TOPへ
『新文書講話』のトップ
back

索引

第一件名、第二人名、書名の二部より成り立つて居る||順序は五十音により、字音假名は發音通りの順にした||著者の始めて説いた、或は始めて用ゐた新術語には、右傍に線を引いて既定の術語と區別してある||英語は西洋の修辭書を讀む人の爲めにおよそに相當するのを擧げたので、其の意義は本書に用ゐたのと必ずしも同じくない。
TOPへ
『新文章講話』のトップ
次へ