TOPへ
『新文書講話』のトップ
back

第一 主として結體の原理に基ける詞姿

 第四章 隱喩法

 一八 隱喩法は表面上譬喩の形式を沒して譬ふるものと譬へらるゝものとを打つて一丸とする詞姿である。故に煎じ詰めた直喩ともいふ。例へば「三界は火宅なり。」「百姓を魚肉にす。」といふ類ひで、通例ならば「火宅に似たり。」「魚肉同樣に取り扱ふ。」といふべき所を、「似たり」「如し」の關係を取り去つて彼れ即ち是れと引き締めたのである。即ち、形式の上より見れば、直喩の「如し」を「なり」にし、直喩に於ける相似の關係を相即の關係にしたるもの、即ち隱喩と云うて可い。「額には志賀の浦波を疊み、頭には都の富士の雪を戴く。」といひ、「是の臭骸を法華經に捧ぐるは糞土を以て黃金に換ふる也。」といひ、「借金は儉約の鋒を鈍らす。」といひ、「法喜禪悅を食として更に餘食の想ひ無し。」といふ類ひ、凡て隱喩である。

 一九 隱喩は直喩と同じく、主として結體、增義、存餘の三原理の上に立ち、同時に朧化、融會、奇警、順感等の諸原理にも屬して居るが、唯だ少しく異なるは變性の原理にも多少の關係あること、及び比喩の形式が埋沒して喩義本義の關係の斷絕し居る點に於いて想像の働く餘地が一層多くなつて居ることである。變性の原理に關係あるは喩義本義を相即せしむることが理論上非理なる點にある。此の詞態を用ゐるについて注意すべき事は直喩のに異ならぬ。

弟の時房と泰時といふ一男と、二人を頭として、雲霞のつはものをたなびかせて都に上す。(『增鏡』)
氏系圖はともあれさすが高家の北の方、上に立つ身の御器量、代々の執權なれど下に付く身のならはし、其の程々のあらはれて底深き御心の水、智惠の釣瓶の短くて汲み取らざりし恥かしさよ(近松『井筒業平河內通』)
鳴呼、獨逸に來し初めに、自ら我が本領を悟りきと思ひて、また機械的人物とはならじと誓ひしが、こは足を縳して放たれし鳥の暫し羽を動かして自由を得たりと誇りしにはあらずや。足の絲は解くに由なし。曩に之れを操りしは我が某省の官長にて、今は此の絲、あなあはれ、天方伯の手中に在り。(森鷗外氏『舞姬』)
「なに其れが人情だよ、お鶴さんが逃げたので今更難有く思ふのだよ。釣り上げて見給へ、やはり唯だの小さい魚だから、おまけに君を刺す危險な魚だから。海は廣いよ、其の中には又大きな鯛でもかゝるだらう。釣り直し給へ。」「小さくても、刺されても、僕は逃げた魚を望む。」「生憎あひにくと先方では命を拾つた積もりで嬉しさうに游ぎ廻って居るだらう。」(國木田獨步『獨步集』)
松下村塾は、德川政府顚覆の卵を孵化したる保育場の一なり。維新改革の天火を燃やしたる聖壇の一なり。笑ふ勿れ、其の火、燐よりも微に、其の卵、豆よりも小なりしと。赤馬關の砲臺は粉にすへし、奇兵隊の名は滅す可し。然れども、松下村塾に至つては、獨り當時に於ける偉大の結果のみならず、流風遺韵、今に迨んで、尙ほ人をして、欽仰歎美の情禁ずる能はさらしむるものあり。(德富蘇峯氏『吉田松陰』)

 二〇 直喩隱喩は必ずしも分かち用ゐる必要なきのみならず、之れを併用して却つて文に趣致の加はる場合がある。或は直喩に次ぐに隱喩を以てし、或は隱喩に次ぐに直喩を以てし、或は二者交替女波男波の相連るが如くして文脈をあやなしたものも、大家の文章に往々ある。例へば

