このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
多種列挙 たしゅれっきょ synathroesmus
——『爺さんと僕の事件帖—机の中の秘密—』1巻30ページ(しかくの/角川書店 あすかコミックスDX)
斯くして
受動的消極的済し崩し的に——

放課後探偵団
(とか言うが
実際の活動は塾が
終わってからや)は
結成された!!

ついでに言うと
今日限りで
解散予定や!!
——『爺さんと僕の事件帖—机の中の秘密—』
1巻30ページ
(しかくの/角川書店 あすかコミックスDX)


定義重要度

多種列挙は、語を重ねて表現を行うというレトリックです。実際には、「列叙法」や「列挙法」といったレトリックと、ほとんど同じものといえます。


効果

効果1「列叙法」「列挙法」と、ほぼ同じといえるものがある

「多種列挙」というレトリックを、「列叙法」「列挙法」とほとんど同じものと考えるものもあります。一見するとバラバラに置かれているけれども、実はつながっている。そのばあいには、この効果1だということができます。「列叙法」「列挙法」のページもご覧ください。
:⇒「列叙法」「列挙法」を参照のこと
効果2「類義累積」と、ほぼ同じものといえるものがある

もう1つ「多種列挙」と似たレトリックに、「類義累積」というものがあります。同じような語(類義語)を立て続けにならべたときには、この効果2に近いものとなります。「多種多様」は、「類義累積」の特徴となっている「なんとか言いあらわそうとして類語を並べる」というものに当てはまることもあります。
:⇒「類義累積」を参照のこと
効果3ののしりや非難をすることができる

参考資料によっては、この「多種列挙」が使われる場面は限定されているとします。その場面というのは、ののしり(invective)や攻撃(attack)、非難(criticism)といったものです。
:非難、攻撃、ののしる、けなす、こき下ろす、そしる、誹謗、罵詈、罵倒、中傷、悪口、苦言、憎まれ口、悪態、雑言、不作法な言葉、あくどい、悪質、悪辣、非人間扱い、非難、とがめる、とがめだて、追及、攻撃、苦情、いちゃもん、言いがかり、難癖

使い方
使い方1いくつものことばを重、次々と重ねていく

基本的に「多種列挙」は、ことばを積みかさねていくレトリックです。
:(語や観念を)くり返す、重ねる、重なる、たび重ねる、反復、重複、積みあげる、積もる、積む、盛る、堆積、集積、累積、山積み、山積、積みかさなる、積みかさねる、折りかさなる、折りかさねる、重なりあう、幾重、重畳、重層、層
使い方2形容詞や名詞を、連続して登場させる

多くのばあい「多種列挙」で並べられるのは、形容詞や名詞(句)です。たしかに形容詞の連続についてのみ、「多種列挙」とするものもあります。ですが一般的には、形容詞だけでなく名詞句を含むものとされます。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『爺さんと僕の事件帖』1巻から。

主人公は、「中寺逸実」という少年。

彼の友だちのグループは4人。「鳥居護」という大阪弁の少年。「清水清香」というちょっと強気な少女。「今河真知子」という少しこわがりだけど霊感をもっているみたいな女の子。あと、主人公の「中寺逸実」本人の合計4人。

彼らは、一匹の猫を拾う。そして、その猫を飼う場所として、廃屋となっている家を見つける。
そして4人のグループは、そこに猫を放してくるために、廃屋へと向かうことにする。

しかしその廃屋は、
真知子 20年前に一家心中が起きて以来
出ると噂の廃屋なのです……!!」
(13ページ)
 
という、ちょっと怖いところ。

だけれども、「逸実」と仲間たちは、そこに猫を放すことに決める。そして、問題の廃屋へ向かう。

しかし実際には、その廃屋には「人が住んでいる気配」があった。それに先月分の「電気料金の領収書」もあった。その家は本当は「廃屋」ではなく、誰かが生活しているらしい。

でも「雨戸やら釘付けよってからに…」(20ページ)という、やはり風変わりな家であることには変わりない。
さらに「逸実」は、その廃屋(?)に猫を置き去りにしてしまった。

というわけで、引用の部分になります。
斯くして
受動的消極的済し崩し的に——

放課後探偵団
(とか言うが
実際の活動は塾が
終わってからや)は
結成された!!
ということでもう一度、あの廃屋に向かうことになる。「放課後探偵団」という、今日限りの名前をつけて。

そこで使われている、
受動的消極的済し崩し的に
という部分を、「多種列挙」と考えます。似たようなことばを並べたもの、といえるからです。



レトリックを深く知る

深く知る1「多種列挙」は、かなりマイナーなレトリック用語
この「多種列挙」は、かなりマイナーなレトリック用語です。そして「多種多様」は、だいたいのところ「列叙法」「列挙法」「類義累積」のいずれかに当てはまります。

ですので、とりたてて「多種列挙」というものを1つのレトリック用語とする必要はないのかもしれません。けれども、『レトリック事典』が項目としてあげているので、一応レトリック用語としておくことにします。

深く知る2「形容動詞」の積みかさねは、「多種列挙」にあたるか

「形容詞」を集めたモノは、まちがいなく「多種列挙」です。そして、「名詞(句)」を列挙したばあいにも、(ふつうは)「多種列挙」に含まれます。

ですが、引用した例文は「形容動詞」の集積です。これは、「多種列挙」に含まれるのか。

以下は、私の個人的な考えかたですが。

「形容動詞」の積みかさねは、「多種列挙」に含まれると考えます。

理由その1。
ヨーロッパの言語には、形容動詞がない(はず)。「形容動詞」の役割を担っているヨーロッパの品詞は、「形容詞」だといえる。なので広く考えれば、「形容動詞」は「形容詞」に含まれると考えてよいと思われます。

理由その2。
日本語の文法をどのように定義するかについては、「形容動詞」を認める立場は少数派です。「形容動詞」という品詞を認めているタイプは、少ないのです。「形容動詞」は「形容詞」のうちの1つであると考えるのが一般的です。くわしくは、[Wikipediaにある形容動詞のページ]をご参照ください。




レトリックの呼び方

呼び方 多種列挙
呼び方 語集積


関連レトリック

列叙法列挙法敷衍、物尽くし(類装法)、花尽くし、揃物、国尽くし、貝尽くし、漸層法(広義の)漸層法(狭義の)漸降法、連鎖漸層法、飛移法頓降法類義累積点描法

参考資料

●『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成]、佐々木健一[監修]、佐藤信夫・佐々木健一・松尾大[執筆]/大修館書店)

日本語で書かれた本の中では、この本がいちばんくわしいと思います。例文がいくつも載っているのもポイントです。
●「synathroesmus」の説明が書いてあるサイト

今回の「多種列挙」のようなマイナーなレトリック用語については、インターネット上で見つけることもできます。



余談

余談1レトリック用語の説明が、英語で書かれている

今や、だれもがインターネットを使っています。インターネットの中から、自分が知りたいレトリック用語を引き出すことも十分にできます。

この「多種列挙」のページも、かなりの部分でネットの情報を参考にしています。

ですが、問題は1つあります。それは、たいていレトリック用語の説明は、英語で書かれているという点です。そしてハッキリ言って、私(サイト作成者)は英語が苦手です。

いちおう辞書を引きながら日本語訳を作ったあとで、「多種列挙」のページの作成を始めています。ですが、その日本語訳がどのくらい正しいモノなのかと尋ねられたら、「あまり自信がない」と答えざるをません。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類