第三 主として增義の原理に基ける詞姿

 第二十四章 重義法

其の一 添義法


 五三 添義法は振假名によつて言葉の意義を富ます詞姿、主として讀の覺に訴ふるものである。例へば、「病氣をだしに」と書く代はりに「口實だし」と書けば口實てふ文風の熟語及びだしといふわが俗語に伴ふ意義趣味が相並び、相和し、相助けて茲に一團の豐かなる意味を傳ふる。「無言しゞま」「饗宴うたげ」と書けば「しゞま」、「うたげ」といふ古語を知らぬも字に縋つて其の意義を知り得るのみならず、「しゞまプラス無言プラスだんまり」といふ樣に古語と語と俗語と三重の意義を傳ふることになる。「心はやたけにはやれども」といふ文も「八十梟やたけ」「矢竹」「彌猛」、それに含まるる意味が違って來る。同じ富士山も不死山、不盡山、不二山、福慈岳、それに多少容がちがふ。「身の落着ふりかた」「出世なりいづる」「淸楚ずゞしく」「警蹕のゝしる」「上品うちあがる」「大魚まな」「流石さすが」「可惜あたら」「左傾ためつ右斜すがめつうちながめて會得の微笑にツこり」「衆人ひとみまはし」「爾のの右方かたへをうたば亦左方かたへのを向けよ。」「己れ人にせられむとする事は亦人にも其の如くよ。」と書くが如き、皆それに古今、雅俗、外の意義を兼ね傳ふるものである。謂はゆる萬葉假名、淸明あきらけく春鳥うぐひす三五夜もちづき戀水なみだ十六しゝ鶴鴨つるかもの如きも、此の詞姿に屬するものと云つてよい。此の法は上田秋成、曲亭馬琴、此の頃では紅葉、二葉亭諸氏の好んで用ゐたもの、又飜譯家が原文の趣味を傳ふる必要より多く用ゐるものである。