このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
同音反復・畳音法 じょうおんほう parechesis
——『ケロロ軍曹』1巻82ページ(吉崎観音/角川書店 角川コミックス・エース)
ケロロ ゲロゲロゲロゲロ
ゲロゲロゲロゲロ
ゲロゲロゲロゲロ
タママ タマタマタマタマ
タマタマタマタマ
タマタマタマタマ
——共鳴(?)
——『ケロロ軍曹』1巻82ページ
(吉崎観音/角川書店 角川コミックス・エース)


定義重要度

同音反復・畳音法は、音をちりばめるレトリックです。つまり文の中に、くり返して何度も同じ音を登場させるものです。


効果

効果1「ことば遊び」に使われる

同じ音をワザと連続させることで、「ことば遊び」に使われることが多くあります。
:ことば遊び、言語遊戯、知的遊戯
効果2音調をととのえる

同じ音がくり返されるので、メロディーのような音の流れが作られます。これによって、音調のある表現をすることができるようになります。
:音調、歯切れ、調子、口調、語調、語勢、音律、節、節回し、声調
効果3連続する音の響きに、面白さがある

音が連続することそれ自体が、面白さを誘うことがあります。ことばが連続することによって、楽しいと感じることができるのです。
:おもしろい、楽しい、愉快、快い、快感、軽快、上機嫌、笑い、笑う、喜び、喜ぶ、感動、感じ入る、感慨、感心

使い方
使い方1「同音反復」は、日本語では作りやすい

同じ音(または似た音)をくり返すことで、「同音反復」となります。日本語には、この「畳音法」を作るパーツとなる同音異義語がたくさんあります。ですので「畳音法」は、日本語では作りやすいものだといえます。
使い方2意味とは関係なく、おなじ音をちりばめる

同じ音を持った単語などを、何回もくりかえされる。この時くり返される単語自体が持っている意味とは関係がない。これが「同音反復」です。「同音反復」は、同じ音を続けて何度もくり返すレトリックです。「すももも、ももも、もものうち」みたいなものが、この「同音反復」の代表例になります。




例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は『ケロロ軍曹』1巻から。

「ケロロ」と「タママ」は、地球を征服するためにやってきた(カエルのような格好をした)宇宙人。
彼らは、キモチを合わせるときに、
ゲロゲロゲロゲロ
ゲロゲロゲロゲロ
ゲロゲロゲロゲロ


タマタマタマタマ
タマタマタマタマ
タマタマタマタマ
と、「ゲロ」や「タマ」の音をならべて口に出すという習慣をもっているようです。

で、その「ゲロゲロゲロ…」や「タマタマタマ…」というところが「畳音法」にあたります。
「ゲロ」や「タマ」の音を、ふき出しに入りきらないほど並べています。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

——『七人のナナ』2巻4ページ(今川泰宏・国広あづさ/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)
主な人物紹介
鈴木ナナ オリジナル・ナナ
平凡な中学3年生女子。
料理が得意。
ナナさま 頭脳明晰、冷静沈着なナナ
人の中で唯1人頭がいい。
ナナぽん 妖しく色っぽいナナ
ナイスバディで、趣味は占い
ナナりん 泣き虫ナナ。読書が大好きで、
感受性が強く、涙もろい。
ナナっこ のんびりナナ
ほのぼのした心優しい癒し系。
魚のぬいぐるみ(ビリーちゃん)を
いつも抱いている
ナナっち イジワルなナナ
悪どい事も平気でやっちゃう
不良少女。
ナナっぺ ゴーカイなナナ
スポーツ万能、
怒ると怖い熱血少女。
——『七人のナナ』2巻4ページ
(今川泰宏・国広あづさ
/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)
2番目の引用は『七人のナナ』2巻から。なお、このタイトルは「しちにんのナナ」と読みます。

ナナの父さんが海外出張から帰ってきて、海外のお土産を買ってきてくれた。それは、水晶(クリスタル)だった。
で、その水晶を満月に光と当てると——。

なんと、ナナが7人に分裂してしまった。

で、その7人の「ナナ」。いちおう同じすがたをしているけれど、性格は7人とも違う。そのことを2巻の最初のページで紹介してくれているのが、引用した場面。
ナナ、ナナ、ナナ、(以下略)
というかんじで、「ナ」という音が、いろんなところに出てくる。その数、28個。しかも、ナナさまの紹介のところにある「7人」というのを「ななにん」と読むことにすると、プラス2つとなって、合計30個になります。



例文を見るその3例文を見る(末尾)

——『七人のナナ』1巻裏表紙(今川泰宏・国広あづさ/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)
ナナ分裂!?
不思議な水晶の力で
全然性格の違う人の鈴木ナナに!!
人になってパワー倍!
恋に受験に大騒ぎ!!
色受験コメディー♥


TVアニメとは一味違う
今川ワールドを堪能してね!
——『七人のナナ』1巻裏表紙
(今川泰宏・国広あづさ
/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)
もう一カ所、同じ『七人のナナ』で、もっと「同音反復」と言えるものを付け足しておきます。それは、『七人のナナ』1巻の裏表紙に書いてある文章です。

見ての通り、短い文章の中に「ナ」の音がいくつもあります。いちおう数えてみると、14個でした。こちらのほうが、上の例よりも「同音反復」に近いと思います。



レトリックを深く知る

深く知る2「畳音法」→「畳語法」→「畳句法」という順番で、大きくなる

この「畳音法」のタイプのレトリックは、「畳音法」→「畳語法」→「畳句法」という順番で、くり返す言葉が大きくなっていきます。




レトリックの呼び方

呼び方 同音反復・同音反復法・畳音・畳音法
呼び方 同音集中
呼び方 重複法


関連レトリック

反復法畳語法畳句法隔語句反復復言法類義累積回帰反復首句反復結句反復首尾語句反復前辞反復おうむ返し交差配語法トートロジー循環論法異義復言同綴同音異義類音語反復疑惑法

参考資料

●『日本語の文体・レトリック辞典』(中村明/東京堂出版)

「同音反復=畳音法」の例文がたくさんあるので、便利だと思います。
●『万葉修辞の研究〈山口正著作集 第一巻〉』(山口正/教育出版センター)

万葉集に記された和歌について書かれた本。万葉集のなかにある「同音反復」についても、ふれられています。

このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類