第三 主として增義の原理に基ける詞姿

 第二十三章 緣裝法


 四九 裝法とは故ある事物を添へ纒はせて立言を裝ふ詞姿をいふ。廣くいへば、前に述べた諸種の譬喩法も、次ぎにく重義法も、裝法に屬すべきものであるが、茲には狹義に解釋して國學の謂はゆる枕詞及び序詞だけを指すことにする。枕詞とは次ぎに來る語の形式的に定まれる五字句をいふ。例へば、久方のといへばあめとつゞき、あらがねのといへばつちとつゞく、なまよみのとあれば必すかひといふ語が次ぎに來たり、ちはやぶるとあればかみといふ語がつゞいてあらはれる。而して上の五字句とつゞく語との間には必ずしも意味の聯絡のあるのではなく、久方のの次ぎにはあめといふ音の語でさへあれば、あめでも雨でも飴でも亞米利加でも構はず、なまよみのの次ぎにはかひの二字さへあれば甲斐國でもかひなでもかひでも、極端にいへばかい中時計でも差支ない。無論由來をたゞせば、枕詞と次ぎに來る語との間には本來意義上の關係があつたのであらうが、其の關係が無くなつて、言ひ換ふればことばが本來の意義を失つて、唯だ形式的に或語に連れ添ふ飾りとなつたのが枕詞である。故に「うば玉の——黑し」といひ、「はふ葛の——いや遠長く」といへば一種の譬喩ともなり、「玉笥——ふた見が浦」「山の——もなく」といへば一種の懸詞、雙叙法とも見れば見られるが、かく懸詞たり、譬喩たり、形容詞たり、働詞たる其の語本來の性質を失つて單に形式的に或語に先立つ五字句、即ち枕詞なりというてよい。次ぎに序詞は枕詞の長いもの、枕詞が五字句なるに對して七字八字十字乃至幾十字でも定まりの無いのが序詞である。從つて枕詞には其の數もつゞけ方も略一定して居るが、序詞には人人勝手といふ趣があり、又枕詞の意義無きに比べて序詞の方には比較的に意義がある。裝法は八種の原理の悉くに多少の關係がある。
 五〇 枕詞、序詞は主として口調を整へ意味を富ます爲めに用ゐらるゝ。例へば、單に甲斐の國、駿河の國といふよりは「なまよみの甲斐の國、うちよする駿河の國」といふ方が調子よくして趣があり、「斯くあらば」と只事たゞごとにいふよりは「黐鳥もちどりかゝらばしもよ」といふ方、鳥のもちにかゝつた樣などを思ひ浮かべて意味が豐かに面白くなる。「長き夜を一人明かすことか。」といふきも「足曳の山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寐む。」と序詞を添ふれば、何處よりかと驚かるるばかりの神韻が生じて來る。先づ枕詞の例から擧げる。 左に序詞の例を擧げる。
 左の如き修飾も、枕詞序詞とは違ふが、一種の裝法といふべきものである。恐らく枕詞、序詞と共に國文特得の詞姿であらう。
 五一 序詞、枕詞は本來形式的のものであるが、意義上の關係をも付けて本義と照應せしめ、本旨を助長せしむれば、一入めでたくなる。左の例の如きは枕詞、序詞を活用して文に光彩を添へたものである。 葛の葉のかへるといふに秋の景色を匂はせ、夜明けに鳥の聲を點じて更に東天に上る朝日と共に旅立つさまをほのめかす、枕詞序詞活用の理想は此の邊にあらうと思ふ。