このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
挿入節  そうにゅうせつ parenthetic clause
——『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』1巻5ページ(イチハ/白泉社 花とゆめコミックス)
オッサン
人のツレの尻
撫で廻すの
止めてくんない」
オッサン 失礼だな君…
!!
…女性!?」
どっちが
失礼なんだよ」
炯至
見間違えとかじゃ
なくて…?
滸 本当にその人
痴漢なの?」
オッサン そうだ!!
だいたい私だと
ゆう証拠が あるのかね!!」
ああ?
私がずっと
(炯至の尻眺めてて
超触りてぇ♡とかゆう
欲望 必死こいて押さえて
たら 視界にテメエの汚ねえ
手が出てきて 下から
上へと流れるように
ね——っとり
撫でてく様を克明に)

見てたんだよ!!!」
—— 炯至の尻を撫でた痴漢に対し、こんなにも
羨望に満ちた嫉妬を
感じ得ないのではないのだろうか
——『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』
1巻5ページ
(イチハ/白泉社 花とゆめコミックス)


定義重要度

挿入節は、文の流れからかなりの長さで横道にそれて、ことばを割りこませるレトリックです。


効果

効果1余談をあらわす

挿入節は、文章のメインの流れから横道にそれることになります。したがって、その部分は「余談」をあらわすことになります。
:余談、脱線、外れる

使い方
使い方1文の流れを、いったん中断する

 
「挿入節」は文の途中で、そのメインの文脈とはズレた文を入れるものです。言いかえれば、本文の流れをいったん中断させるほど長く、ほかのことばを割り込ませるものだともいえます。
:ズレる、ズラす、食い違う、齟齬、中断、割りこむ、くい込む、食い入る

注意

注意1どこからどこまでが「寄り道」なのかをハッキリさせる

 
挿入節は、かなりの長さで文章を中断させるものです。なので、どこからどこまでが「挿入節」として中断されているのかをハッキリさせておく必要があります。この点については、下の深く知る2の項目も、ご参照下さい。
:ハッキリ、くっきり、明らか、明瞭、明白、見るからに、鮮明、明解、すっぱり、きっぱり



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は、『女子妄想症候群(フェロモマニアシンドローム)』1巻から。

主人公の名前は、「滸(ほとり)」。身長178センチ(♀)。
そして、その「滸(ほとり)」と第1話で付きあうことになったのが「炯至(けいし)」。身長155センチ(♂)。

「滸(ほとり)」と「炯至(けいし)」という、このカップル。たしかに、女である「滸(ほとり)」のほうが断然に背が高い。だけれども、それよりも大きなハードルがある。それは、
「炯至(けいし)」が、犯罪的にカワイイ
というところです。ようするに、女のコである「滸(ほとり)」よりも、少年である「炯至(けいし)」のほうが可愛らしいのです。そして、子供のころから炯至(けいし)」といっしょにいた「滸(ほとり)」は、「炯至(けいし)」のことが大好きになっています。というか、「滸(ほとり)」本人のことばを借りると、
異様に色欲の強い
女に成り果てていた (19ページ)
のです。

まあ。そのような事情で、「炯至(けいし)」が痴漢に遭ってしまったあたりを引用してきました。

上に書いたように、「炯至(けいし)」がカワイイ。
なので、痴漢にねらわれたのは、とうぜん「炯至(けいし)」です。女のコである「滸(ほとり)」は、制服がスカート。なのに、痴漢のオッサンは「炯至(けいし)」を襲う。まあようするに、誰が見ても「炯至(けいし)」は女のコっぽいのです。

で。痴漢をしたオッサンを捕まえた「滸(ほとり)」なのですが。そのときに、オッサンに浴びせかけたことば。それが、「挿入節」というわけです。つまり、
「私がずっと
(炯至の尻眺めてて
超触りてぇ♡とかゆう
欲望 必死こいて押さえて
たら 視界にテメエの汚ねえ
手が出てきて 下から
上へと流れるように
ね——っとり
撫でてく様を克明に)

