このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
中断法 ちゅうだんほう suspension
——『D・N・ANGEL』1巻123ページ(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)
冴原警部 どこへ
いかれるのですかな
総司令殿」
日渡
(総司令)
…逃亡する場所で
はりこんでます
警官数人
お借りしますよ…
…きっともう…

盗まれていると
思われますから…
——『D・N・ANGEL』1巻123ページ
(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)


定義重要度

中断法は、言いかけてやめようとして、やっぱり言うというレトリックです。ようするに、言い終わったと思えたはずが、あとで言葉をつぎ足すというものです。


効果

効果1感情的になっている様子をあらわすために使う

コミックスなどの創作物では多くのばあい、ワザと表現をプラスしているといえます。その効果は、いろいろあります。「ためらい」「怒り」「気持ちの高ぶり」などが、表現できます。表している感情については、ほとんど「頓絶法」と同じです。
:感情的、感情に走る、ためらい、情緒、逡巡、たじろぐ、ひるむ、しりごみ、怒り、腹が立つ、腹を立てる、立腹、いきどおる、むかつく、気にさわる、気分がたかぶる、気がたつ、興奮

使い方
使い方1あとから言い足す

 
単なる「言い足し」をあらわしていることもあります。つまり、言おうと思っていたことにピッタリの表現が、すぐには思いつかなかった。でもあとから見つけたので、言い足した。現実の会話では、そういったことも多くあります。
:言い足す、言いなおす、言い継ぐ



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『D・N・ANGEL』1巻。

日渡という少年は、中学生でありながら警備の「総司令」も兼ねているという、すごいヤツ。

今回は、ある事件に立ち合っていた。しかし、その冷徹な頭から出た結論が、
きっともう盗まれている
というものでした。けれども単刀直入それをに言うのは、はばかられたのでしょう、一回「きっともう…」と口をにごしています。でもやっぱり「盗まれていると思われますから」と言い直しているのが、「頓絶法」と違うところです。



レトリックを深く知る

深く知る1「中断法」と「ことばの挿入」との関係
この「中断法」というレトリックを、「挿入節」や「挿入句」のグループとする考えもあります。

どういうことかというと。
挿入節」は、たくさん文を挿入してから、本文に帰ってくる。
挿入句」は、あんまり文を挿入しないで、本文に戻ってくる。
そして「中断法」は、余白と空間を挿入しただけで、本文を続ける。

といったわけで。「ことばの省略」と考えられがちな「中断法」なのですが、「ことばの挿入」として見てみるのもよいかとおもいます。

深く知る2「中断法と「疑惑法」との関係

かたや、「……」と黙ってしまう「頓絶法」や「中断法」。かたや、語句を並べることになる「疑惑法」。見た目には逆なのにも関わらず、意外にも近い関係にあります。なぜならどれも、「言葉に迷っている」という点で共通しているからです。




レトリックの呼び方

呼び方 中断法
呼び方 中絶・中断話法


関連レトリック

省略法、断絶法、頓絶法黙説法疑惑法、懸延法、挿入法挿入節挿入句

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)

「中断法」について、かなり多くの解説がさています。もしも、1冊だけを資料にして「中断法」を説明せよと言われたら、この本をオススメします。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類