このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
パロディー ぱろでぃー parody
——『わいるど☆ぴっち』1巻90ページ(まりお金田/集英社 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
イツカ そりゃ とうぜん合宿
らしーことをするに
決まってるでしょ!!
その名も——
どらごんだま
探し——!!」
健司 パクリじゃ
ねーか!!」
信太郎 なんの修業
なんスか
——ッ」
風見 まぁ 間宮の
考えそうな
ことではある!!」
千歳 使う道具は
野球ボール7個ッ
とっても経済的
ウチにはグローブが
2個しか
ないからねッ」
健司 それが理由か!!」
——『わいるど☆ぴっち』1巻90ページ
(まりお金田/集英社
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)


定義重要度

パロディーは、ことばの「見せかけ」だけ引用してくる、というものです。たしかに元の作品がもっていた「言いまわし」だけはマネています。ですが、その引用することになった新しい作品では、元の作品が使っていた「状況」とは大きく外れたものとして扱われることになります。

このサイトでは、元からある作品に「似せる」ものとして2つの用語を使うことにしました。その2つというのは、「パロディー」と「パスティーシュ」です。注意してほしいのは、著作権法の扱いとは関係がないということです。「パロディー」が著作権法違反だけれども、「パスティーシュ」は法律に違反していない——そのようなことは一切関係ありません。


効果

効果1元となる作品を、バカにして茶化す

「パロディー」を使うことによる効果としては、「茶化す」「からかう」といったことが挙げられます。
:茶化す、ばかにする、からかう、冷やかす、あざける
効果2諷刺や批判をする

「パロディー」を使うことによって、諷刺したり批判したりすることができます。そして、その批判や諷刺といった効果は、引用する元となっている作品だけに限られません。世の中の動きなど、いろいろなものを批評することができます。
:諷刺、とがめる、当てつける、当てこする、諷する、アイロニー、イロニー、皮肉、批判、批評
効果3卑俗なものにする

元となっている文が、マジメなものであるほど。「パロディー」と使ったときに、俗なものに追いやるという効果が強くなります。
:卑俗、通俗、俗化、低俗
効果4ユーモアな表現としての「パロディー」

「パロディー」にも、よい面もあります。たとえば、おかしみ・ユーモアを出せるということが挙げられます。
:ユーモラス、ユーモア、コミカル、滑稽、おかしい、機知、頓知、ウイット

使い方
使い方1「パロディー」の元になる文を探す

まず最初に、「パロディー」をつくる元になる作品を選ぶことになります。これは、有名な文学作品、ことわざ、格言などのいろいろなジャンルから選びだすことできます。ただし、元になる文が「有名」であるという条件を満たしているという必要はあります。
:成句、常套句、決まり文句、慣用句、名言、名句、成語、格言、ことわざ、金言、箴言、有名、名高い、膾炙、流布、行きわたる、波及、普及
使い方2「パロディー」の元にある文の「特徴」を探しだす
「パロディー」を使うときには、元の作品が持っている「言いまわし」だけを借りてきます。元になる文の特色となっているものだけに注目します。
:定形、外形、特定、特徴、特有、文体、スタイル、リズム、律動、韻律、語路、調子、口調、特色
使い方3見つけた「特徴」だけをマネて借りてくる

元になる作品の「特徴」となる、注目した部分。その部分だけを取りだしてきます。ことばを「つづり=オモテ向きのカタチ」と、「なかみ=そのことばが伝える内容」に分けるとしたら。パロディーでは、「オモテ向きのカタチ」のほうだけを借りてくるということです。
:引用、暗示引用、借用、借りもの、写しとる、コピー、換骨奪胎、焼き直し、模作、模擬、模倣、まねる、模する、もじる、模写、似せる、似る、近似、もどき、置きかえ、ずらす、取りかえる、差しかえる、切りかえる、入れかえる
使い方4マネるときには、「もじり」などを使うことになる

上に書いたコトを、反対にいうなら。「パロディー」では、「なかみ=内容」は借りてきません。あくまで似せるのは、「カタチ」や「見せかけ」といった外見だけです。このような「パロディー」の条件をみたすために、いちばんよく使われるのが「もじり」とか「しゃれ」といったものになります。
:語路、語呂合わせ、しゃれ

注意

注意1盗作には注意

「パロディー」は、「盗作」に近づくことがあります。ですので、このレトリックを使うときには、「盗作」になっていないかどうか注意が必要もあります。その意味で、使いかたによれば危険なレトリックになります。「オモテ向きの言葉」をまねて、「中身のメッセージ」も似せるなら。それは、「盗作」ということになります。
:盗作、剽窃、盗用



