このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
逆説法 ぎゃくせつほう paradox
——『D・N・ANGEL』4巻51ページ(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)
瑪瑙 約束の日に
今度はやっと逢えた——…!
ずっとお礼が言いたかったの
…ありがとう…
小さな怪盗さん…]
じいちゃん …そうか
あの子はいったか…」
大助 じいちゃん …知ってたんだ」
じいちゃん ああ… あの美術品を
見つけた時からな
 ——中略——
内気で体の弱い子じゃった
あの子の時々笑う顔が
本当に好きでな
瑪瑙という名前以外は何も
知らんかったが
わしの稼業の為ではなく
瑪瑙の環を
彼女にあげたいと
思ったんじゃよ
そして渡した時
わしは自分の正体を
明かそうと決めておった
じゃがそれは まにあわなんだ
約束した日を待たずに
彼女は
逝ってしまったんじゃよ
わしはそのまま瑪瑙の環を
彼女の手元に置いて
それきりじゃった…
今日が
その「約束の日」だったんじゃ」
大助 だったら…!
じいちゃんが行ってあげれば
よかったんだよ!!
瑪瑙さんは
じいちゃんを待っていたんだよ」
じいちゃん あの子はな 14歳のわしを
ずーっと待っとったんじゃよ
今のわしは 知らんのじゃ
彼女の思い出の中の
14歳のわしを…
よいか大助
盗むだけが怪盗ではない
時には…
必要な人に夢を与える
それも怪盗の仕事なんじゃ
幸せにする嘘というのも
あるものなんじゃよ
——『D・N・ANGEL』4巻51ページ
(杉崎ゆきる/角川書店 あすかコミックス)


定義重要度

逆説法は、パッと見た目には非常識に思えるけれど、よく考えると理にかなっているというレトリックです。つまり、世間で一般的なことと、正面から反対のことを言うことによって、そういった別の考え方もできると思いなおすものです。


効果

効果1今までにはない、刺激的な表現ができる

いままでの経験からすると、起こらないだろうと思っていること。予想外にも、そのことが実際に起こったばあいには、刺激的な文となります。
:刺激的、興奮、エキサイト、意表に出る、思いがけない、思いもよらない、思いの外、期せずして、図らずも、予想外、意表外、衝撃的、ショック、打撃、痛感、反逆的、反抗、驚かす、はっとする、息をのむ、仰天、驚く、驚嘆、驚異
効果2一見すると常識を逆なでする、奇抜なものになる

常識を逆なでするような、一見すると非常識な言いかたになる。しかしよく見てみると、一里あると思わせるられる表現を作り出すことができます。
:常識を逆なでする、常識の裏をつく、非常識、唐突、急に、ふいに、突然、突如、挑戦的
効果3注意を向け、興味を持ってもらうようにする

刺激的な表現が使われる。それによって、受け手(聞き手・読み手)の興味をひくことができます。
:注意をひく、要注意、興味をひく、関心、不意をつく、不意打ち、抜き打ち

使い方
使い方1一見すると、食い違いがあって矛盾している

世間で一般的なことと、正面から反対のことを言う。一見すると、矛盾していると思わせることを伝えることなります。ですのでその発言は、表面的には矛盾していることになります。
:矛盾、食い違う、ずれ、齟齬、背反、相容れない、対立、張りあう、対抗
使い方2よく考えると、真実らしい表現になる

たしかに、見逃しがちな側面だけれども。よく考えると、理にかなった真理を含んでいる。なので、いままでとは違ったもののとらえ方をすることになります。
:見逃しがち、見損なう、見過ごす、看過する、奥深い、深い、深長、深奥、深遠、よく考えると、真実、正しい、本当、もっとも、合理、真理、筋道、ことわり、道理、理屈

