TOPへ
『新文書講話』のトップ
back

第四 主として存餘の原理に基ける詞姿

 第二十六章 側寫法

 六三 「深雪みゆきなどいふ題を得て深しとよめらむ、心うかるべし。唯だふみ分け難しとも、幾重つもらむとも、かきわけてなども、古き事に譬へてよみたらむ、いと優しかるべし。」これは藤原基俊朝臣が『悅目抄』に和歌の奧義を說かれた文の一節である。側寫法はまた依他法ともいふ。事物を叙するに正面よりせずして側面よりし、客を借りて主を寫し、他によりて自らを表はす詞姿である。例へば、「病重もりて粥をも食し得ず。」といふよりは「醫の驗なくして粥さへ咽を通らず。」といふ方、餘韻があつて面白く、「粥さへ日々にすたりてよろづに賴み少なくなりぬ。」といへば更に面白い。「衆皆泣きぬ。」といふよりは「袂をぬらしぬ。」といふ方、味はひがあり、「濡れぬ袂はなかりけり。」といへば更に味はひがある。「隅田川に凉まばや。」よりは「隅田の川風に扇やすめばや。」「花を思ふやうにけ得ぬ。」よりは「花がいふことを聞いて呉れぬ。」「物に見れて扇を落しぬ。」よりは「扇いつしか手より落ちぬ。」の方、想像の餘地がある。武士詞に敵に矢を射られながら「膝を射させ」といひ、塔の高きを形容して「河漢聲西流」といふ類ひの文の妙味は、此の點より說明さるゝ。『古事記』の三韓征伐の條、新羅王朝貢を誓うた詞に、

年每としのはに船なめて、船腹ふなはらさず、柂檝さをかぢ乾さず天地あめうちむたとことはに仕へまつらむ。

というて、物の多き事、急いで來る事、永久に來る事を表はしたる、『折りたく柴の記』の、白石の父が其の主君を諫むる條に、熱誠に我れを忘れて顏を蚊の刺すをも知らずに居た事を寫して、

また宣ひ出だすこともなく、われもまた申し候ふこともなくて侍ふほどに、ややありて、面に蚊の集まりぬるに逐ふべしと宣ひしほどに、面を動かしければ、血に飽きて胡頽子ぬかごの如くになりし蚊の、六つ七つはら〳〵と地に落ちしを、懷の紙を取り出だして、包みて抽にして侍ふ。

といひたる、是等の面白味も一面側寫の床しさに存する。側寫法は主體に關係ある事の中の側面部に筆を着ける點より見れば擧隅法の一種とも見られるが、猶ほ正面よりせずして側面を擇ぶ點に於いて一個の詞姿たる價値がある。

「どうも先生に濟みません。種々いろ〳〵御厄介になりました上に、こんな御迷惑をかけまして」と蒼白く瘦せ細つた兩の手は犇と眼を抑へた。自分の目も物の見えぬまでに曇つて、遂に點點ほろ〳〵こぼれた(尾崎紅葉『靑葡萄』)
母親が歸つて來てラムプにをともす。俄に室內が明るくなつて只だ白く見えてゐた小光の顏に目口鼻がチヤンとつく(高濱虛子氏『俳諧師』)
子供の時分から胸に刻み込んだ不安心は今も消え失せず、ちよろ〳〵舌を出す。彼れ(吉松)には村がこはいのだ。盂蘭盆とか氏神祭とか、四季折々の賑はひには、屹度下駄が飛び鉈が飛び、血まみれ騷ぎの起こるにきまつた此の殺伐な村が恐い。何だつてみんなが仲よく暮らさんのだらう。せめて命知らずの源が死んだなら、此の村も少しは穩かになるかも知れぬ。(正宗白鳥氏『五月幟』)
三年間まあ人並に勉强はしたが別段たちのいゝ方でもないから、席順はいつでも下から勘定する方が便利であつた(夏目漱石氏『坊つちやん』)
前世の戒行いみじくて、今皇子とはなり給へども、襁褓の內よりなどやらむ、兩眼盲ひましまして、蒼天に月日の光りなく、闇夜に燈暗うして、五更の雨も止む事なし(謠曲「蟬丸」)
やい〳〵太郎冠者、久しうて月星を拜うで、此の樣な嬉しいことはない。(狂言「腰祈り」)
TOPへ
『新文章講話』のトップ
次へ