第三 主として增義の原理に基ける詞姿

 第二十四章 重義法

其の四 語路法


 五七 語路法は成句の口調を眞似、語路を摸する詞姿である。此の法の面白味は眞似られた原文を思ひ出だす所にある、故に其の摸する原文句は人ロに炙したものでなければならぬ。此の詞姿は其の性質の自然の結果として、古語のロ眞似たるに止まり、從つて下品なものとなるが常である。滑稽、諷刺、嘲笑の場合に用ゐれば少なからぬ効はあるが、之れを用ゐるには深く時機を考へねばならぬ。
 此の詞姿の例は狂歌や滑稽小等に多い。「こもの餓人」というて「雲の上人」に擬し、「玄關に席を改めて口上を聞く。」というて「林間煖酒燒紅葉。」に擬し、「顏淵閔子騫」を摸して「殘念びんしけん」といふ類ひ、其の他「よろしく御贔負をねぎまぐろになむ。」「箒千里是れ留の掃かざる所。」「山吹のはながみばかり金入れにみの一つだに無きぞ悲しき。」といふ類ひ、いづれも巧みに語路法を用ゐたものである。
是等はいづれも滑稽一方の駄洒落に用ゐたもの、左の新體詩は自然主義、半獸主義詩人の八六調に摸して諷刺嘲笑の意を寓したものである。
(坪逍遙氏『金毛狐』)