注意

注意1あまりに奇抜だったり非常識だったりすると、受け入れられない

あまりに奇抜だったり非常識だったりすると、受け入れられないこともあります。「逆説法」を使うときには、相手側(聞き手・読み手)が最終的にはなっとくできるようなものであることが、必要です。
:奇矯、奇妙、珍奇、風変わり、型破り、目新しい、奇警、奇矯、奇をてらう、非常識
注意2奇抜さを失うと、マンネリ化しやすい

何度も「逆説法」を使うと、新鮮さを失って飽きられてしまう。そのため、マンネリ化しやすくなります。
:マンネリ化、マンネリズム、陳腐、常套、お決まり、古くさい



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『D・N・ANGEL』4巻から。

右に書いた文章は、44〜51ページからの引用という、長いものです。長く引用をするべきか短く書こうか迷いました。ですが結局、長い引用のほうを選択しました。これは、状況がつかめないと「逆説法」が使われているシーンが把握しづらいだろうという考えからです。

長く引用したのですが、さらに補足。

主人公は「丹羽大助」。

大助の家系は、怪盗を稼業としている一族。14歳になると、怪盗をはじめることになっている。今は、大助が怪盗をしている。
しかし、じいちゃんが14歳の頃には、じいちゃんが怪盗をやっていた。
そこで出会ったのが、瑪瑙という名前の子。
以下は、引用したとおりのストーリー展開になっています。

で、そのことについての、じいちゃんの意見が、
幸せにする嘘というのも
あるものなんじゃよ
というもの。ふつう「嘘」というのは、イケナイことです。「嘘はドロボウのはじまり」という言葉もあるし。なぜか私(サイト作成者)目のつくところにおいてある「六法」の刑法を見れば、「嘘」がいたるところで罪となっています。
  • 「嘘」のお金を作って使えば「通貨偽造」。
  • 「嘘」の文書を作って使えば「文書偽造」。
  • 「嘘」の印鑑を作って使えば「印章偽造」。
  • 「嘘」のことを言ってお金をだまし取れば「詐欺」。
…もう十分にくどいのでやめにします。言いたいのは、「嘘」は良くないことだというのが常識的な考えだということです。

ですが、ここに「幸せにする嘘もある」という言葉が投げ込まれる。すると、常識的には「良くない」ことだったはずの「嘘」が、「良いこと」の一面も持っていることになる。そして、その考え方にも一理あると思わせられる。これが「逆説法」です。



レトリックを深く知る

深く知る1「逆説法」についての説
まず最初に1つ、言葉の解説をしておきます。それは「通念」という言葉です。

これから先、ここのページの解説の中で、「通念」という言葉を連発します。この「通念」というのは、「一般的な考え方」「常識的な考え方」というような意味だと思って、読んでみて下さい。

また「逆説法」には、従来からの説と、新しい説とがあります。ですので、両方ともならべて書いておくことにします。

深く知るa従来からの説
従来からの説は、「対義結合」と「逆説法」とを、同じカテゴリーに入れる考え方です。これによれば、
  1. 一見したところ非常識な言葉だと思われるが、実際には真実にかなっている。
    (常識の裏をかいて意表をつくことにより、真実だと思われていたものを崩すことになる)

  2. 「対義結合」とは、「世間の暗黙の了解に対する違反」という点で同じ系列に属する。
    したがって、規模が大きくなるにつれて、
      「対義結合」→「矛盾語法・撞着語法」→「逆説法」
    という名前に進化していくと言える。

  3. 真実性が一般的に認められるようになると、それは「通念」となる。
ということになります。

このサイトでは、この説にしたがって「対義結合」と「矛盾語法・撞着語法」と「逆説法」について解説しています。

深く知るb新しい説
しかし、これに反対する新しい意見も登場しています。これによれば、
  1. 真実を言い当てていることは確かだが、それは一面的なものにすぎない。通念のほうも生き続ける。
    (常識の裏をかいて意表をつくことは確かだが、それは通念を崩すものではない)

