このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
接尾辞法 せつびじほう suffixation
——『爺さんと僕の事件帖』1巻168〜169ページ(しかくの/角川書店 あすかコミックスDX)
警部 おい なんだ
熱心に 読んで
手がかりか?」
警官 …警部
ホモ本です」
警部 はあ——!!?」
警官 しかも ナニやら
登場人物には
モデルが存在
しているようです!
もしかして
本人たちが
描かれたのを
恨んで…!?」
警部 え!?
そんじゃ この
クラ♡リュミって
外人!?」
警官 けど
奥付の住所
ここじゃ
ないですよ」
それに 複数で
描いた本も
あるようです」
警部 全員に 当たれ!
印刷所もだあ!!」
清香 ああ!
お姉ちゃん
なんで こんな
ふしだらっちい本
持ってるの!?
清香
ワケわかんなくて
胸が張り裂け
そうよおぉ!!」
——『爺さんと僕の事件帖』1巻168〜169ページ
(しかくの/角川書店 あすかコミックスDX)


定義重要度

 
接尾辞法は、「接尾辞」をつけるレトリックです。つまり、意味を添えるための独立性の低いことばを、単語の後につけるものです。
※このサイトでは、ふつうはそのような「接尾辞」をつけないのに「接尾辞」をつけるという、意外性のあるをつけるものを「接尾辞法」とします。つまり、「接頭辞法」を「新造語法」の一種と考えていくことにします。


効果

効果1新しい意味をもった単語を、つくりだす

「接尾辞法」を使うと、新しい意味の単語を作ることができます。これは「接尾辞法」が新造語法の役割をもっていることを意味します。
:⇒新造語法を参照のこと

使い方

使い方1派生接尾辞をつける

「接尾辞」は大きく見ると2つのタイプがあります。1つは、文法によって単語の終わりの部分でつづりが変わるもの(たとえば、bookがbooksになるようなもの)。これを「屈折接尾辞」といいます。
もう1つは、新しい単語をつくりだすために、単語の最後でのつづりが変わるもの。これを「派生接尾辞」といいます。
ですが、より多く使われるのは「派生接尾辞」です。そのため、このページでは「接尾辞法」を「派生接尾辞」として用いられるばあいに限定します。




例文を見る例文を見る(末尾)


例文は、『爺さんと僕の事件帖』1巻から。

主人公の「中寺逸実」のクラスメイトには、「鈴木清香」という女の子がいた。そして、この場面で問題となっているのは、彼女の姉「明日香」。

突然、電話で「明日香」が誘拐されたと告げられる。妹の「清香」たちは急いで警察に連絡をする。ほどなくして、数名の警官がやってくる。

このような誘拐事件の場合、被害者である「明日香」の部屋も、捜索の対象となるらしい。なので警官は、家族の了解を得て「明日香」の部屋の捜索にとりかかる。

が、そこで見つけたものは、「ホモ本」の山。ようするに「同人誌」。

だけれども、純真だった妹の「清香」には、あまりにショックが大きかった。いわく、
お姉ちゃん
なんで こんな
ふしだらっちい本
持ってるの!?
この「ふしだらっちい本」という部分が「接尾辞法」と考えます。つまり、この「ふしだらっちい」ということばは、「弱っちい」とか「安っちい」と同じように、「〜っちい」という「接尾辞」が付いたものだと考えます。

なお、
気がつく人はすぐに気がつくと思いますが、「弱っちい」も「安っちい」も、両方とも「形容詞+っちい」という組み合わせになっています。ですが、「ふしだらっちい」は違います。この「ふしだらっちい」は、「形容動詞+っちい」という結合なのです。

そのため私(サイト作成者)は、「接尾辞法」と決めるまでに、1日ほど考えあぐねました。「混成語」でもないし。…いったい、なんなのだろうと考えて、ようやく「接尾辞法」にすることに決めました。

ですがこの文には、「〜っちい」という「接尾語」が一般的な「形容動詞」には付かないはずなのにくっついている。ということで「新造語法」の一種と考えてよいかと思います。



レトリックを深く知る

深く知る1日本語での使われ方

深く知るa日本語では、「接尾辞」を同時にいくつも使える
日本語では、「接尾辞」いくつも積みかさねて使うことができます。
たとえば、
書カ ラレ ナカッ ラシイ
——言語学大辞典〈第六巻〉より抜粋
のように、5段階の「接尾辞」を使っています。ここで注目するのは、「接尾辞」が加わるごとに新しい語幹(派生語幹)を作っているということです。

深く知るb日本語では、「語幹」と「接辞」の切れ目が見つかりやすい
接尾辞がつけられることになる「語幹」と、語幹の後に続く「接尾辞」。この2つの関係から考えると。
日本語では、この2つの境目がカンタンに見つかります。(屈折語の場合)
これに対して、英語など。こちらでは、この2つがどこで区切られるのかというのが、難しい場面もあります。(膠着語の場合)





レトリックの呼び方

呼び方 接尾語法・接尾辞添加


関連レトリック

接辞添加法接頭辞法、接中辞法、新造語法転成(品詞転換)

参考資料

●『言語学大辞典 第6巻術語編』(亀井孝・河野六郎・千野栄一[編著]/三省堂

日本語の例文がある、数少ない本。英語学辞典では、ほとんど日本語は扱われないので、この本は重要です。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類