島村抱月,島村瀧太郎,『新美辭學』,新美辭學,明治,明治時代,レトリック,修辞,修辞学,比喩,縦書き,タテ書き,たて書き,たてがき,文学,文芸,小説,読み物,和歌,学芸,文芸作品,著作,著述

  第二章 詞藻論

第七節 譬喩法

第一項 直喩法

 

直喩とは顯に一事物を他事物に比ぶるの謂として、喩義と本義とを明に區別し并べ掲ぐるものなり。月光の白きを霜の白さに比して「月霜の如し」といふが如し。而して之に「如し」「似たり」「たとへば」「さながち」等の設明詞を附したるものと、あらはに斯く斷らざるも比喩の義おのづから明瞭なるものとあり。例へば「其の疾きこと風の如く其の徐なること林の如く其の侵掠すること火の如く動かざること山の如く知り難きこと陰の如く動くこと雷震の如し」などいへるは前者なり「良藥は口ににがく諫言は耳にさからふ」といひて、良藥の口に苦きが如く諫言は耳に逆ふといふ意を知らしむおたぐひは後者なり。尚これらの別は下の文例に就きて明らむべし。

 

曾て實見せしことなきものを説明して目のあたりに見るが如く具現せしむるの方法として一段吾人の感覺に切なるものを喩とせるなり。

是れまた空理を具現せしめて感に訴へんとせる妙比喩の一例なり。

 

此は一句々々に「如し」「似たり」等の説明辭を挿まざるものゝ例を見るべく、文といひ歌といふものゝ複雜なる性質を譬喩により結束して示し、思想の散漫煩瑣に陷らんとするを防げるものといふべし。

   

是れまた説明辭なき直喩の好例にして、近松が得意の滑稽を弄せし譬喩なり。

 

此は有名なる『古今』の序の譬喩にして、直喩の文例としては、何人も熟知するところまた後世種々の文章に追摸せられ援取せられて人口に膾炙するものたり。蓋し譬喩の絶妙なるものといふべし。

 

是等も近松が妙手の譬喩として、東山あたりの春日和を、うつくしき男が空色のうす物着て打ち笑めるに譬ふるが如きは、極めて隔絶したるものを接近せしめて、而も牽強に堕せず、情致の委曲を盡くせる文なり。
其の他

等、皆直喩の例なるが、末段に引ける京傳の文を他の諸家に比するときは、明かに其の文致の劣れるを見る。等しく喩を立つるも近松などの縱横自在にしてしかも斬新警拔なると異なりて多くは前人のを踏襲せるに過ぎす、比喩のために全幅の氣蓮生動するが如き妙は絶えてなきなり。  

また説明辭なき直辭の進みて殆んど譬喩の域を脱し、單なる對偶法とならんとして、而もなほ譬喩の味ある例は