喩法の妙なるものとす。即ち命意の當初に於て既に直喩法隱喩法等と諷喩法と相異すといふべし。  諷喩法はまた後に論すべき擬人法とも關係すべし。擬人法は劣等のものを高等のものに比し、諷喩は之れに反してむしろ高等のものを劣等物に比するの差別あり。すなはち等しく猿蟹に物言はしむるも、猿蟹の方を主とし、其を人に擬して物いはしむる點に重きを置くは擬人法なり。擬せられたる人を主とし、其の言動意味に重きを置くは諷喩法なり。例へば「猫の戀初手から鳴いて哀れなり」といへるは擬人法にて「鼠とる猫のうしろに犬の居てねらふものこそねらはれにけれ」などいへるは諷喩法なるの類なり。
 諷喩法はまた之れを繪畫彫刻等の上にも表はし得べし。古人が大黑天の像を畫きて「上を見れば限なし」との意を寓せるなどは諷喩法の短きものと見るべきなり。所謂寓意畫といふもの。