第五 主として融會の原理に基ける詞姿

 第三十四章 漸法

 七七 漸法とは語句思想を次第にく、次第に大きく、次第に深く高く按排する詞姿をいふ。例へば「一人奮死せば以て十に對すべし。十以て百に對すべし。百以て千に對すべし。千以て萬に對すべし。萬以て天下に冠たるべし。」(『韓非子』)といひ、「初めは木綿を着、いつとなく紬となり、又いつとなく絹となり、緞子ぐんちうなどの唐物を貴ぶ樣になり」といひ、「佛曰はく百人の惡人に食を與へむよりは、一人の善人を養ふに若かず。千人の善人に食を與へむよりは、一人の佛の五戒を守るに食を與ふるに若かず。萬人の佛の五戒を守るに食を與へむよりは、一人の須に食を與ふるに若かず。百萬人の須に食を與へむよりは、一人の阿那含に食を與ふるに若かず。千萬人の阿那含に食を與へむよりは、一人の阿羅に食を與ふるに若かず。十億の阿羅に食を與へむよりは、一人の辟支佛に食を與ふるに若かず。百億の辟支佛に食を與へむよりは、一人の三界の佛を養ふに若かず。過去、現在、未來、三世の佛千億萬に食を與へむよりは、一人の無念、無住、無修、無證、即ち智識、偏頗、修養、悟、等の上に超ぶg脱せし人に食を與ふるに若かず。」といふ類ひで、初句は二句の爲めに準備し、二句三句は三句四句の爲めに地を成し、二句は初句を基として其の上に立ち、三句四句は二句三句を礎として更に其の上に出で、々調子を高めゆくもの、文家が一進一法、一級高一級法など稱するものである。漸法は結體、增義、順感等の緖原理にも關係して居る。 彫琢の跡が無く、全體自然に漸を成して一最後の宣言に近づく趣が目の覺めるやうに面白い。  七八 漸法は警喩法と共に、人を勸誘折伏するに最も効力あるものである。 うそまこととなり、非理の眞理と解せらるゝや、其の言多くは漸の形を取って現はるゝ。「某は欲深い男だ、金を欲しさうな顏して居る、金を儲けたがつて居るさうだ、あの樣な男は敵國利を以て誘はゞ應ずるかも知れぬ、奴と露國との關係が怪しい、彼れは露探だ、しからん。」と、次第に立言を進むれば、聞く何時となく耳を傾けるやうになる。是れ論理學に立言漸進の似而非推論をいて戒むる所以て、漸法は我がを主張する場合には用ゐて大効があるけれども、他の用ゐるを聽くに際しては眉に唾して警めねばならぬ。左にぐる狂言「二千石」じせんせきの如きは漸法の油断がならぬことを有りと證明して居る。筋は太郎冠が大名の御意をそこねて手打ちにあはむとして助かつた所を書いたものである。 冠着が主人の刀をふり上げたる手許を見て、 手討ちにされべき筈の太郎冠が、その主人が親に似た事の漸的明によつて、命を助かつたのみなちす、遂に褒美まで貰ふやうになつた。「雨ならば宿もかる夕暮に霜にぞいたく袖ぬらしける。」といふ古歌は此處の人情を穿つたもの、謂はゆる潜滋暗長の恐るべきはこれが爲めである。
  • 備考 修辞學の中には、漸法とは反對に、列擧する事の次第に弱くなり小さくなるものを漸降法というて、詞姿の一つに數へるもある。しかしながら漸降法は唯だ漸法の用ゐ損ねと見るべきもので、嘲笑侮蔑に値する惡文の例としての外は用ゐべきものでなく、從つて特に一の詞姿たるべき價値の無いものである。殊に之れを議論、演等に用ゐれば謂はゆる龍頭蛇尾となり、名論卓も聴くに足らぬものとなつて了ふ。例へば、
    「惡七兵衞が力わざ、早業輕業神通わざたゞ飛ぶ鳥の如くなり。」といふ類ひで、折角の奮鬪も淺草奧由の輕業になる傾きがある。