このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
反復法 はんぷくほう repetition


定義重要度

反復法は、その名前のとおり、くり返すレトリックです。つまり、「同じ」または「似た」の語句を2回以上反復することいいます。


効果

効果1くり返すことで、リズム感が出る

同じフレーズやことばをくり返す。それは、人間にとって最も基礎的な部分に訴えかけるものです。そこから、リズム感が導きだされてきます。
:リズム、リズミカル、律動、節奏、高揚、発揚、奏でる、声調、節、節回し、諧調、音律、差しせまる、緩急、メロディー、調和、ハーモニー、音楽性、美的、美妙
効果2同じことばをくり返すことで、強調をすることができる

反復法では、同じことばがくり返されます。これによって、強調をすることができます。
:強調、強い、強まる、強める、強化、増強、大きい、増加、印象、焼き付ける、キャッチコピー
効果3詩歌で使うことがよくある

詩歌では、同じことばを何度もくり返すことがあります。リフレーンともいいます。これは、詩歌を作るときには、定番の方法だといえます。
:詩、詩歌、リフレーン、音、芸術、定番、常套、定石、ありふれる、ありがち
効果4重要なことがらをくり返すことで、注意を喚起する

注意を喚起すことによって、より理解を促すことができます。
:注意喚起、注意を呼び起こす、理解を促す
効果5表現する側が感動していることなどを示す

「反復法」を使って、何回もくり返し表現する。これによって、感動していることを受け手(聞き手・読み手)に伝えることができまうs。
:感動、感激、感慨、胸を打つ、意図、心づもり、感情の激する、感情の高まり、説得
効果5普段の暮らしの中でも、何度も無意識に使われている

この「反復法」は、気がつかないうちに日ごろの生活で使われています。念を押したり、強く伝えたいとき。そんなときに、気軽に用いられています。
:無意識、自然会話、童謡、民謡、歌謡曲、擬声語、擬態語、オノマトペ
効果7情報を、厚みをもって深く伝えることができる

何度も同じことばをくり返す。このことによって情報を、より厚みをもって深く伝えることができます。
:厚み、厚さ、幅、深み、深い、奥深い、深長、深奥、奥行き

使い方

使い方1同じ(または似た)単語や句などを、くり返し使う

句形や同音・語彙・句の反復など様々なバターンがあります。

注意

注意1度がすぎるとわずらわしく、いやみなものになるおそれがある

たしかに「反復法」を使うと、いろいろなメリットがあります。ですが意味もなく「反復法」を使いすぎると、相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあるので、注意が必要です。、
:わずらわしい、うるさい、不愉快、悪感情、いやみ、苦情、嫌気



レトリックを深く知る

深く知る1「反復法」の3タイプ
この「反復法」というレトリック用語の使いかたは、レトリックの学者によって微妙な違いがあります。おおまかに言って、
  • 同じことばをくり返すこと——(いちばん狭い使い方)
  • 同じことば・句・構成・音をくり返すこと——(中間的な使い方)
  • 同じか、もしくは似た表現をくり返すこと——(いちばん広い使い方)
の3つに分けることができると思います。

深く知る2「反復法」というレトリック用語の、細かな位置づけ

「反復法」という用語は、レトリックの中心的なものです。そのため「反復法」には、下位の分類として、さまざまな用語が考え出されています。つまり、やたらと細かく分けられて用語をつけられています。

そんなわけで、「反復法」に分類されるレトリックを並べてみると、次のような長いリストになります。
畳句法:同じフレーズをくり返すレトリック
畳語法:同じ言葉や表現を、すぐ後にくり返して畳みかけるレトリック
隔語句反復:同じ言葉や表現を、間隔を置いてくり返すレトリック
復言:同じことばを、別の句に連続して使うレトリック
冗語法:1つの文中で、意味論的には無駄なくり返しをするレトリック

首尾同語:1つの文のはじめと終わりが同じ言葉になるレトリック

回帰反復:しばらく間をおいて前の言葉をくり返すレトリック
首句反復:1つ目の文の最初にある言葉を、次の文のはじめでも使うレトリック
結句反復:1つ目の文の最後にある言葉を、次の文のおわりでも使うレトリック
首尾語句反復:「首句反復」と「結句反復」が一緒にあらわれるレトリック
前辞反復:1つ目の文の最後にある言葉を、次の文のはじめでも使うレトリック

おうむ返し:ある人が言ったことを、そのすぐ後に、別の人がくり返すレトリック

トートロジー:まったく同じ言葉を、ほとんど同じ意味でくり返すレトリック
循環論法:証明したいことの根拠を示すときに、その証明することを使うレトリック
異義復言:いくつもの意味を持つ言葉を、違った意味でくり返すレトリック
類義累積:似た言葉を並べることで印象を強くするレトリック
変形反復:ほぼ同じ意味の言葉を、形を変えてくり返し使うレトリック
疑惑法:どの言葉も不十分だと思い、言い直しながら多様な表現を並べるレトリック

類音語反復:音が似ていて意味の大きく違った2つの言葉をくり返すレトリック

倒置反復法:同じ言葉を使って、語順が「AB−BA」となるように反復をするレトリック
交差配語法:似た言葉を使って、語順が「AB−B’A’」となるように反復するレトリック
逆対句:「倒置反復法」と「対句」を組み合わせたようなレトリック
くわしくは、それぞれの項目を参照して下さい。

深く知る3「反復法」というジャンルに含まれる、数々のレトリック用語
…本当は、もっと細かいレトリック用語があったりします。レトリック学者は、分類して名前をつけるのが大好きなのです。
上にあるリストも、そのうちにもっと長くなっているかもしれません。

なお。
上にあげたリストに長々と書かれている、レトリック用語。長々と書かれているにもかかわらず、このリストは「語句」レベルの反復に限って書いてあります。つまり、「音」レベルでの反復については、上のリストには書いてありません。

くり返されているのが「語句」でなく、「音」だけになっているもの。これについては、「継起的音喩」のページに書いておきました。なので、「音」レベルの反復については「継起的音喩」のページを参照してください。




レトリックの呼び方

呼び方 反復・反復法
呼び方 くり返し・くり返し法・リフレイン


関連レトリック

連鎖法、連鎖漸層法、畳句法畳語法隔語句反復復言法類義累積回帰反復首句反復結句反復首尾語句反復前辞反復おうむ返しトートロジー循環論法異義復言同綴同音異義類音語反復疑惑法継起的音喩倒置反復法交差配語法逆対句

参考資料

●『くりかえしの文法—日・英比較対照—』(牧野成一/大修館書店)

本の内容は、『くりかえしの文法』という本のタイトルどおりです。「くりかえし」つまり「反復」について非常にくわしく書かれています。
●『日本語解釈活用事典』(渡辺富美雄・村石昭三・加部佐助[共編著]/ぎょうせい)

「反復法」について、要点をあさえています。また例文が日本文学のものなので、読みやすいと思います。レトリックの本には、例文になっているのが多いから。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類