例文を見るその1例文を見る(末尾)

ページの最初にある画像は、『わいるど☆ぴっち』1巻から。

このシーンは、野球部で合宿をしているところです。

まず。
「どらごんだま」と言いながら、イツカが持っている物体。これは、野球のボールに★マークがついているものです。「★1コ」書かれたものから、「★7コ」まであります。

ここで。
これは「ドラゴンボール」のパロディーだ
ということに気がついてもらえなければ。それは、「パロディー」として失敗です。

でも。「ドラゴンボール」という、とても有名なパロディーなので。失敗ということはないはずです。

でもって。「★1個〜★7個がついている」という見せかけ。つまり、外見としては「ドラゴンボール」に似ています。つまり、借りてきてマネしています。

ですが。その意味というか中身のほうを見てみると、これは全くちがいます。この7つのボールを拾い集めても、シェンロンは登場しません。

というわけで。「パロディー」の説明は終わり、のような気がするのですが。
以下には。念のため、このシーンにたどり着くまでにあった、ストーリーをカンタンにかいておきます。

主人公は、桜庭健司。高校生。

新しく転校してきた、健司。彼は、転校してきた高校の「野球部」に入ることになった。

ここに問題がある。
  • 野球部のくせに、部員が「3人」しかいない
ので、試合ができない。だけれども、その点は置いておくとして。問題となるのは、
  • 野球は「11人」でプレーするものだと思っている
というから。かなり怪しい。そもそも「野球部」という名前はついているけれども、実体は「お茶会クラブ」なのだから。

…と、ここまで書いてくると。
ウチにはグローブが
2個しかない
ということを言った理由が、見えてきます。
つまり、
野球をプレーするだけの部員がいない。
だから、グローブが2個しかなくても、
部の活動には、影響がない
というわけです。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

つぎの引用は、『呪ってあっこちゃん』から。
あっこ ばっ!)
タッくん ええっ
そ それは!?」
あっこ いまこそ
暗黒神さまの お力を
借りるとき!!」
暗黒神(回想) ——あっこよ
これを おまえに
授けよう……」
あっこ(回想) これは……
五芒星形(ペンタグラム)?」
暗黒神(回想) ——これぞ
携帯魔法陣!!
これで いつでも
ワシを召還するがよい!!」
あっこ これが………」(ぱか)
(どきどき)
テッ
テクマクマヤコン
テク……
暗黒神 そりゃ ちがう
アッコちゃんじゃ——っ」
(すぱーん)
——『呪ってあっこちゃん』48〜49ページ
(猫部ねこ/講談社 コミックスなかよし)

主人公の御影あつこは、通称「あっこ」。

「あっこ」は、暗黒呪術部を作ろうとしたり、何やらあやしげな雰囲気がただよっている女の子。

ある日、暗黒神降臨の儀式を行うが、出てきたのは「プリティ」な暗黒神。失敗かと思いきや、それが本物の暗黒神のようだ。

そんな中、遠足に出かける。しかし、あっこの組の生徒が乗っているバスだけ、あやしげな場所に到着。あっこが、暗黒秘薬の材料となる薬草を集めるために、この場所に誘導したらしい。

そこで、さっきの暗黒神を呼び出そうとしているのが、引用のシーン。
テクマクマヤコン
というのは、どうみても携帯型の暗黒魔法陣の使い方としては間違っています。当然これは、『ひみつのアッコちゃん』のセリフのはず。
今回は単に、コンパクトを開いたことから冗談として言っているだけでしょう。ちょうど、名前も「あっこ」と「アッコ」とで似ているし。

しかし、『ひみつのアッコちゃん』の原作の初版は昭和40年代。そのあと3回ほどアニメ化しているみたいですが、この『呪ってあっこちゃん』は「なかよし」を読むような年齢層が読むために描かれたマンガです。そのような年齢層に、このパロディが通じるのでしょうか? いささか不安ではあります。

それは、元となっているフレーズを知らないと、「マネをしたことで出てくる効果」を発揮したとはいえないからです。まあ、有名なフレーズであることには間違いありませんが…。

なお、暗黒神のセリフで使われているフォントが特殊なため、引用した画像のうち、暗黒神のセリフに読みにくい点が出ています。申し訳ありませんが、右に書いたテキスト文と合わせて読んでみて下さい。



