TOPへ
『新美辭學』のトップ
back

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第二項 隱喩法

  隱喩法は直喩法とともに詞藻中最も廣く用ひらるゝものにして譬喩法の本部たり。されば此の二喩を除かば殆ど文章の修飾なきに至るべし。隱喩法とは直喩に反して比喩の比喩たる處を埋沒したるものなり。「如し」「似たり」等の論明詞を籍らざるは勿論、喩義と本義との區別をさへ全く隱して、二事件を打ち混じ一に言ひ倣すものなり。例へば「袖に露おく」「心に劒をふくんだる女」などいへる類正當には「露のおけるが如く涙袖を濡らす」「心に劒の如く人を害するの念をふくんだる女」などあるべきを斯くては尋常の直喩たるに終りて文勢弛むの恐あり、此をもて之れを引き約めて涙と露と又は劒と害心とを一に言ひ做したるなり。されば一方よりいふときは隱喩法はまた直喩法の緊縮せられ省略せられたるものといふべし緊縮省略は隱喩法の一特色なり。涙に關する思想に、かけ離れたる露といふ思想を加へたるは想念の增加に外なけれど隱喩法はさらに之れを緊紮して用ふるなり。さて隱喩法の例は、
南帝入洛まし〳〵て憑樹下(このもと)雨漏りしより心ならずも鎌倉なる足利家の招に隨ひ給ひし云々(馬琴作『八犬傳』)
「憑む木の下に雨漏りし如く、我が賴みとせし人の心變ぜしより」といふべきを、喩義を直ちに本義の如く言い做して「憑む樹の下雨漏りしより」とせる所に特殊の情味を加えしなり。本義を隱して喩義に兩意を緊紮せるものといふべし。
これを見る人殊勝さ增して傳へきく中將姫の再來なるべしと此の庵室に但馬屋も發心起こりて右の金子佛事供養して清十郎を吊ひけるとや此頃は上方の狂言になし遠國村々里々まで二人が名を流しける、是れぞ戀の新川舟をつくりて思を載せてうたかたの哀れなる世や(西鶴作「五人女』)
 此は西鶴が文中、情趣高まりて殆んど律格を有するに至らんとせる佳句の例なり。「名を流す」といへるは、「名を傳ふること水の流るゝが如し」との義を縮めたるなり。「戀の新川」といふも戀のつゞきと川の流れとを兼ねたるもの、「思を載せて」も思ひと荷物とを兼ねたるもの、皆隱喩法たり。
 予又市中を去ること十年計にして五十年やゝちかき身は簔蟲のみのを失ひ蝸牛家を離れて奥羽象潟を暑き日に面を焦し、高すなごあゆみ苦しき北海の荒磯に踵を破りて今歳湖水の波に漂ひ〓の浮巢の流れとどまるべき蘆の一もとの蔭たのもしく、軒端の茨あらため垣根添へなどして、卯月の初いとかりそめに入りし山のやがて出でじとさへおもひそみぬ云々(芭蕉作『幻住巷記』)
なふ賴李様あんまり我づよい曲もない、今生に息の通ふうち將軍太郎に契約の詞を飜し、御兄弟和睦との御一言を聞かせてたべ、そのお詞を賴の糸烏帽子掛緖につき合はせ未來成佛の寳冠の紐として極樂淨土へ著せて遣りたいはいの云々(近松作『關八州繋馬』)
點を施せる箇所すべて喩義を本義の如く書き下せるところに隠喩法あるなり。
歳寒然後知松柏之後凋也(『論語』)
 表面はたゞ松柏の事を言へるが如くして、實は其の裏に之れを節義の士に喩ふるの意簿れるなり。
 隠喩法はまた分かちて單語より成れおものと複雑なるものとの二種とするを得べし。「法を破る」「志を立つ」等の類はそが單純なるものにして一派の修辭家が轉義(トロープ)と稱するものに屬す。「國連既に傾きぬ一木の能く支ふる所ならんや」などといへるは、二以上の喩を重ねて一章の喩を全ふせるなり。されど要するに此等はさして重きをなさゞる分類たり。また隱喩法と後に説くべき擬人法とは見わけがたき場合多し。例へば「濁浪空を排す」といふときは浪を生あるものに喩へ其が手を以て天を排すとの義にして所謂擬人法なれども、又他方より見るときは浪と活物とを一に言ひなしたる隱喩法の類、これらは其の特色むしろ浪と活人とを一に言ひ倣したる邊よりも浪と活人と見立てたる處にあるべければ隱喩法に屬せしめすして擬人法とするを至當とす。