見てたんだよ!!!」
というところにある、( )で囲まれた長々としたフレーズ。これが、「挿入法」になっているというわけです。

さっきも書いたように。
「滸(ほとり)」は、「炯至(けいし)」のことが好きです。それも、“色欲的な意味で”「炯至(けいし)」が好きです。そういったわけで、女のコである「滸(ほとり)」は、男のコである「炯至(けいし)」のお尻を眺めていた。そんなときに、痴漢が「炯至(けいし)」のお尻を触ってきた。なので、痴漢だとすぐに分かった。といったわけです。

もちろん。
痴漢のオッサンに投げつけたのは、
私がずっと
見てたんだよ!!!
という、ただそれだけだと思われます。ですが「滸(ほとり)」のココロにある叫び。それは、
(炯至の尻眺めてて
超触りてぇ♡とかゆう
欲望 必死こいて押さえて
たら 視界にテメエの汚ねえ
手が出てきて 下から
上へと流れるように
ね——っとり
撫でてく様を克明に)
といったものです。

この、なんとも“色欲的な意味で”羨望と嫉妬に満ちたココロの声。ここは、痴漢のオッサンに怒りをぶつけるという話のメインからは、ちょっと脱線をしています。そういったわけで、この部分は「挿入節」というレトリックだと言うことができます。



   
レトリックを深く知る

   
深く知る1挿入節のグループ
この「挿入節」の系列には、次のようなレトリックがあります。
  • 挿入句:挿入する部分が短くて、もとの文を中断させずに補足する程度に限られるレトリック
  • 挿入法:文の流れをいったん中断して、ある程度の長さの言葉を割り込ませるレトリック
  • 挿入節:文が中断され、かなりの長さで話が横にそれるレトリック
  • 脱線法:大がかりな挿入法で、話の本筋とは関係ない話が長い間、展開するレトリック
くわしくは、それぞれの項目を参照してください。

深く知る2「挿入節」を使うときの注意点

この「挿入節」は、文の流れの途中で、ことばを割りこませるレトリックです。つまり、ある1つの文があるなかで、とつぜん寄り道をするような「節(フレーズ)」が入る。そして、すぐにもとの本文にもどる。それが、「挿入節」です。

なので、この「挿入節」を使うときには、ちょっと注意点があります。それは、「どこからどこまでが寄り道なのかということを、ハッキリさせる必要がある」ということです。

どういうことかというと。
ふつう「挿入節」で割りこむことになる「節(フレーズ)」というのは、かなり長い。そのため、文の流れが「本題」からズレているあいだに、長々とした「寄り道」がつくられることになる。と、ようするに「本題」から離れているフレーズが、かなりの量になる。

これは、文を読む(または聞く)側からすると、かなりの負担になります。その文で話題にしていることが、「本題」から「寄り道」に入る。そして、ずっと「寄り道」が続く。そのため、もう「本題」が何だったのかを忘れたころに、「本題」に戻る。こんなふうに、文のメインとなっているはずの話題が、あっちへいったり、こっちへいったり、といったことになるわけです。このことは、読み手(聞き手)のアタマを混乱させかねません。

こういったことを避けるためには。
このページで引用した例文のように、( )でくくる、といった方法があります。( )で囲まれたところは、「寄り道」だということがすぐに分かります。ですので、フラフラした文にはなりません。

もちろん。
上に書いたような( )記号だけではなく、「 」だとか〈 〉だとかで囲い込んだばあいでも、同じように混乱を避けることができます。また、そのようなカッコを使わずに、——という記号で挟みこんでもOKです。

もう1つの方法として。
かなり難しいテクニックになりますが、「挿入句の終わりを、句点(。)で区切る」、というパターンが考えられます。ほんとうのところは、「挿入句」よりも、むしろ「寄り道」が長い「挿入法」だとか「挿入節」のほうが、使いやすいテクニックです。けれども文の流れによっては、「挿入句の終わりを、句点(。)で区切る」、といったこの方法を利用することもできます。

