TOPへ
『新文書講話』のトップ
back

第三 主として增義の原理に基ける詞姿

 第二十四章 重義法

其の二 秀句法

 五四 秀句法はまた懸詞法ともいふ、一語に二つ以上の意義を兼ね表はさしむる詞姿である。例へば、「古の奈良の都の八重櫻けふ九重に匂ひぬるかな。」は九かさね、大宮の二義を兼ね、「時雨する稻荷の山のもみぢ葉は靑かりしより思ひそめてき。」は染め初めを懸け、「祖父と姥は走りより琶琵琴よりも御袖を、唯だひけや〳〵橫雲の、夜はまだ深し浦の名の、あかして御立ち候へ。」(謠曲「絃上」)ひけは琴彈く、袖引く、雲たなびくの三義を兼ね、あかし明石、明かしの二義をかぬる類ひである。名高き俊基朝臣の東下りの世にはやさるゝも、一つは「時雨もいたくもり山の」「誰れか哀れと暮の」といふ如き秀句あるが爲めであらう。其の他、「死なずともよかるべきらに身を投げて偏屈原の名を流しけり。」「靡く嵐の烈しきは花のあたかに着きにけり。」「釣のいとなみいつまでか隙もなみ間に明け暮れむ。」「金ずくめなる身の榮華、金の冠をきぬばかり、しやくは持病にありとかや。」など、いづれも秀句法を用ゐたものである。

花の都を立ち出でゝ、浮寐に鳴くか鴨河や、末河をうち渡り、粟田口にも着きしかば、今は誰れをか、坂や、關の此方と思ひしに、跡になるや音羽山の、名殘惜しの都や。松蟲鈴蟲きり〴〵すの、鳴くや夕陰の山科の、里人もとがむなよ。狂女なれど心は、瀧川と知るべし。逢坂の、關の淸水に影見えて、今や引くらむ望月の、駒の步みも近づくか、水も井の影見れば、我れながらあさましや、髪はおどろを戴き、まゆずみも亂れ黑みて、實に逆髪の影うつる、水の鏡と波のうつゝなの我が姿や。(謠曲「蟬丸」)
折から愛宕おたぎの里のをさ手には持てども心には、くはない顏の白髭を土にすらせて式臺し、のう〳〵早乙女おぢやらしませ。(巢林子『平家女護島』)
アヽ人界の善惡に誘はれなびく人心、かくやこばかり觀ずれば、五欲七情さま〴〵の、罪をうるまの里近き、友にも疎く親しきも不破の中山やま深く、木の間にもるゝ入相の鐘こう〳〵と物凄く、谷の棧橋かけはしとだえして、峯に妻戀ふ鹿の聲、子を悲みてましらなく、夜半のぬえ鳥夜の鶴、淚を添ふる種ならし。(巢林子『嫗山姥』)
北八「エヽ此の人も同じやうに途方もねえ、わしが顏の赤くなったのは、茶に醉つたのだ。わしは變はつたことで茶をたんと飮むとひます。酒に醉つた人はくだをまくが、茶に醉つた證據にはちやばかりいふが癖でならぬ。そこでちやばかりながらどなたもちややうチヤハヽヽヽヽヽ」さる市「イヤこんた衆が橫取りして飮んだに違ひはない。酒代を拂はしやれ。」北八ちやれやれ、ちやりとはわいもない事を茶べらしやる茶ツきから飮んだは茶ばかり、頭衆の茶けちやく服した覺えはござらぬ。わるいれだ、チヤハヽヽヽ」(十返舎一九『膝栗毛』)

 五五 秀句法を用ゐるには、成るべく本旨を助けるやうに、又妨げぬやうに言ひ懸けねばならぬ。源三位賴政の辭世と山吹の古歌とを比較すると、

埋木の花さくこともなかりしにみのなる果はあはれなりけり。
七重八重花は咲けども山吹のみの一つだに無きぞかなしき。

戰敗の自殺は結果なきこと即ち實のならぬことで、之れを實のなるに言ひかくるは打壞うちこはしの嫌ひがある。之れに反して山吹の歌は「實の無き」「簑無き」兩々相和し相助けて歌全體が大いに引き立つて居る。
 秀句法は、思想も用語も上品でなければ卑俚猥雜に陷る傾きがある。「底意は何ともしらがの婆。」「恐れ入りやの鬼子母神。」「其の手はくは名の燒き蛤。」「誠に是れは困りいり豆山椒味噌。」といふ如き調子の低い秀句は、地口と稱せられて、とかく目の高い人に卑まるゝ。左に揭ぐる三十一文字は試みに品格の高下に準じて配列したものである。

消えわびぬうつろふ人の秋の色に身をこがらしの森の下露。(藤原定家)
一つ撞きて間のあるは鐘つきの心あり明の月や見るらむ。(後水尾院)
いかでわれ項羽のカもちの夜の月のかくるゝ山を拔かまし。(宿屋飯盛)
何となく人にことばをかけ茶碗おしぬぐひつゝ茶をものませよ。
もとねにもならの物とてしぶ〳〵に手をうちは賣かせぐ商ひ。(團扇、雲樂齋)
盆前に誰れかは金をかさゝぎのした錢でもほし合の空。
餅食うて腹はりまがた漕ぐ舟のさきに出でて月を眺めむ。
TOPへ
『新文章講話』のトップ
次へ