島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第四項 換喩法

 換喩法とは種類の相異相關を主とせる比喩なり。隨伴物を以て本名に換ふるものなり。之れを大別して四類とすべし。即ち第一種、記號と實物との關係に基けるもの。第二種、持主と持物との關係に基けるもの。第三種、原因と結果との關係に基けるもの。第四種、原料と作物との關係に基けるものこれなり。以下例を引きて細説すべし。
 換喩法の第一種は記號と實物との關係に基けるものにして、記號を以て實物を代表せしむるを常とす。例へば「清國僵れぬ」といふべきを「黄龍斃れぬ」といひ書生を靑袗といひ文職の人を長袖といふが如き之れなり。更に之れを逆にして實物を以て記號に換ふるの例はあること罕なり。  振袖といひ前髪といふが如き婦女特有の記號を以て其の婦女子を代表せしむるなり。
 換喩法の第二種、持主と持物との關係に基けるものにても、持主をもて持物に換ふるの例は多けれど、持物を以て持主を代表せしむるは尠し。英、米といひて英人、米人といふの意に聞かせ「敵艦降りぬ」といひて「敵の海軍降りぬ」といふの義を表せしむる等何れも持主を持物に換へたるにて「英米」といひ「敵艦」といへるは持主なり「英米人」といひ「敵の海軍」といへるは其の持物なり。
「草庵集など」とは「草庵集の歌など」の意なり。「草庵の歌」は「草庵集の歌」または「草庵集作者の歌」の意なり。
 換喩法の第三種、原因と結果との關係に基けるものには結果と以て原因に換ふると原因を以て結果に換ふるとあり。「戰爭せり」といふべきを「彈丸に射貫かれたり」といひ「孟子」「莊子」「近松」「西鶴」などいつれも著者の名をいひて著書の稱とするたぐひは結果に換ふるに原因を以てせるなり。「八犬傳氏」といへば馬琴の事と知れ「古池の翁」といへば芭蕉の事と知らるゝが如きは原因に換ふるに結果を以てせるなの「未來の英雄」「大政黨の卵」などいへるまた結果に因みたるの比喩なりとす。
 換喩法の第四種、原料と作物との關係に基けるものにも原料の名を以て作物に代ふるは多けれど作物の名を原料に冠せしむるは罕なり。例へば毛と筆との關係に就きていはんには,毛は原料なり筆は之れによりて製せられたる作物なり、而して此の原料すなはち毛を以て作物すなはち筆の名に換へ用ふることは毛穎、毛錐など之れあれど倒に毛を稱して筆といふためしは無きの類なり。其の他絹布をお(かいこ)といひ身體を四大(地水火風)といひ「何々の文章」といふべきを「何々の文字」といふの類みな是れなり。