第四 主として存餘の原理に基ける詞姿

 第二十七章 省略法


 六四 省略法とは無駄を省き文章を簡潔にして餘韻多からしむる詞姿である。簡潔なれば自然につよくなる、故に省路法はまた一種の增勢法である。簡勁にして餘韻ある文を得るには此の詞態を用ゐねばならぬ。例へば「義理も立ち世間も立つ。」といふ文は、筋を正せば「世間に對する面目も立つ。」といふべきであるが「に對する面目」は讀の想像で容易に補し得る故に、「世間も立つ」と、道具立ての少ない方が却つて面白い。「道理に至極して」「決心の膝をうつ」「愁の眉をよす」「得意の鼻うごめかす」「劍は一人の敵のみ、萬人の敵を學ばむ。」など、いづれも行き亘り過ぎぬ所が面白いのである。此の詞姿は朧化、奇警、順感の三原理にも多少の關係がある。
 省略法を大別して五類とする。第一類天爾遠波又は助働詞を省くもの、例へば、「上皇を始めまゐらせてあらゆる人々音に聞こゆる爲むとてこぞり給ふ。」(『保元物語』)の類ひ、「爲朝を見むとて」とすれば文勢が遙かに弱くなるのである。謂はゆる名詞止め、連用止めも此の類の中に含まるゝ。
字傍に施したとの間が天爾波を省いたと見らるべき所である。天爾波ぬきの文章を以て名高いのは井原西鶴及び其の流れを汲むの作である。
 省略法の第二類主語を省くもの、例へば、
これは平治の亂に、右衞門督信賴が軍評諚するとて諸卿を召し集めた時、勸修寺左衞門督光賴卿が、信賴を痛罵して退出するに臨み、弟の別當惟方を戒めた所である。主格を省いて「誰れは何處に誰れは彼處に」と掛け合ひにゆく趣、息もつがれぬ面白味がある。蜀山人が千古の名文と歎稱したのも無理はない。謠曲のロンギと稱する所や近松の作などには巧みに此の注を用ゐてある。
 省略法の第三類句を省くもの、例へば「せ骨あらはなるばかり裾高く引きからげ」といふべきを「舅忠太兵衞せく引ツからげ、鍋のつるほどりに反つたる朱鞘ぼツこみ」といひ、「あはれ某御年の程にて候はゞ、御命に代はり候はむずるものを、惜しからぬ命も事によつて心に任せぬロ惜しさふ。」といふ類ひである。 此の『孟子』の文の太田南畝が譯に、 佳譯たるには相違ないが、目がんであるだけ間延びになつて含蓄の妙味がない。
 省略法の第四類前句の末と後句の始とを一緖にして掛持にするもので秀句的省略法ともいふべきもの、例へば「憂き身を捨てたる世捨人なり」といふべきを「我れも憂き身を捨て人なり。」といひ、或は「佛法を守護神となるべし。」「心ばかりが抱きあひ、せむ方先だてり。」といふ類ひである。此の省略法はとかく不自然になり易く、天才が異常の場合を寫すに用ゐて始めて効力のあるもので、凡手の濫りに用ゐべきものでない。左の第二の例の如きは全く失敗の作である。

 省賂法の第五類要點だけを朧ろに叙して殘部を讀の想像に一任するもの、省略法の最も高なるものである。例へば『論語』の「子川上かはのほとりに在りて曰はく、逝くはかくの如きか、晝夜を舍かず。」加賀の千代が「起きて見つ寢て見つかやの廣さかな。」一茶が「露の世は露の世ながらさりながら。」蕪村が「春風や堤長うして家遠し。」の如き、表はした部分よりも表はさぬ部分の多い所に不言の妙味がある。此の種の省略法は短い形式の詩歌に殊に多い。
 近松林子が『心中二枚繪草紙』の血死期の道行に、女は家に、男は野邊に、二人離れに情死する事を一緖に綯ひ合はせて寫したのは、簡潔を極めた文である。
 六五 廣瀨淡窓の詩話に曰はく、或人「板敷に下女取りおとす海鼠かな。」といふ發句を作つて師に添削を請うた。師曰はく、道具が多過ぎる。其の人「板敷に取りおとしたる海鼠かな。」と改めた。師曰はく、大分よくなつたがまだらぬ道具がある。其の人遂に改め得ず、師乃ち「取りおとし取りおとしたる海鼠かな。」と改めた。無くとも差支ない文句は無い方がよい。讀めば讀むほど味はひあるは簡潔な文章である。吾妻山の熊が其のてのひらに漆を塗つては蟻をつぶし、蟻を潰しては漆を塗り、其のを舐つて一冬を過ごすやうに、吾等が古聖人の經典に對するや、生涯みしめ舐め味はひても飽くことを覺えぬ。これは思想の誠正偉大なるにもよるが、一つは其の文章の簡潔にして含蓄多く、不言不悉の妙味あるによる。古來解の聖經、解ながらに讀誦するえずして、之れを解釋敷演した汗牛充棟の書、精明ながら常に高閣に束ねらるゝは何故ぞ。精明、悉のみが文の能事ならざること、之れを見ても明らかである。 飼犬が見えねば大騷ぎしてさがすが、本心が逃げてもさがさうともせぬ。延ぶれば千萬言をもなすべき事を一二行に煎じ詰めた所、妙といはねばならぬ。かく煎じ詰めた濃漿に想像の水をりつゝ味はふればこそ、讀むに從つて益妙味を覺ゆるなれ。
 冗漫な文の例一二を擧ぐれば、『源平盛衰記』俊寬都足ずりの條の一なる
の如き、不要の明に讀の感興の腰を折るだけで、意義にも趣味にも何等の加ふる所が無い。馬琴の文などにもして同樣の弊がある。『八犬傳』芳流閣格鬪の條に、

