このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
語中音消失 ごちゅうおんしょうしつ syncope
——『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』2巻41ページ(たあたんちぇっく・ufotable・小笠原篤/メディアワークス DENGEKI COMICS)
むっちー ももは
こーみえても
お嬢様なんだぜ」
まなび しらなカタヨー!!
めぇ 携帯電話の
メーカーも
生徒手帳の
メーカーも
天宮さんの
エアボのメーカーも
小鳥さんちの
グループ企業よ」
まなび しらなカタヨー!!
——『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』2巻41ページ
(たあたんちぇっく・ufotable・小笠原篤
/メディアワークス 電撃コミックス)


定義重要度

語中音消失は、ことばの中間部分にあった音を省略するレトリックです。つまり、語句のうちで真ん中にあったはずの音を、消してなくすものです。


効果

効果1韻をふむときに役立つ

詩などをつくるときに、韻をふませるのに役に立ちます。
:韻、押韻、脚韻、五七調、七五調、詩、作詞、詩歌



例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は、『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』2巻から。

西暦2035年の、とある高校でのおはなし。

“まなび”(天宮学美)は、とある高校に転校生として新しくやってくる。そして転校してくるとすぐに、生徒会長になった。

そんな“まなび”を生徒会長とする、生徒会のメンバー(+α)たち。
それが、“みかん”(稲森光香)、“むっちー”(上原むつき)、“めぇーちゃん”(衛藤芽生)、“もも”(小鳥桃葉)。

で。
ある日、“もも”が、賞味期限切れが近くなったハムを、家から持ってきてくれた。みんなでいっしょに食べよう、って思って。

だが。
そのハムは、高級なブランドハムだった。
だから“まなび”は、「なんで、こんな高級ブランドハムが“もも”の家の冷蔵庫にあるのか」を質問した。それが引用のシーンです。

実は、“もも”は大企業のお嬢様だったわけです。だから、家に高級ブランドハムがあった。しかも、ハムは賞味期限切れが近くなっているのにもかかわらず“もも”の家では見向きもされなかった。それを考えると、“もも”の家が大金持ちだということがよくわかる。

そして。
“もも”が大企業のお嬢様だったということに驚いた“まなび”の感想が、「語中音消失」というわけです。つまり、
しらなカタヨー!!
という言い方が、「語中音消失」ということになります。

ふつうに書けば、「しらなかったよー」になるはずです。つまり、途中に「っ」が入っているはずです。
それなのに、「しらなかったよー」ではなく「しらなかたよー」になっている。ここが「語中音消失」というわけです。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

ほかには、「はずかしい」を「はずい」と省略した「語中音消失」もみつけました。『パフェちっく!』(ななじ眺/集英社 マーガレットコミックス)13巻の、170ページ。

なにせ引用が、13巻からです。13巻までのストーリーを書くことはできません。なので、必要最小限の説明をしておくと、次のようになります。

主人公は「風呼(ふうこ)」。彼女はアパートに住んでいて、同じアパートには「壱(いち)」が住んでいる。

正月に、2人が「あけおめ」と新年のあいさつをする。そのあとで「壱」は「風呼」に、閉じた封筒を渡す。
「風呼」は、その封筒を開けて何が入っているのかを見てみようとする。すると「壱」が、「今見んなよ」(169ページ)と言う。その理由が、
「はずいっつの」
というもの。

googleで「はずい」を検索すると、「〜は、ずいぶん〜」みたいな文章がヒットしてしまうので、どの程度広まっている言葉なのかは確認できませんでした。
ですが、この「はずい」が「語中音消失」なのは、確かです。



レトリックを深く知る

深く知る1より使いやすくするための「語中音消失」
一般に「語中音消失」を用いる理由。それは、「語中音消失」によって、ことばの持っているの「音」の数を減らすことによって、より使いやすくするためだと言えます。

とくに「話しことば」では、この「語中音消失」が多く見られます。もっといえば、「語中音消失」をはじめとする、ことばの一部分を省略するレトリックは、会話の中でたくさん使われるものです。

