TOPへ
『新文書講話』のトップ
back

第七 主として順感の原理に基ける詞姿

 第四十章 反覆法

八九 反覆法とは同一の語句を繰り返して趣味を高め興を添ふる詞姿をいふ。同じ狀態さまの反覆さるゝ姿は見る者に一種の快感を與ふるものである。又吾等が事物の深く感を惹くものに逢ふや。一度いうて足らず、二度も三度も繰り返して深い感惰を表はさうとする、從つて同じ事物を言ひ表はして人を感ぜしめやうとする場合には、同語を二たびし三たびして聽く者の心に泌み込ませやうとする。反覆法は人間の此の精神作用を基礎として立つものである。
 反覆法を廣義に解すれば、同一の調子を繰り返すもの、同一の語を句首或は句尾に於いてのみ繰り返すもの、同一の語句を文の處々に點ずるもの、文の頭に置いた語句を再び文尾に繰り返すもの、文尾の語句を再び文首に繰う返すもの、文尾の語句を再び文首に繰り返すもの、等、悉く其の中に含まるゝが、是等はそれぞれに對偶法、避板法、頭韻法、脚韻法、疊點法、反照法、連鎻法等一個特殊の詞姿として說く方便利なる故に、茲には特に語義を限つて、全く同一なる語句を績けざまに繰り返すもの及び語句の小部分をかへて繰り返すもののみを反覆法と稱する。全く同一の語句を繰り返すとは、「力なき蛙力なきかへる、骨なき蚯蚓骨なきみゝず。」といへる古歌、或は「かしこみ畏みて申さく」「とどろ〳〵と踏み鳴らし」「松島やあゝ、松島や〳〵。」といふ類ひ、語句の一部分をかへて繰り返すものは「弱き弱き柳の、糸のよれよれたる痩馬なれば」「げに目出た目出たくこそ。」「あゝ立つたひとり立つた今年かな。」「此の鉾はいづこの鉾ぞあめにます豐岡姬の宮の鉾なり宮の。」の類ひである。前者は素樸なる點に於いて優り、後者は反覆の間に變化ある點、即ち避板法を鷹用したる點に於いて前者に優つて居る。
 全く同一なる語句を繰り返す反覆法のうち最も單純なるは、「うら〳〵」「そろそろ」「人々」「國々」「子々孫々」「正々」「堂々」「巍々」「欝々」といふ如き重ね詞であるが、是等は特に擧げて反覆法となすを要せぬ程に耳なれて居る。多少複雜なる方の例、左に、

