このサイトってどんなの?
ふき出しのレのレトリック

マンガで使われている「レトリック」を紹介するページです。漫画の中にある修辞学。レトリックは、コミックスの中にも色々と見つけることができます。「いわれてみれば」というテクニックを見つけることができます。


「人気ページランキング」(準備中)

  • トップページデザインの変更をしている途中なので、見た目がアヤシイです。すみません。トップページ以外は、全く問題ありません。ぜひご利用ください。
  • 編集作業の都合上、外部ログ、外部カウンタ、内部詳細ログの3つは使用を止めています。完成時には使用を復活するようにします。

さいきんの更新履歴(「さいきん」という感じはありませんが)


レトリックをいろいろな分類でさがす
レトリックの名前と目的からさがす

50音順のページ50音順のページ

効果別効果別
すべての更新履歴のページすべての更新履歴のページ

レトリックの体系に基づいた分類からさがす
体系にもとづいた分類

佐藤信夫『レトリック事典』の分類佐藤信夫『レトリック事典』の分類

中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
日本の明治~昭和初期のレトリックの体系を見る

古典的な本

五十嵐力『新文章講話』のページへ五十嵐力『新文章講話』のページへ

島村瀧太郎(抱月)『新美辞学』のページへ島村瀧太郎(抱月)『新美辞学』のページへ

明治大正時代のレトリックの本のぺージへ明治大正時代のレトリックの本のぺージへ

そのほかのご案内

■「いま」見ているのが、移転先の新しいサイトです■


(ブックマークの変更など、お願いします)

更新履歴 説明 参考文献 著作権 メール リンク
● インターネット上での広告、募集します詳しくはこちら(広告)


● レトリック関係の商業出版、うけたまります詳しくはこちら(出版)


● サイトを移転しました(「いま」見ているのが、移転先の新しいサイトです)
お手数ですが、ブックマークの変更などお願いします。
● たくさんの方から、リンクをしていただいております。ありがとうございます。
(サイトの中にあるページは、どこでもリンクフリーです。[詳しい説明]
● ついに、『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]/大修館書店)が発売されました(2006年11月)。
その解説は、間違いなく日本最高峰のものです。学術書にありがちな、難解な言い回しはありません。丁寧に、それでいて重みのある文章になっています。
レトリックにある程度の興味がある方で、定価6,825円というお金に余裕のある人には、ぜひとも購入をお勧めします。
…っていうか、『レトリック事典』が出版された今、もはや、このサイトを運営していく意味があるのかどうかさえ、あやしい気がする。