深く知る3『レトリック事典』での、「挿入法」の説明
『レトリック事典』は、「挿入法」を細かく分けることには否定的です。つまり、確かに伝統的なレトリックでは「挿入法」と「挿入句」とを区別していた。けれども、これを下位の種類に分類することが有意義かどうかは別である、と。

けれども、このサイトでは伝統的レトリックにしたがっておきます。つまり、いちおう「挿入法」と「挿入句」の区別をつくっておくことにします。

なお、念のために書いておくと。
『レトリック事典』は、「挿入法(parenthesis)」のことを「(自立)挿入語句」と呼んでいて、「挿入句(parembole)」のことを「(依存)挿入語句」と呼んでいます。

 
深く知る4『日本語レトリックの体系』での、「挿入法」の説明

それから。
『日本語レトリックの体系』によると、「折挿法」というレトリックがあります。この「折挿法」は、「文の途中で他の文章をはさみ、そして再びもとの文に戻って続ける」という趣旨の説明がされています。

ですので。
この「折挿法」は、「挿入法」か、もしくはそれに近いレトリックと位置づけることができます。




レトリックの呼び方

呼び方 挿入節


関連レトリック

断絶法、頓絶法黙説法疑惑法、懸延法、挿入法挿入句、脱線法

参考資料

●『現代言語学辞典』(田中春美[編集主幹]/成美堂)

英語での解説でもかまわない。そんな人には、こちらがオススメです。



余談

  
余談1「炯至(けいし)」という名前に使われている漢字について

コミックでは、厳密にいえば。
「けいし」という名前に使われている漢字は、「炯」ではなく「烔」という文字です。この「烔」は、第3水準の漢字です。「火へん」に「同」と書かれるものです。

この「烔」という文字。これは、私(サイト作成者)のマシンでは、
  • 【表示できる】
    環境OS:Windows XP ブラウザ:IE、NN、Opera、Firefox、Safari。

  • 【表示できない】
    環境OS:Windows 98 ブラウザ:IE
という結果でした。

なので。
いまだに現役で使われているパソコンで「烔」は、ふつう表示できるとは思います。

ですが、このサイトでは「炯」の文字を使っておくことにします。
その理由は、以下の3つです。
  • 白泉社のサイトでは、「炯」で代用していた。

  • ふつう「炯」という漢字は「ケイ」と読むけれども、「烔」という漢字は「ケイ」と読めない。

  • このサイトは、「Windows98」で来る人がなぜか多い。(だいたい5%くらい)

というわけで。いちおう正式なのは、「烔至(けいし)」だということで。

余談2わざと「炯至(けいし)」ではなく「烔至」を使っているのではないかと…

どうして、こんなにも「表現する文字」に注目するのかというと。
作者は、ワザと「烔」を使っているのではないか?
と。なんとなく、そういった感じがするのです。

なぜ、そのような感じがするのかというと。
このコミックの描いている、「イチハ」さん。この人の作品には、数多くの「難しい漢字」が出てきます。言いかえれば「イチハ」さんは、作品のなかでレベルが高い漢字をドンドン使っているのです。とすれば、こんなにも漢字を使いこなせる漫画家さんが、ミスで「炯至」にしてしまった何てことない。と、そう思うのです。

その証拠として。
引用したページを、ちょっと見ても
  • 撫で廻す

  • 羨望に満ちた嫉妬

という漢字は、カンタンに書けるものではありません。しかも「廻す」にいたっては、常用漢字の「回す」を代わりに使うことができるはず。なのにもかかわらす、正式な漢字である「廻す」を使っている。

それを考えると。作者がミスで、「烔至」ではなく「炯至(けいし)」を使ってしまったとは考えにくいのです。

なお。
「ウィキペディア」での、『女子妄想性症候群』。ここでは「炯至」と「烔至」の2通りのパターンが、どちらとも使われています。つまり、「炯至」という漢字を使っていることもあるし、「烔至」という文字で書かれている部分もある。(2008年5月現在)

…結局。「烔至」であっても「炯至(けいし)」であっても、気にする必要はない。ということなのでしょう。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類