雀の子そこのけ〳〵お馬が通る。(一茶)
梅の花赤いは赤いは赤いはの。(惟然坊)
我れはもややすみこ得たり皆人の得がてにすといふやすみこ得たり(内大臣藤原卿)
白河殿にはかくとも知ろし召さゞりしかば、左大臣殿武者所の親久を召されて、內裏の樣見て慘れと仰せければ、親久即ち馳せ歸り、官軍旣に寄せ候ふと申しも果てねば、先陣旣に馳せ來りたる。其の時鎭西八郎申しけるは、爲朝が千たび申しつるは爰候ふ爰候ふ忿いかりけれども力及ばす。(『保元物語』)
新しき新しき年の始めにやかしくこそハレ。」「かくしこそ仕へまつわめやよろず代までに(催馬樂「新年」)
伯牛疾あり。子之れを問ふ。牑より其の手を執うて曰はく、うしなはむ、命なるかな、斯の人にして斯の疾あるや、斯の人にして斯の疾あるや(『論語』)
謠曲にて地の文を白で繰り返し、白を地で繰り返すのも、此の種の反覆法である。例へば、
シテ影淸所にすみながらところにすみながら、御扶持ある方々に憎まれ申す者ならば、ひとへにめくらの杖を失ふに似たるべし。片輪なる身の癖として、腹あしくよしなきいひごと、唯おゆるしおはしませ。 シテ目こそ暗けれど目こそ暗けれど、人の思はく一言の內に知るものを、山は松風、すは雪よ、見ぬ花のさむる夢の惜しさよ。さて又浦は荒磯に、よする波も聞こゆるは、夕汐をさすやらむ。さすがに我れも平家なり、物語はじめて御慰みを申せむ。(謠曲「景淸」)
語句の小部分をかへて繰り返す例は、
「朝倉や木のまろ殿どのに、我が居ればわが居れば、 我が居れば、名のりをしつつや、ゆくは誰が子ぞ、ゆく人や誰れ(催馬樂「朝倉」)
君草のも乘かたかや、アイゾ、われも乘りたりや、舟傾やな舟傾くな(神樂歌「しながどり」)
眞珠菴主は此の意に述して、看經すべからず坐禪すべし掃地すべからず坐禪すべし、茶の實種うべからず坐禪すべし馬に乘るべからず坐禪すべしと。こは是れ眞正參禪底の古實なり。(白隱『遠羅天釜』)
「朝倉、若草」の二詠は全語の反覆法をも併せ用ゐたもの、白隱のは一半は同語、一字は異語、異なるすがたの二筋を撚り合はせて變化を添へたのである。又、左の如きは列擧、漸層、換置等の趣致をも加味した一種の反覆法である。
(度會の國は)朝日の來向ふ國、夕日の來向ふ國、浪の聞かぬ國、風の聞かぬ國と、弓矢靹の聞かぬ國と、大御こゝろ鎭まります國と悅び給ひて大宮定めまつりき。(『大神宮儀式帳』)
大覺世尊は一切の衆生の大導師、大眼目、大橋梁、大船師、大福田なり。(『開目抄』)
若し夫れ愛國的精神が、如何に偉大なる役目を國際的競爭に於いて勤めつつあるかに至りては、日本人自個と雖も、事實が當人に向つて說明する迄は氣附かざりし所ならむ。然も吾人が自ら氣附くよりも、列强は、より多く、より早く、より切に、其の氣を附けたり。日本人が野蠻の勇氣と、文明の技巧とを適當に調和し得たる手際は、世界の驚嘆に値ひしたりしと雖も、更にそれよりも驚嘆を博したるは擧國一致、君國の爲めに其の身を竭くし、且つ竭くさむとする精神にてありき。世界は實に愛國的精神の權化を、日本國民に於いて見出だしたり。或は武士道と稱し、或は日本魂と云ふも、其の實は一也。彼等は之れを見出だすを以て足れりとせず、之れを硏究し、之れを學習し、更に之れに超乘す可く、奮勵し來忙たり。乃ち、日本は知己を世界に得たると同時に、其の特色を奪はむとする幾多の競爭者を得たり。(德富蘇峰氏「吉田松陰」)
九〇 無用の反覆をなすことを重複といふ、用ゐ損ねの反覆法である。反覆法を用ゐるには常に重複を戒めねばならぬ。重複の最も單純なるものは同義語の重用である。例へば「彼れ自身自叙伝」「間違つた誤解」「驚天動地の功を奏」「過去宿縁にや」「げに尤も道理なり」「今うつべ事、一定樣に申し候ふ。」「百許り驀にかゝる。」「もろ〳〵のくの佛三寳過去世の昔より今日今宵に至るまで」「假名はげん九郎、實名は義經」「抑〻當麻の曼陀羅と申すは人皇四十七代の天皇の御宇かとよ。」「薄雲かゝる藤山の、若紫の名にしおふ、木々の梢も長閑なる春の日影の長閑さよ。」の類ひである。其の他、
石橋山に飜へす、旗は嵐に吹き折られ、ちり〴〵になりし散兵を、集むる力なく〳〵も、賴朝主從身を逃れ、眞鶴が崎にぞ出でにける。(舞の木「賴朝七騎落」)
「賴し抑〻、このたび平家一の谷の合戰に、御一門士大將、總じて以上十六人くみあしの其の中に、物の哀れを止めしは、相國の御弟經盛の御子息に、無官の太夫敦盛にて、物の哀れを、止めたり(舞の本「敦盛」)
咋日は東山地主の櫻を一見仕りて候ふ。今日は又西山西行の菴室の花、盛りなる由承り及び候ふ程に、花見の人伴ひ、唯今西山西行の菴室へと急ぎ候ふ。(謠曲「西行櫻」)
九十郎は官長の家に預り治きしに聯か覺しかるけしき露おほどもなく、言語振舞の落ちつきたるは、中々年におはぬ樣に見えける。(室鳩巢『駿臺雜話』)
九一 但し茲に同義語の重用にして、理論上無用の反覆にてありながら、一種の便法として許さべさものに兩點讀といふがある、爾點讃みとは耳遠き語を耳近き語にて繰も返す詞姿、委しくいへば、古語を現用語にて繰り返し、或は外國語を邦語にて繰り返すもので、說明的反覆法とも稱すべきものである。例へば『伊勢物語』に「昔男ありけり、いとまめじちよう(實様)にて」とある如き、まめ實樣も、同じ事なれど、言葉が和漢相異なるが故に耳立たぬ。昔の漢學者が「關々やはらげる矔鳩のみさごは河の洲に在り、窃窕たをやかな淑女をとめは君子うまひと好逑よきたぐひなり。」「斜眼とにらみ頻々しば〳〵」といふ風に漢文を讀みたる、亦一種の兩鮎法である。其の他、「こゝがしゞまの無言だんまり ぢや〳〵。」「まして況んや」「エヽ胴慾なおに神」「鞍馬の川の、ぜきいはほに足もだまらず。」「獅子のいきほひ龍のせい。、勇み〳〵くて行く虎の尾張の國を立ち出でて」「狼煙ろうえん天を焦がし合圖ののろし立ち登ると、一むら蔑る森の中より、馬煙ばえんうばけぶりを蹴立て、此の類ひである。
今此の事を歎かずは、未來永々よう〳〵を經るとても、いつか般若水を得て、火生三昧の、熖を遁れはつべき。(謠曲「善界」)
舟航しうこう船海をわたるに必ず橈揖じょうじうの功をかり、鴻鶴こうくわくつる雲を凌ぐに必ず羽飜の用による。(『平治物語』)
但しこれは講繹用の一便法で、漫用すべきものでないことは無論である。

