このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
強調重複 きょうちょうちょうふく ploce
——『ぴょん』47ページ(彩花みん/集英社 りぼんマスコットコミックス) ふっ…
ふっふっふっふっふっ
ふっふっふっふっふ

呪ってやるぅぅぅぅぅぅっ
弟たちに手を出したら
呪ってやるぅぅぅぅぅぅぅ

血みどろの無惨な死に方をするように
念をこめながら
夜な夜な五寸釘で
ワラ人形を打つわぁぁぁぁぁぁぁ
——『ぴょん』47ページ
(彩花みん/集英社 りぼんマスコットコミックス)


定義重要度

強調重複は、ことばの意義の重なる修飾語を使うレトリックです。つまり、あることばを形容するために、同じような意味のことばを修飾語として並べるレトリックです。


効果

効果1伝えたいことを強調する

「強調重複」はその名前のとおり、伝えたいことを強調する目的で用いられます。
:強調、強め、強まる、強める、強化、増強、盛り上げる
効果2誤解を防止する

 
同じフレーズが何度も出てくるので、誤解の防止につながります。自分と同
:誤解(の防止)、トリチガエ(の防止)
効果3時には、バカバカしい表現を生む

あえて「強調重複」を使うことで、時には滑稽な文を作り出すこともあります。
:滑稽、バカバカしい、バカらしい、ユーモラス、コミカル、笑い、笑わせる、ほくそえむ、にこつく、微笑、薄笑い

使い方
使い方1意味の重なりあう表現を、何度もつかう

一般的には、同じ言葉や似た言葉を重ねてつかうのは、あまり好ましいとはいえません。ですが、このような重複をワザと作ることによって、「強調重複」というレトリックを創り出すことができます。




例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『ぴょん』から。

主人公は「ぴょん」。

この世界には、不思議な「おばけ」がいる。「足の速くなる専門のおばけ」に取りつかれると、脚が異常に早くなる。また、「手が速くなる専門のおばけ」にとりつかれると、手が異常に速くなる。

で。
主人公「ぴょん」の兄である「わん」が、「ケンカ専門のお化け」に取りつかれてしまう。そして、柄の悪そうな人にケンカをふっかけます。
そこを通りかかったのが、「ぴょん」と「わん」の姉。「弟をはなしてちょうだいっ」とお願いするが、聞き入れてもらえない。

そうしているうちに今度は、姉のほうに「ケンカのお化け」が取りついてしまう。上の画像は、「ケンカのお化け」に取り憑かれた姉が、柄の悪そうな人を脅迫しているシーンです。

今回の注目点は、
血みどろの無惨な死に方
という表現です。「血みどろ」と「無惨」というのは、意味としてはかなり共通しています。それにもかかわらず、連続して使われています。

「血みどろ」と言われたら「無惨」なものに決まっている。だから、あえて「無惨」という言葉まで使う必要はない。それなのに、ここでは「血みどろの無惨な」という表現になっている。この部分を「強調重複」としておきます。

まあ本当は、もうちょっと見るからに「強調重複」だといえる例があると思います。ですが、一応、この例文をあげておきます。

なお。
引用したシーンは「おどろおどろしい」ものになっています、ですが、『ぴょん』という作品自体は、彩花みん先生が『赤ずきんチャチャ』で見せたような、きわめて「ほのぼの」とした短編が収められているものです。



レトリックを深く知る

深く知る1「強調重複」の、その他の例
この「強調重複」の例としては、
「一つ残らず何もかも全部」
のような表現があげられます。

深く知る2「冗語法」などと「強調重複」との関係

この「強調重複」は「冗語法」のグループに含まれるレトリックです。このグループには、ほかに「慣用重複」や「情化法」があります。

くわしくは、「冗語法」をページを参照してください。





レトリックの呼び方

呼び方 強調重複
呼び方 プロシー


関連レトリック

冗語法慣用重複情化法

参考資料

●日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

この「強調重複」をていねいに説明してある点で、便利だといえます。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類