  2. 「対義結合」は、見かけでは矛盾しているように見える。しかし実は、意味をニュアンスを変えて両立している。
    これに対して「逆説法」は、本来の意味のままで、真っ向から対立する。
    したがって、「逆説法」と「対義結合」は、異なる系列に属する。

  3. 一般的な考え方を否定するものであるが、けっして「逆説法」が「真実」に代わることはできない
    言いかたをかえれば、「逆説法」というものは「真実」があってはじめて成り立つものといえる
ということになります。

深く知る2「逆説法」と論証のかたち

この「逆説法」は、たいていのばあい論証抜きのかたちをとります。つまり、「大前提」→「小前提」→「結論」という論証をふむことのない、断定のものとなります。その意味で「三段論法」という言葉と対比するならば、「一段論法」ということになります。

そしてそれは、社会にある通念と比較するまでもなく、直感的に「逆説」だと分かるためです。そのために、たいていの場合には、論証がない「一段論法」で「逆説」を用いることができるのです。

このことから、言葉が通念とは、深く結びついていると言えるでしょう。

深く知る3「逆説法」と「ことわざ」との関係
「逆説法」が、たくさん使われているものとして。「ことわざ 」「成句」があげられます。たとえば、 たとえば、「急がばまわれ」「負けるが勝ち」といったものです。

「逆説法」の条件にあてはめてみると、
  1. 一見すると、世間一般の考え方に反していると思われる。
  2. けれども、よくよく考えてみると、そういった逆の考え方もできることがわかる。
といったかんじで。「逆説法」を使った「ことわざ 」は、数多くあります。




レトリックの呼び方

呼び方 逆説法・逆説
呼び方 パラドックス・パラドクス



別の意味で使われるとき

論理学・数学でのパラドックス

「逆説法」は、「パラドックス」とよばれることもあります。これは、この「逆説法」の英訳が「paradox」になっていることからも分かることです。

ですがふつう、「パラドックス」ということばと「逆説法」ということばとは、区別してつかいます。『新明解国語辞典』の説明によると、つぎのような分けかたをするそうです。
「パラドックス」 一見成り立つように思えるが言語表現などが、それ自体に矛盾した内容を含んでいて、論理的に成り立たないこと。またその種の判断。「わたしはうそしかつかない」という表現の類。
「逆説法」 表現の上では一見矛盾しているようだが、よくよくその真意を考えてみると、人情の機微や事の真相などを的確に指摘している説。例、「急がば回れ」など。
とのことです。
このように言葉を使い分けて区別するのが、一般的のようです。

そして、もちろんこのページで扱うのは、「パラドックス」のほうではなくて「逆説法」のほうです。上で「パラドックス」といっているのは、ふつう論理学とか数学で使われるものです。

なお、"paradox"の語源について書いておきます。
この言葉の語源はギリシャ語。前半の「パラ」は「〜に反する」という意味。後半の「ドクサ」は、「常識」「通念」といった意味。
なので、2つ合わせて「常識に反する」とか「通念に反する」といった意味になります。



関連レトリック

対義結合、異例結合

参考資料

●『修辞的思考—論理でとらえきれぬもの—(オピニオン叢書44)』(香西秀信/明治図書)

「新しい説」ととっているものについては、こちらをおすすめします。「第二話」が「逆説は通念に寄生する」というタイトルになっていることからも分かるように、「逆説法」が「真実」に代わることはできない、という立場をとっています。同じ者の『レトリック探究法(シリーズ〈日本語探究法〉7)』(柳澤浩哉・中村敦雄・香西秀信[共著]/朝倉書店)も参考のこと。
●『レトリック認識(講談社学術文庫 1043)』(佐藤信夫/講談社)

「従来の説」をとっているものについては、をおすすめします。「第5章」が「対義結合と逆説」というタイトルになっていることからも分かるように、「対義結合=逆説」という立場をとっています。『日本語のレトリック(講座 日本語の表現 5)』(中村明[編]/筑摩書房)の佐藤信夫氏の執筆部分も参照のこと。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類