このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
伏線 ふくせん preliminary
——『生徒会の一存』[上]2巻53ページ・[下]4巻41・42ページ([原作]葵せきな・[作画]10mo/富士見書房 DRAGONCOMICS AGE)
【(上)——episode 8】
ん――俺
中学の頃も帰宅部
でしたからねぇ」
真冬 なんか意外です
凄く活動的な印象
あるのに……」
あ――いや
中学の頃は単に
義妹(いもうと)がね……
真冬 義妹(いもうと)さんが?」
いや
なんでもない
真冬 今 さらっと
気になる伏線
立てられた気がしましたが
とりあえずいいです」


【(下)——episode.20】
ある時 俺は幼馴染みの
飛鳥から告白されたんだ
俺も彼女の事好きだったら
当然のように付き合う
ことになった」
だけど 妹はそれが
許せなくて
ちょっと事件が起きて
しまったんだよ」
くりむ 事件?」
詳しい話は
勘弁してください」
とにかく色々ありまして
妹は精神的に不安定に
なってしまいまして……」
入院生活を
余儀なくされるほどに ね」
妹もすごく
大事だったから……
それから俺は
林檎に付きっきりの
看病生活を
するようになった

――以下続くけれど省略
——『生徒会の一存』
[上]2巻53ページ・[下]4巻41・42ページ
([原作]葵せきな・[作画]10mo
/富士見書房 DRAGONCOMICS AGE)


定義重要度

伏線は、あとのほうでおこる出来事のマエフリをおくレトリックです。うしろにつづく話の展開を補強することになるような情報を、前のほうであらかじめ用意しておいておくことになります。


効果

効果1「伏線」がどのように働くか考えることで、謎解きの気分を味わう

受け手(聞き手・読み手)としては、思いがけないできごとが「伏線」だったと気がつくことになります。そしてそのことで、〈謎解きの快感〉を味わうことができます。これは、とくに推理小説では重要なポイントになります。
:謎解き、謎、問い、関心、興味、求知心
効果2ストーリーを盛り上げて、ラストシーンで最高潮に達するようにする

話を盛り上げるためには、非常に重要な手段となります。「伏線」を張らないでストーリーを進めると、ストーリーの最後で感じる〈謎解きの快感〉を味わうことができなくなってしまうのです。
:盛り上げる、盛り上がる、高まる、高める
効果3ほのかにではあるが、確実に印象づけることが必要

「伏線」だと気がつかれては、失敗。さいごまで「伏線」だと思われなかったら、これも唐突になってしまうので失敗。ですので、ほのかに印象づけるくらいが、いちばん適しています。受け手(聞き手・読み手)が記憶の中に留めている程度の「伏線」が、望ましいといえます。
:唐突、急に、出し抜け、突然、突如、不意、不意打ち、ほのか、ほんのり、ぼんやり、淡い、模糊、もうろう、不鮮明、かすか、うすうす
効果4最後まで読んだ本を、また読み返すくらいの気分にさせる

最後まで読んだ本を、また読み返す。すると、「ここが「伏線」だったのか」と気づくような「伏線」。このような時に、いちばん「伏線」が「伏線」として働きます。

使い方
使い方1あとから出てくる情報を補強するできごと、それとなくばらまいておく

あとから来るエピソードの布石になるような情報を、それとなくばらまいておく。すると、あとから起こるできごとを、正当化するような補強する材料になわけです。ただしあくまで、「それとなく」出されたものでなければなりません。
:布石、用意、準備、手配り、手回し、手当て、補強、増強、それとなく、暗に、こっそり、こそこそ、そっと、さりげなく、なにげない、自然、おのずから、おのずと、何となく、まにまに、暗示、ほのめかす、におわせる、示唆、黙示、前ぶれ、きざし、知らせ、告げる、ぼかす、ぼやかす

注意

注意1受け手が、すぐ気がつくようなものであっはならない

あたりまえのことですが、「伏線」となるエピソードが「伏線」であると受け手(聞き手・読み手)が気づかれたら失敗です。これを避けるためには、巧妙な「伏線」を張らなければなりません。
:巧妙、上手、うまい、器用
注意2「伏線」となる部分で、リズムを壊してはならない

「伏線」を張るために、あまりに細々としたエピソードをつくる。それは、受け手(聞き手・読み手)に「伏線」だと気がつかれなくても、長ったらしく、またリズムを壊すようなものになってしまいます。ですので「伏線」は、失敗する危険が大きいのも事実です。したがって「伏線」はふつう、短いパラグラフで行われます。
:長ったらしい、長々と、長い、ロング、くだくだしい、くどくどしい、持って回った、回りくどい、遠回し、くだくだしい、くだくだ、たらたら、冗長、冗漫
注意3あまりに複雑な「伏線」をはってはいけない

「伏線」が、いくつも張られる。すると、受け手(聞き手・読み手)としては、そのうちでどの筋がメインなのかが分からなくなってしまいます。ですので「伏線」は、あまり多くしてはいけません。
:複雑、繁雑、煩雑、わずらわしい、煩瑣、ややこしい、面倒、手数、手がこむ、あざとい、小利口
注意4「伏線」には必ず、それと結びつく結果が求められる

「伏線」に対応する「結末」がない。または、ある「結末」に呼応する「伏線」がない。そんな中途半端な作品は、許されません。
:対応、相照らす、対照、対置、対峙、応じる、呼応、照応



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『生徒会の一存』。引用したイラストのうち、上の部分が2巻。下の部分が4巻からのものです。

このサイトで、この例を引用した理由。それは、
伏線を立てられた
と、登場キャラクター(真冬)自身が話しているからです。明らかに「伏線を立てられた」と書かれているのだから、伏線に違いない。であれば、この例を使うのが安全策といえるでしょう。

引用した部分を、くわしく見てみることにしましょう。

まず、引用した前半の部分(episode 8)では、
中学の頃は単に
義妹(いもうと)がね……
と、鍵は義妹(いもうと)のことを言いかける。しかし、
いや
なんでもない
なんて言って、ことばを濁す。濁したことによって、棚上げの状態になってしまうわけです。

そして、中断して棚上げになったことが、後で明らかになる。それが、後半の部分(episode.20)というわけです。

つまり、
看病生活を
するようになった
というのが、「伏線」を使うことによって隠されていた事実だというわけです。



レトリックを深く知る

深く知る1「伏線」と「反照法」「照応法」との関係

反照法」や「照応法」などと同じように、作品全体の配列に影響を与えるレトリックの一つです。また、「情報待機」などを伴うこともあります。




レトリックの呼び方

呼び方 伏線


関連レトリック

反照法照応法、情報待機、懸延法誤解誘導、中断法

参考資料

●『シナリオ作法四十八章』(舟橋和郎/映人社)
映画脚本のハウツー本です。映画の脚本でも「伏線」は重要なものになります。なので、かなりくわしい解説が書かれています。
●『プロの小説家になる作家養成塾』(若桜木虔/KKベストセラーズ)
こちらは、小説作家のハウツー本です。小説を書くときには、もちろん「伏線」が重要になります。



余談

余談1「言いかけてやめる」というレトリック技法

鍵は、
中学の頃は単に
義妹(いもうと)がね……
と、鍵は義妹(いもうと)のことを言いかける。しかし、
いや
なんでもない
なんて言って、ことばを濁します。つまり、言いかけたままなのです。

こういったものは、「中断法」といいます(このサイトには、まだ「中断法」のページがありませんが)。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類