深く知る2「語中音消失」と「短縮語」との関係

「語中音消失」は、「短縮語」にふくまれるレトリックです。「短縮語」にふくまれるものとしては、ほかに、
  • 言葉の最初の部分を省略するのは「語頭音消失」(「アルバイト」が「バイト」になったりする場合)。
  • 言葉の最後の部分を省略するのは「語尾音消失」(「テレビジョン」が「テレビ」になったりする場合)。
があります。そちらもご参照ください。

このように、「短縮語」には「語頭音消失」「語中音消失」「語尾音消失」の3つがあります。ですがその中で、一番よく使われるのは「語尾音消失」です。
なぜかというと、ことばはその最初の部分に、その単語の全体を連想させるような情報を多く持っているからです。




レトリックの呼び方

呼び方 語中音消失
呼び方 語中音省略・語中音脱落
呼び方 中間削除(法)、語中音消去、中部短縮、中間脱落


関連レトリック

省略法語頭音消失語尾音消失連辞省略要語省略主辞内顕頭文字法語中音添加短縮語幼児語

参考資料

●『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]、佐々木健一[監修]、佐藤信夫・佐々木健一・松尾大[執筆]/大修館書店)

ちゃんと日本語の例文が載っていたりして、便利な本です。



余談

余談1「まなびストレート!」の中で、このページが「語中音消失の例になった理由

どうでもいいこと。

突然ですが、私(サイト制作者)は「むっちー好き」です。
ですのでこのページは、「むっちー」のために作りました(笑)。

もしも「まなび」が好きだったら、「感嘆法」のページには『まなびストレート!』が作られていたことでしょう。
あぁ聖桜ー
歓びの声よー
あぁ聖桜ー
学びの園に響けー (1巻60〜61ページ)
って歌っているところ。典型的な「感嘆法」です。
感嘆法」は、感嘆符(!)や感嘆詞(「ああ」「おお」「まあ」)をつかって心の動きをあらわすレトリックです。「まなび」が歌っているこの歌は、「感嘆法」とみて間違いのない文です。

でも、「むっちー」が出てこないシーンなんて、引用してくる画像には使わない。なぜなら、「むっちー」好きだから。

…そんな作りかたで、このサイトは大丈夫なのでしょうか?

余談2「©マーク」の使いかた

これより下は、駄文です。

もはや、ほとんど意味のないことだとは分かっていますが。

「電撃コミックス」の単行本は、厳密にいうと「©マーク」の使いかたが間違っていることがよくあります。

どこらへんが間違っているのか。「万国著作権条約第3条(1)」から抜粋すると、
©の記号が著作権を有する者の氏名及び最初の発行の年とともに表示されている限り
同条約(に加盟しているうちで「方式主義」を採用している国)による、著作権の保護があるとしている。

そう。「©の記号」と「氏名」と「発行の年」の3つが、並んでいなければいけないのはずなのです。

そこで、「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」の奥付を見る。
©たあたんちぇっく・ufotable
あれ。「発行の年」が書いてない。これだと、「万国著作権条約」による著作権の保護が受けられない可能性があります。

ただし、
  • そもそも。
    日本の著作権法は「無方式主義」を採用している。なので、日本の裁判所に訴える場合には、「©マーク」と「発行の年」とが並んで書いていなければならないということはない。というか、どこにも「©マーク」が書かれていなくても何も問題ない(著作権法第13条第2項を参照)。

  • さらに。
    「万国著作権条約」の「©マーク」は、現在ではほとんど意味がなくなっている。というのは、「ベルヌ国際条約」というものがあって、これに加盟している国では、「©マーク」を使わなくても著作権の保護が受けられることになっている(ベルヌ国際条約第5条(2)を参照)。
    とくにアメリカが「ベルヌ国際条約」に加盟したことによって、この「©マーク」のもっていた意味がかなり失われた。

  • ただ。
    「©マーク」のあとに名前が書いてあった場合には、その人が著作者だと推定される可能性が高い。そのときには、別に「発行の年」が書いていなくても問題ない(なお、著作権法第14条を参照)。
といったことを考えると。厳密にいえば「©マーク」の使いかたがヘンであっても、現実に問題となることはないでしょう。

やっぱり、駄文でした。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類