第一 主として結體の原理に基ける詞姿

 第六章 活喩法


 二三 活喩法は無生物に生を賦與し、或は無生物、下等動物及び無形の精神作用を人に擬する詞姿である。例へば「矢飛ぶ。」「三伏の酷暑に草木喘ぐ。」といふは單に無生物に生を與へたもの、「花笑ふ。」「浪狂ふ。」「月斗牛の間に徘徊す。」といふは無生物を人間に擬したもの、猿蟹合戰や龜兎競走の寓言等は下等動物を人間に擬したもの、「天道親無し常に善人に與す。」「良心戒めて曰はく、欺く勿れ、盜む勿れ。」といふ類を初め、善玉ぜんだま惡玉あくだまの物語や、もろ〳〵の神話などは、いづれも人間の精神作用、情欲、理想等を人間扱ひにしたものである。此の中、人に擬する方の詞姿を稱して擬人法と云ふ。人化は活化の至極で、活喩法の精隨は擬人法である。もと活喩は事物の活動的方面を誇張したもの、例へば、吾等が非情の事物に同情した結果、草木に心あらば斯くあらむ、鳥獸に理性を具へしめばかくこそ思はめ、無形の情欲、良心も生命あらばかくや言はむと、心あての想像に言語といふ形を與へたものである。故に、此の點より見れば活喩は一種の誇張法と云つてよい。但し誇張法は何に限らず針小を棒大にする詞姿の總稱、活喩法は靜かなるものに動的趣味を加へ、非情物の活動を誇張して人間に擬ふる詞姿である。活喩はまた一種の隱喩というてよい。「白き花ゑみの眉開けり。」といふは「白き花の咲きたる樣を人に譬ふれば、ゑみの眉をひらけるに似たり。」といふべきを「譬へば」「似たり」の說明詞を取り去つて、相似の關係を相即の關係にしたのである。「蝶愁ふ。」といふも「人に譬へば愁ふとや云はまし。」といふ直喩を隱喩にしたものに外ならぬ。但し、隱喩は直喩の相似の關係を相即の關係にする所を標的めやすにして命名した詞姿、活喩は非情を有情化する方面を標的めやすにした詞姿である。
 活喩法の詞姿原理に對する關係は隱喩に異ならぬ。但し活喩の生命は誇張にある、而して誇張は事物の特色を顯著あり〳〵と見するに在るが故に、結體の原理先づ最も重く、次ぎに非情を有情化することの奇拔なる點より見て、奇警の原理が第二に重きをなすというてよい。


 二四 活喩を分けて二類とする。第一は單に非情の事物を有情物扱ひにするもの、第二は非情の事物をして有情物同樣人間同樣に活動せしむものである。第一、非情の事物を有情物扱ひする方がまた二種に分かるゝ。一は非情の事物に唯だ人間の名を與ふるもの、他の一は人間らしくあしらふものである。二者ともに非情の事物が自ら活動するのでなく、單に作者に人間扱ひさるゝといふ點に於いて一致して居る。例へば、魚に鯛の壻源八あり、源五郞鮒あり、おむら(鰯)あり、鮫に角兵衛あり、龜に正覺坊あり、鳥に勘三郞あり、川に坂東太郞あり、山に安達太郞あり、雲に丹波太郞坂東太郞あり、菓子に五郞四郞(小麥の餅)あり、果物くだもの大和牟都美命おほかむつみのみことあり、舟に佐伯あり、禿頭に六筋有衞門十筋右衞門あり、月日に土用二郞土用三郞寒四郞二郞じろう朔日づいたちあり。是等は單に非情物に人間(又は生物)の名を與へたものである。次ぎに人間らしくあしらふとは、例へば「秋風心して吹け。」「摺小木に知らるな蓼の花盛り。」「科もない扇をひねりまはし」「山は面瘠せて哀れに森は骨立ちて凄じ。」などいふ類ひで、左の例皆然り。 最後の例は招呼法とも稱すべきもので、無生物を人間あしらひする活喩の中では最も高等なものである。

 二五 第二類、非情の事物に人間らしく活動せしむる方の活喩もまた二種にわかるゝ。一は唯だ人間同樣に活動せしむるもの、二は說話をなさしむるもので、二者共に無生物、下等動物及び精神作用の三つを含んで居る。
 非情物を人間同樣に活動せしむるとは「秋風紅葉ばに別かれを惜しむ。」「おりや泣くまいと思へども、どうも淚が堪忍せぬ。」「月は雲井に寢靜まり松に嵐に鼾して」といふ類ひで、近松巢林子が之れによつて文章の呼吸を會得したといふ『源氏』の名句「節會の折ふし雪いたう降り積もりけるに、衞士に仰せて、橘の雪拂はせられければ、傍なる松の、枝もたわゝなるが、恨めしげにはね返りて」の如き、皆これである。


 二六 無生物、下等動物、精神作用に人間の如く說話せしむる文の例は、