レトリックを深く知る

深く知る1「パロディー」に近いレトリック
このサイトでは。

内容
似せる 似せない
外見 似せる 〈盗作〉 「パロディ」
似せない 「パスティーシュ」 〈無関係〉

元の作品を「マネる」というレトリックを、
  • パロディ
  • パスティーシュ
という2つに分けておくことにします。

この分類のしかたは。おもに、
  • 『ことば遊びコレクション(講談社現代新書808)』(織田正吉/講談社)
  • 『日本語のレトリック』
を軸として参考にしながら、
  • 『レトリック事典』
によって補われてつくられた考えかたです。

上に書いた図を見れば、分かっていただけると思いますが。
外見が似ているけれども、その中にある内容が違う
 →「パロディー」

外見は似ていないけれども、その中にある内容が似ている
 →「パスティーシュ」
という分類をしてみました。

なお。
「パロディー」と「パスティーシュ」という2つを、とりたてて区別しないこともあります。たとえば『レトリック辞典』は、「ほぼ同じ」としています。

まあ確かに。
「パロディー」というのは、英語として使われていた用語です。そして、おもに文学の方面で使われていたものです。

ですが、「パスティーシュ」は、フランス語で使われていた用語です。そして、おもに美術の方面で使われていたものです。

そういったわけで。ことさら分類していいのかというのも悩みましたが。いちおう、2つに分類しておきます。

深く知る2「パロディー」がもっている依存性

「パロディー」するための元々のことばには、色々なものがあります。有名な作品のフレーズだとか、格言やことわざ、歌詞など、さまざまです。

そこで大事なことは、元々のことばが「多くの人が知っているものだ」ということです。そうでないと、ことばの二重性によって出てくるはずの「おかしさ」「おもしろさ」を感じることはできません。

このことは、「引用法」に近いレトリック全てに共通することです。あくまで、読み手や聞き手が「引用なんだな」と分かるものでないとなりません。そうでないと、「引用」の効果を発揮できないのです。

「パロディ」は、「一流でよく知られているものに依存して作られている」ものなのです。
がします。
:依存、負ぶさる、歪める、だます、まやかし

深く知る3「暗示引用」との関係
暗示引用」というレトリックがあります。これは、「だれがいつ書いたのか」を書かずにに「引用」をするというものです。

ですので。
「パロディー」に近いレトリックは、広い意味では「暗示引用」の一種だということができます。というのは、だれがいつ作った文章であるのかを示さないで、そのことばを使うことになるからです。

くわしくは、「暗示引用」のページもあわせて参照してください。



レトリックの呼び方

呼び方5 パロディー・パロディ
使い方2 模作・戯作



関連レトリック

パスティーシュ、引用法明示引用暗示引用引喩、本歌取り

参考資料

●『日本語のレトリック—文章表現の技法—(岩波ジュニア新書 418)』(瀬戸賢一/岩波書店)

「ジュニア新書」だから、若者をターゲットにしているのかと思ってしまう人がいつかもしれません。ですが、「パロディー」という項目をわざわざつくって、これだけ多くのスペースを使っている本は、なかなか見あたりません。
●『古典文学レトリック事典』(國文学編集部[編]/學燈社)

この本も、「パロディ」という項目を1つ作って取りあげています。「古典文学」にテーマをおいているという都合上、書かれている内容が「本歌取り」に傾いている感じは否定できません。ですが、違った方面から「パロディ」というレトリックを考えてみたい。そんな考えを持っている人にとっては、とても参考になると思います。
●『日本語のしゃれ(講談社学術文庫445)』(鈴木棠三/講談社)

どうしても「パロディ」を極めたい。そういったヒトが、まちがってこのサイトに来てしまったばあいには、この本をオススメします。[百人一首のパロディー]という項目に、いろいろ記載してあります。



余談

余談1文学用語「パロディー」と、芸術用語「パスティーシュ」

上でも、触れたとおり。

「パロディー」は、文学のほうに由来する用語です。

「パスティーシュ」は、芸術のほうでつくられた用語です。

とすると、思うに。
もしマンガでのレトリックを考えるならば、
 「パロディー」→「ふき出し」部分
 「パスティーシュ」→「イラスト」部分
という分けかたを、してみることができるのでは?

そう。たしかに、そういった考えるのは、理論的には合っている。それに私(サイト作成者)でも、そのようなことができるのならば。ぜひ、やってみたいのですが。

ですが残念なことに。
私は、それだけの能力をもっていません。つまり「アタマが賢くないので、そこまでは手が及ばない」ということです。

そういった都合で。
すくなくとも今のところは、そのような分析をするのはムリです。

    
このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類