このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
降移法 こういほう ——
——『ランダム・ウォーク』1巻103ページ(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)
ほらね やっぱり
1度も ふりむいてくれない

ねえ 望くん
あたし わかったような気がする

望くんに別れたいって
言った子たちは
望くんがイヤになったわけじゃない

好きだからこそ
一方通行が つらくなったんだ

忘れて楽になりたくなったんだよ…

(ふっ)
あたしは負けないけどね!
(GUTS)
——『ランダム・ウォーク』1巻103ページ
(吉住渉/集英社 りぼんマスコットコミックス)


定義重要度

降移法は、表現が急に変化するというレトリックです。急転するまでの部分については、特に限定はありません。このレトリックのポイントは「考えかたや表現の方法などが、急転する」というところにあります。




例文を見る例文を見る(末尾)

引用した例文は、『ランダム・ウォーク』1巻です。

主人公は、「優架」。

「優架」は、望の「準」彼女から正式な彼女へとレベルアップした。しかし、なんか思っているのと違う。毎日、待ち合わせをして登下校したり、そういうことはしている。でもどうやったら、もっともっと好きになってもらえるのか分からない。

そんなある日。いつものように一緒に渋谷駅まで下校する。そして、駅で「じゃ またあした」「うん またね」と別れた。そのあとの望の様子が、引用した部分です。

引用した部分のうち、
「ほらね やっぱり 1度も ふりむいてくれない」
というところから
「忘れて楽になりたくなったんだよ…」
のところまでは、ふつうです。ふつうの、主人公である優架のモノローグのシーンです。少女マンガっぽく目をキラキラっとさせていたりもします。

が、最後のコマで急に変化をしています。それまでの悩んでいるようなモノローグを一変させています。
あたしは負けないけどね!
と、いきなり強気の態度に変わっています。この急激に変化している部分を「降移法」としておきます。(この引用した部分も、「降移法」と「昇移法」のどちらにすべきか、厳密には分けられません。強気になっているのを「ボルテージが上がっている」と考えれば「昇移法」になりそうです。しかし、「話の展開がギャグっぽく低落している」と考えれば「降移法」とすることもできます。この一例から考えても、「降移法」と「昇移法」の区別があまり意味のないことが分かります)。



レトリックを深く知る

深く知る1他のレトリックとの関係
これから下では、他のレトリックとの関係を見ていきます。

深く知るa「降移法」と「頓降法」との関係
表現が急に変化するまでの流れが次第に盛り上がってきていて、急に下向きに落ちるようなばあい。つまり、「ジワリジワリと上がってきたものが、急に落っこちる」パターンのほうは、「頓降法」に分類されます。

深く知るb「降移法」と「昇移法」との関係
「降移法」に対して、考え方や表現が上向きに急に変化するレトリックを「昇移法」といいます。ですが、原理としては「降移法」「昇移法」のどちらも同じといえます。これは、どちらを「上向き」ととらえるか、「下向き」ととらえるか、簡単には区別のつかないものが多いためです。





レトリックの呼び方

呼び方 降移法


関連レトリック

列叙法飛移法、昇移法、漸層法(広義の)漸層法(狭義の)頓降法

参考資料

●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「降移法」については、この本に説明があります。あとは、『笑いの日本語事典』(中村明/筑摩書房)でも少し書かれています。



余談

余談1「のえる」について

左下のコマて、急に顔つきが「のえる」っぽくなっています。「少女マンガ風のキラキラした瞳のある顔」から、「のえる」の顔っぽく急変しています。

そこで、ここで話題に上っている「のえる」について。「のえる」とは何者だ? と思った人は「擬物法」でその姿がみられます。

なんか見たことがあるコマの配置だなあ、と思っていましたが、答えは「擬物法」のページにありました。「擬物法」で引用したイラストも、左下に「のえる」っぽい顔がある(こっちは「のえる」本人だけど)。同じようなコマの配置だったんですね。

本当はもうちょっと、コミックからの引用例が劇的な変化のあるもののほうがいいのかもしれない。でもまあ、とりあえず、このシーンを「降移法」としておきます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類