島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第三項 提喩法

 提喩法とは全と分との關係によりて結構せられたる比喩の謂なり。復言すれば或は總名を以で特稱に代へ、或は特稱を以て總名に代へ、或は抽象語を以て具象語に代へ、或は具象語を以て抽象語に代へたるの比喩なり。故にまた後に論すべき換喩法が種類に本づくの比喩を主とするものなるに對して、提喩法は分量を主とするものといふべも。俗に日用活計の料を総稱するに米薪まいふが如き特殊の名を以ても、又はさらに進みて全く個々特殊なる小町、楊貴妃等の名を以て美人聰體を代表せしむるが如きは、特種を以て總名に代へたるなり。花といへば櫻を意味し、常磐本といへ(ママ)は松を意味するが如きは、總名を以て特稱に代へたるなり。夫の俗に「太閤は秀吉に奪はれ祀師は日蓮に奪はれ」などいふも此の理をいへるものと見るべし。姦黨邪人を姦邪といふは抽象的名稱を以て具象的名稱に代へたるなり。冷熱を增氷熾火とかふは具象的特稱を以て抽象的名稱に代へたるなり。
 提喩法の由來する所を案ずるに、人間の情はすべて特殊具象の事物に近づくに從び其の度を強むるものなるが故に、抽象的總稱的のものよりも直截なる具象的特稱的のものを以てする方、措辭の目的を達するに一層有力なればなり、例へば「必す云々なるべし」といふは「九分九厘云々なるべし」といふの人心に入ること更に深きに如かざるの類なり。されば本來提喩法は抽象的特稱的の代りに具象的特稱的を以てするの一邊に盡くといふべし。然れども場合によりては此の理に背きて反りて文を有力ならしむることあり「日本國民の意志なり」といはんよりも「日本帝國の意志なり」といふかた重大に聞こえ「馬鹿者」といはんよりも主なる點のみ抽き出して「馬鹿」といふかた鋭く響く等之れなり。其の他「糞尿」といふべきを「不浄物」といひ「死す」といふべきを、「復た起たず」といふが如き、或は語を婉曲ならしめんがため,或は文に變化あらしめんため此の種の提喩法を用ふる例も尠からず。されば提喩法を分かちて特稱を以て總稱に代へ具象を以て抽象に代ふるものと之れに反せるものとの二種とすべし。
提喩の第一種すなはち具象的特稱的を以て抽象的總稱的に代へしものゝ例下の如し。
奴隷從者といふべきを履持といひて一段具象にしたるなり。 提喩法の第二種即ち抽象的總稱酌を以て具象的特稱的に代へたるの例、
我れといはずして漠然某といひ、榮ゆる代といはずして單に世にありし時といひ、植木といはずして廣く木といひ、他人といはずして人とのみいひ、櫻の花いはずして花とのみいへるが如き、却りて情に直截ならざるものを用ひて情を刺戟せん乏するものなり。