九二 同義語の重用に次いで戒むべきは同語の重複である。これは道理上差支のあるものではないが、變化あり趣味ある文を成すには常に注意せねばならぬ。例へば、面白き事物を列擧する場合に、達意一方の文としては、「面白し」の同一語を幾度繰り返しても差支はないが、姿致ある文章としては、「面白し」「をかし」「あはれなり」「興あり」「味はひあり」「心ゆく」「いふにいはれず」「心慰む」等の異辭同義語を取りまぜて用ゐる方が面白く、「病氣するも面白い、役人になるも面白い。」と同語を用ゐるよりは「病に臥すも妙、吏となるも亦風流。」と變へる方、趣がある。西鶴の『二代男』に

源氏物語を借りに遣はしけるに其のまゝ湖月送られて、即座に其の埒もあけし。

とある、源氏を湖月抄で繰り返したる所頗る妙、模範とすべき筆致である。

同語の重複は普通の場合には忌まねばならぬが、故らに同語を重用する場合は此の限りでない。例へば「古今集中の歌の心細やかなる細やかなるべくして細やかなり、又心深き深かるべくして深きなり。」の如く、わざと疊用するもの、即ち後に擧ぐる疊點法、及び古文に見る質樣なる反覆等で是等は寧ろ一種の詞姿と見るべきものである。
又語句の重複ではないが、不必要なる語を加ふるを贅言といふ。
例へば、藤房も季房も、三日まで口中の食を斷ちければ、足たゆみ身疲れて、今は如何なる目にあふとも逃れぬべき心地せざりければ、せむ方なくて、幽谷の岩を枕にて、君臣兄弟諸共に現の夢に臥し給ふ。(『太平記』)

備考 重複を避くる方法について、後の第四十三章避板法を見よ。
TOPへ
『新文章講話』のトップ
次へ