妙といへばいふものの、無い方がと思はれる文句が多くして、全體の調子がれて居る。例へば「必死を究めし心の中いかならむ。」といへば、思ひやるだに痛ましいことは言はずともわかつて居る、否、言はぬ方が却つて痛ましい事以外の事をも想像させて奧床しい。徒らに言を費やすは讀の精神活動を、求めて狹むる所以である。近松林子が言に曰はく、「淨瑠璃は憂へが肝要なりとて多くあはれなりなんどいふ文句を書く事、我が作のいき方には無きことなり。あはれをあはれなりといふ時は含蓄の意なうして、けツく其の情薄し。あはれなりといはずしてあはれなるが肝要なり。」と。味はふべき言である。 凡筆ならば「古歌に曰はく」「宜なるかな」「若し」「誠に」「思へば」などいふ多くのぎ文句を入るべき所を、古歌と斷らずして古歌なること明らかに、れたるが如くにして續きたる趣、疎々又密々、省略法の祕鑰を握つた名文である。家入神の筆は能くなき所に畫あらしむる、文章家は言葉なき所に文あらしめねばならぬ
 六六 但し、簡潔を重んずるといふは、決して詳密を斥くるの意ではない。簡潔と詳密とは相對して各一體を成して居るもので、必ずしも矛盾するとは限らぬ。植木屋の諺に「櫻切る馬鹿、切らぬ馬鹿。」というてある。枝を切るはの特色を完成する所以、切らぬは櫻の特色を完成する所以なることをいうたのであらう。文章も其の通り、物により、場合により、相手によつて、詳密なるべきものもあれば、簡潔なるべきものもある。又詳密なる文が、其の文體相應に冗漫を避けねばならぬやうに、簡潔なる文も、其の體相應に過度の省略を避けねばならぬ。話す場合と書く場合と、讀み流すものと熟讀玩味するものと、新聞雜誌と敎科書と、昧に對すると學に對すると、其の間に繁簡疎密の差別あるべきは云ふまでもないことである。歐陽修が「醉翁亭記」を作つた時に、初めには數十字を費して州四面の山々を詳しく叙したが、後に改めて「環皆山也。」の五字に約めたといふ。併しながら、四面の山々を知り抜いた歐陽修其の他の人々には其の詳叙がいかにも五月蠅く感ぜられるであらうが、知らぬが「環皆山也。」の一句によつて亭の四境を思ひ浮かべ得る筈がない。「四面皆山也。」というて一々の山のたたずまひを見せやうとするのは、譬へば、「物質分子の運動」の一句を以て宇宙のあらゆる現象を明し盡くさむとするやうなものである。無駄を省く事は如何なる文章にも必要であるけれども、簡潔なる事が必ずしも文章全體に通ずる必要條件とは云はれぬ。過度の省略の害は往々冗漫の害に優ることがある。
 陳の『文則』に簡の重んずべき事をいて、泄冶が「夫上之化下、猶風靡一レ草。東風則草靡而西、西風則草靡而東。在風所一レ由而草爲之靡。」と、三十二言を用ゐてゐることを、『論語』には「君子之德風、小人之德草、草上之風必偃。」と、半言にしてよく同じ意を顯はし、『書』には「爾惟風、下民惟草。」と『論語』よりも少なきこと九言にして、更によく同じ意を顯はしたというて居るが、是れも相手と場合とによることで、抽象的には論斷しいことであらう。是等の文は同事を叙してあるとはいふものの、意義趣味のいづれかに於いて、多少の增減がある、而して簡なるもの必ずしも詳なるものを悉く保有するともいはれねば、詳なる方が必ず無駄ばかりともいはれぬ。人を傳するにも、「儻にして大志あり。」「才文武を兼ね、巧みに民心を收む。」といふ調子の十把一からげの文にも捨てき特色があれば、箸の上げおろしまで細かに寫す寫生風の傳記にも掬すべき味はひがある。『書經』や『老子』風の簡潔なる文章の名文たる事が寫生式、印象式の精細的、繁絮的、徊的描寫の名文たる事と並立して何等の故障も無い。つまる所は、謂はゆる疎々密々、疎なるべきは疎にし、密なるべきは密にすること、猶ほ駝師がをしてたらしめ、櫻をして櫻たらしむるが如くすべしといふに歸する。