このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
重義法 じゅうぎほう ——
——『宙(そら)のまにまに』1巻144ページ(柏原麻実/講談社 アフタヌーンKC)
美星 お は よ〜」
昨日の夜……
最高だったね…!!
朝方帰って
平気だった…!?
興奮しちゃって
帰ってからも
眠れなかった——っっ」
うわあああああ)
美星 なんていうのかな
体がうずうず
しちゃってというか…
あ…かっ
ああいうのを
めくるめく夜って
言うんだね」
め…めくるめく…!!?)
※強調:原文ママ、アンダーライン:原文波線
——『宙(そら)のまにまに』1巻144ページ
(柏原麻実/講談社 アフタヌーンKC)


定義重要度

重義法は、1つの表現から、いくつかの意味が読みとれるレトリックです。つまり、ある1つの文字・音声から、2つ以上の別のことばが理解できるというものです。


効果

効果1——

——

使い方

使い方1——

——



例文を見るその1例文を見る(末尾)

このページのはじめにある画像は、『宙(そら)のまにまに』1巻から。

ここに登場するのは、2人。
ひとりは、主人公の朔。高校1年生。もうひとりが美星。高校2年生。

この2人は、幼なじみ。そして、同じクラブ(天文部)に入っている。

ここで、引用した部分を見てみる。するとこれは、あたかもこれは「ベッドシーン」を言いあらわしたものに思える。

ですが実際には、「ベッドシーン」のようすを表現したものではない。これが重要です。

誤解が生まれない程度まで、くわしく書く。すると、つぎのようになります。
昨日の夜の星の観測で、空に輝いて星、
最高だったね。
星の観測をしていたので、
朝方帰ることになったけれど、
平気だった…?
私は興奮して、家に帰ってから眠れなかったよ。
なんていうのかな。
気持ちがうずうずしちゃって、というか。
ああいうのを、
星々に圧倒されるって
言うんだね。
そう。2人は、ともに天文部に入っている。そこでその活動として、夜に星の観察していた。もちろん2人連れではなく、部員と一緒に。

真実は、そういったところにある。けれども美星が、あたかも「ベッドシーン」があったような言いまわしをする。そこで誤解が生じてしまうわけです。

この引用部分は、「ベッドシーン」という読み取りかたと、「天文部の活動」という受け止めかたと、2パターンが成りたっています。ですので、「重義法」となるわけです。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

——『School Rumble』1巻表紙(小林尽/講談社 少年マガジンコミックス)
『School Rumble』
スクールランブル Vol.1

小林尽
——『School Rumble』1巻表紙
(小林尽/講談社 少年マガジンコミックス)
2つ目の引用は、『School Rumble』1巻の表紙です。

さて。
まずはじめに、英語の単語の訳を、3つほど書いておきます。英語のお勉強です。『萌える英単語もえたん』は持っていなかったので、ふつうに『ジーニアス英和辞典』(大修館書店)から。
  • school [名]2.(建物・施設としての)学校、校舎
  • rumble[名]1.ゴロゴロ(ガラガラ)という音、騒音
  • scramble[他動]1.…をごちゃ混ぜにする
『ジーニアス英和辞典』ではCランク(約7300語)までに入っている単語なので、もしかしたら全部知っている人がいるかもしれません。ですが、「rumble」の意味を知らなかった私(サイト作成者)のように、英語が得意でない人もいると思います。なので、3つほど単語の意味を並べておきました。

ここまでくると、もう分かると思います。
  • 『School Rumble』
という表現の中に、
  • school rumble
  • scramble
の、2つの意味が読みとれます。その点が「重義法」ということになります。

アニメ『スクールランブル』(第一期)のオープニングテーマは、『スクランブル』というタイトルでした。そのことから考えても、偶然のものではありません。ちゃんと作者が意図的に、タイトルに2つの意味を持たせています。

このコーナーで「日本語ではよく使われる」と書いたくせに、例文が英語だったりするのは、気にしないで下さい。



レトリックを深く知る

深く知る1「重義法」が日本語で作りやすい理由
日本語には同音異義語が多くあります。なので、わりと楽に作ることができ、ひんぱんに使われます。

深く知る2「重義法」と「しゃれ」「もじり」との関係

この「重義法」が「笑い」の方向に進むと「しゃれ」に近づいていきます。ですが、「重義法」はマジメな効果をねらったものです。

一般的に「もじり」と呼ばれるものは、この「重義法」よりは「しゃれ」に近いものだと思われます。

深く知る3「重義法」と「掛けことば」との関係

『D・N・ANGEL』(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)の
  • D・N・A
  • ANGEL
のように、一部分(この場合は「A」)のみが重なっている場合は、「掛けことば」となります。




レトリックの呼び方

呼び方 重義法


関連レトリック

ダブルミーニング同時的音喩ことば遊び空言(そらごと)地口、秀句法、雙叙法、しゃれ、駄洒落、打ち返し語路合わせ早口ことばなぞかけ文字鎖・しりとり

参考資料

●『センスをみがく文章上達事典』(中村明/東京堂出版)

こんなマイナーなレトリック用語にも、説明がなされています。同じ者の『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)でも、ふれられています。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類