竹木たけきれ持たして野原に放たば、小川を躍り越え石を飛び、樹をたゝき草を薙ぎ、活潑、疎暴、虎に翼を添ふる如くなれど、見知らぬ人の前、棲み馴れぬ座敷の中には、身を縮め呼吸いきを殺し、日影に曝せる鮒なり(尾崎紅葉『此ぬし』)
世は海なり。身は船なり。志は梶なり梶をあしくとれば行くべき方に行かず、風波にあへば船覆るが如く、志の持ちやう肝要なり。あしく志を持てば身を覆す梶のとりやう惡しくして船を覆すが如し(貝原益軒『大和俗訓』)
をり〳〵さめが降つて來る癖に、日光ひかげして、明るくて、なか〳〵熱い。うららかな空に烟のやうな浮雲も低くふわ〳〵とたゞよつて日をかくしはせぬが、をり〳〵思ひ掛けない時分に驟雨にはかあめをどつと落して行くかと思ふと、直ぐ後からあがる。ダイヤモンドでもこぼした樣に燦爛きら〳〵する大粒の雨が颯と澄んだおとを立てゝ降りそゝぐと、其の雨脚あまあしのちらつく隙間ひまに日もきらめいて、今しがた風に揉まれた野草のぐさ寂然ひツそとなつて渴いた喉を雨に霑す樹々きゞはしとゞに濡れて、力なくへた〳〵と葉を動かす。鳥は暫らくも啼き罷まぬ。其の口豆に囀る聲がさつと降つて通る雨の凉しい音にまじるのを聞くと面白いやうである。塵埃ほこりだらけの往來も度々の雨の跡を處斑ところまだらに留めて烟つたやうに見える。その內に浮雲が通り過ぎて了ふと、風が何處からともなく吹いて來て、草がひら〳〵と靡いてエメラルドや黃金の玉を躍らせる木葉このは隙間すきまちながらひた〳〵と密着くツつきあつてゐる……其處ら一面にいきれてむくむくとする。(二葉亭『浮草』)

 直喩隠喩の綯ひ交ぜは面白い法であるが、濫用すれば文脈を紊し文意を曖昧ならしむる恐れがある、注意せねばならぬ。之れに似て戒むべきは比喩の重用である。例へば、

古來君子國と稱せられたる瑞穂國は末だ曾て外侮を受けたることなし。

の如きは隱喩の重用と稱すべきもの、瑞穂國は日本とあるべきである。「鎌形の弓張」などいふのも同樣の失敗で、「鎌形の月」「弓張月」などすべきである。

勝色かついろ見せて櫻花サア姬宮と李踏天、御緣組はきはまつたりと無數あまたの女官同音に、勝鬨あぐる頻伽の聲宮中響き渡りしは、千羽鶯千鳥囀りかはす如くなり(巢林子『國姓爺合戰』)

これは隱喩を再び直喩で譬ヘたもの、近松の老筆だけにさまで耳に障らぬやうなものの、戒めねばならぬ。隱喩を用ゐるに當たつても、初學の特に注意すべきは比較の穩當と文路の自然とで、左の例の如きは之れを缺いて失敗したものである。

男も女も曾我一家の、これほどかたのわるさはと、包みかねたる淚のさま、下女が目をあらき帷子かたびらに淚の玉をふるひけり(巢林子『曾我會稽山』)
其の夜かゞみの宿長者の軒をならべて宿しける。ゆりの太郎、藤澤に申しけるは、都に聞こえたる吉次といふ金あき人、奧州へ下るとて多くの賣物を持ち、こよひ長者のもとに宿りたり、いかゞすべきと云ひければ、藤澤入道順風に帆をあげさほさしおしよせて、しやつが商物あきなひものとりて若黨どもに酒飮ませて通れとて出でたちける。(『義經記』)
武士道若し、敢爲堅忍の精神たる勇の念の、明敏、牢確なるものなかりせば、所謂「義理」は一變して怯懦の巢居と化したるべし(『武士道』)
師父に負う所多くして我が修養の足らざる感想は頻りに我れを責め、奮起の城に進み、感謝の山に登り、憂慮の川を涉り、思慮と感想とを戰はしめぬ。
TOPへ
『新文章講話』のトップ
次へ