第二 主として朧化の原理に基ける詞姿

 第十九章 美化法


 四三 美化法とは美はしい事物によそへ或は美はしい事物を附加して背感の事物を美化する詞姿である。後にく裝法の一種で、朧化の目的に用ゐらるゝ裝法というてもよい。裝法とは故ある事物を纒はして趣味を豐かにする意味である。例へば、蝨は人の忌がる穢いものだが、千手觀音といへば面白くなる。盜賊も梁上の君子といひ、或は「ゆたかなる御代の有りさには綠の林暗き蔭なく白浪の寄するもなし。」といへば美はしくなる。見すぼらしき痩馬も「弱きに弱き柳の絲の、よれによれたる痩馬なれば」といへば思ひ設けぬ味はひが生じ、雨漏り風通すあばら屋も「甍破れては霧不斷の香を燒き、扉落ちては月常住の燈をぐ。」といへば、えならぬ風致が現はれて來る。綻びだらけの敞衣も「花こそ綻びたるをば愛すれ、芭蕉葉こそ破れたるは風情あれ、いづくに風のたまりつゝ、寒さを防ぎけるらむ。」といへば醜さも忘れられ、少女のむごき最後も「南無阿彌陀佛といふ聲も、眠れる花の夕の秋、十七歳を一期として、終にはかなくなりにける。」といへば斷腸の悲しさも和らげられる。是れ皆美化法の働きといつてよい。 美化法は類似した物によそへる點に於いては隱喩法に類し、美はしき古事を配する場合には後に擧ぐる隱引法に類して居る、けれども、背感の事物を目安くする爲めに他の事物を纒はす點に於いて獨立の詞姿である。ほ此の詞姿は多少增義、融會、奇警、順感等の諸原理にも關係して居る。