このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
数装法 すうそうほう protimēsis(?)(ギリシア語)
——『ひぐらしのなく頃に—綿流し編—』2巻181ページ(竜騎士07・方條ゆとり/スクウェア・エニックス GANGAN WING COMICS) 園崎家当主である
祖母は
村の子供たちに
こう言いました


一人に石を投げられたら
二人で石を投げ返しなさい

二人に石を投げられたら
4人で石を

8人に棒で追われたら
16人で追い返し

千人に襲われたなら
雛見沢の全員で
立ち向かいなさいと
——『ひぐらしのなく頃に—綿流し編—』2巻181ページ
(竜騎士07・方條ゆとり
/スクウェア・エニックス GANGAN WING COMICS)


定義重要度

数装法は、数字をちりばめるレトリックです。数字に関連したことばを、文の中にいくつも配置するものです。言いかえると、数字を置いていくことによって、文をととのえることです。


効果

効果1違った色合いを文に加えることで、趣を豊かにする

違った色合いを文に加えることで、風情があり、趣を豊かにすることができます。
:趣、ありよう、空気、風情、雰囲気、色合い、情趣、風趣、趣向、余韻、余情

使い方
使い方1数字にかんすることばを、文章中に散りばめる

「数装法」では、数字にかんすることばが文章中に散りばめることになります。そして文の中にばらまかれた数字が、流れをつくって相手方(聞き手・読み手)に伝えられることになります。
:ちりばめる、ばらまく、織りこむ、折りこむ、加える、つけ加える、組み入れる、組み込む



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『ひぐらしのなく頃に—綿流し編—』2巻から。

『ひぐらしのなく頃に』という作品群は、ネタバレを嫌うタイプのものだと思います。これからアニメで『—解』を放送することも考えて、ザッパリとストーリー説明を省略します。ご了承ください(2007年5月執筆)。

そんなわけで、引用した文をみてみましょう。
一人に石を投げられたら
二人で石を投げ返しなさい

二人に石を投げられたら
4人で石を

8人に棒で追われたら
16人で追い返し

千人に襲われたなら
雛見沢の全員で
立ち向かいなさいと
太字にしたところが、このページで説明していく「数装法」というわけです。

おおくのばあい「数装法」は、1→2→3→4……、というようなならび方をしているものです。

ですが今回引用した文は、ちょっと違います。1→2→4→8→16→1000、というならび方をしています。等比数列です。2の0乗→2の1乗→2の2乗→2の3乗→2の4乗、と続いています。

まあ最後だけは1000ということで、これは等比数列というルールに従ったものではありません。ですが、ここで「1024人に……」とか書き出さないくらいの配慮がある引用文のほうが、自然に読みすすめることができます。「1024」という数字は、出さないのが当然といえます。なにせ、数学の授業じゃないんだから。

そういったわけで例文は、まちがいなく「数装法」にあたります。



レトリックを深く知る

深く知る1「数装法」を含むレトリックの特徴
「数装法」は、「類喩」のうちで特に数字に関したもの、ということができます。

「類喩」というのは、ある1つのテーマに関連することばを1つの文の中に色々と使うというものです。ですので「数装法」というのは、「類喩」のうちで特に使われることばが「数字」の場合のことをいいます。

なお、『日本語レトリックの体系』の説明によると「類喩」には、
濃淡二重のイメージによる表現効果がある
とのことです。

このことを私(サイト運営者)の表現で言いなおせば、次のようになります。

ようするに「数装法」をはじめとする「類喩」とよばれるレトリックを使った文は、
  • 文をそのまま読んだとおりの、文字そのままの意味
  • 文のなかに隠された、関連することばを拾っていくことによってはじめて気がつく意味
という、二重の意味を持っている。
そのようなことが、『日本語レトリックの体系』が
「濃淡二重のイメージ」
ということばで伝えたいことだとだと思います。

深く知る2「数装法」と「順位づけ列挙」との関連

『レトリック事典』には、「順位づけ列挙(protimēsis)」なるものが書かれています。この「順位づけ列挙」と「数装法」とが同じものを指しているのかは今のところ不明です。

ただ「順位づけ列挙」の説明には、「順位は単なるかこつけではない」と書いてあります(345ページ)。そこからは、ちょっとした「数装法」とのニュアンスの違いが読み取れます。

いずれにしても、今は調査中です。すいません。

古典ギリシア語辞典で調べてみたけど、載っていないし…。2000ページ以上もあるくせに…。 どこから調べてみたらいいものやら…。つか、ギリシア語なんて文字からして読めないし…。




レトリックの呼び方

呼び方 数装法


関連レトリック

ダブルミーニングことば遊び空言(そらごと)アナグラム交叙法字喩アクロスティックメソスティックアルファベットアクロスティック、折句、回文しゃれ、駄洒落、地口早口ことばなぞかけ、類喩、音数律韻文

参考資料

●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「数装法」について言及している、珍しい本。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類