 科學上に隱喩を用ふるの例は解剖學、生理學等に多し、松果に似たるものを松果腺といひ喇叭に似たるものを喇叭管といひ臼に似たるを臼骨といひ窠に似たるを眼窠といふたぐひ是れなり。
 直喩法と隱喩法とに就きていふときは、一般に隱喩法のかた其價値高し。蓋し直喩法は何人も容易に之れを用ひ得れど、隱喩法を完全に用ひんには、幾分の熟練を要す、詞藻に乏しき作者の文には隱喩上の缺點多きを常とするなり。
(參照) ホェートリーは比喩の本意を專ら説明にありとするものなれども、而もなほ比較的に隱喩法を用ふるな可とす。其の意にいはく「隱喩法と直喩法とにつきて何れを擇ぶべしやといはゞ、其の喩の單純にして解し易き限り前者を取るを普通の法とすと斷言すべし。されど隱喩法のために文章不明瞭となるが如きこともあるときは、直喩法を取らざるべからざること固よりなり(中略)。たゞ喩の説明は文を明斷ならしむるためなれば、心して此の必要以外に奔るべからざるのみ。蓋し事物の類似點な他より指示ぜらるゝよりも、自ら之れを發見するを以て、一段深く滿足するは人心の自然なればなり。又大章家は常に隱喩法のみな用ふるの困難なる場合には、直喩隠喩の混合せる比喩な擇ぶ。即あ先づ直喩法によりて類似點な顯示し置きさてのち隱喩法の語を績くるなり、又はこの順序を倒にして、先づ隱喩法を用ひ其の次に比喩のむねな顯はすなり。」(“Elements of Rhetoric”―Whately)
 直喩隠喩を混用することあるはホェートリーの云へる如し。而して巧みに之れを用ふるときは、文情縈紆して妙文をなすことあり。近松の作などに此の例多し。彼の絶唱と稱せらるゝ
此の世の名殘夜も名殘、死に行く身を譬ふれば、あだしが原の道の霜、一足づゝに消えて行く、夢の夢こそ哀れなれ(近松作『曾根崎心中』)
といふ句の如き、すなはち其の例にして、「死に行く身を譬ふれば、あだしが原の道の霜」しといふは直喩法なれども、之れに引きつゞきて「一足づゝに消えて行く」とあるは「霜の消ゆるが如く人の身も消えゆく」といふべきを前の句の説明辭に讓りて隱喩法に入れるなり。
(參照) 隱喩法な英語にてはメタフォル(Metaphor)といふ。從來の修辭家また之れに關して種々の規則な説けり。參考のため其の普通切要なみものを攝して示さんに
 第一、隱喩の特處に文の緊縮簡約といふにあれば其の比喩は最も明瞭にして而も卓拔ならざるべからす、註をまちて始めて比喩の趣意な領するが如きことあろべからざるは勿論なり。「おもひの火が胸に焚く」といふときは必しも「煩惱愛著の情熱鎖しがたき苦しさ火の胸な焦すに異ならず」と斷るを須ひずして情趣十分也是れ隱喩の旨々得れるなり。
 第二、隱喩は喩義と本意とを并べ揚げすして本義な省き比喩を之れに代へ用ふるものなれば、一段の丈申忽ち有義に循ひ忽ち喩義に循ふが如き句法あるベからす。始めに國家の大事な一身に荷ふ人を稱して「國の礎」といふときには、次には「國の礎逝きぬ」といはずして「國の礎朽ちぬ」といふべきの類也。
 第三、隱喩にまれ同文中の一事物に數種を混用するた避くベし。或は「武士の鑑」といひ或は「武士の華」といひ彼れ此れ交出せしむるか如きは概して病なり。但し極めて文勢の逼りし場合等の例外はこの限にあらず。
TOPへ
『新美辭學』のトップ
次へ
〓:文字がつぶれていて読めない