このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
擬態語 ぎたいご onomatopoeia
——『フルーツバスケット』4巻191ページ(高屋奈月/白泉社 花とゆめCOMICS)
番外編
紫呉さん 紫呉さん
大変ですっ
私達のCDドラマ
なる物がでるそうです!!
その上
オリジナルなお話という事
ですが…
一体どのような
お話なので ありましょうか!?」
紫呉 はっはっはっ
僕には その内容が
目に見えるようだよ
透君……
それはもう…
若く ピチピチ モエモエ
女子高生達が たくさん
出てきてメロメロさっ」
天の声 全然違うよ 紫呉さん]
——『フルーツバスケット』4巻191ページ
(高屋奈月/白泉社 花とゆめCOMICS)


定義重要度

擬態語とは、「様子」や「心情」などを描写するレトリックです。音をたてないものを、音によって象徴的に表す言葉になります。言いかえると、この世の中で起こる色々な状態を、言葉にうつしたものです。


ここでは、「擬態語」についてだけ解説をしてあります。「擬態語」「擬音語」に共通することについては、「声喩・オノマトペ」をご参照ください。




効果

効果1「擬音語」よりも、さらに抽象的な表現になる

擬音語」でも、かなり抽象的なもの言いになります。ですが「擬態語」は、「擬音語」よりもさらに抽象的な言いまわしになります。これは、「擬音語」のような「音によるつながり」ながいぶんだけ、実物とコトバ(擬態語)とのあいだに、大きなへだたりがあるためです。
:抽象的、概念、観念、理念、心像、心象

使い方
使い方1——

くわしくは「声喩・オノマトペ」を、ご参照ください

注意

注意1——

くわしくは「声喩・オノマトペ」を、ご参照ください



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『フルーツバスケット』4巻から。

最初に「番外編」と書いてあるように、引用したところはストーリーの進行とは関係がありません。つまり、「CDドラマを買ってください」という趣旨で書かれているだけで、それ以上の意味はありません。ですので、ストーリーの説明は省略。

で、単刀直入に、使われている「擬態語」をみてみましょう。そのときに、『現代擬音語擬態語用法辞典』(飛田良文・浅田秀子[共著]/東京堂出版)を引用して使わせていただきます。この本は、
  • 「〜の様子を表す」と書いてあるものは「擬態語」
  • 「〜の音(声)を表す」と書いてあるものは「擬音語
と明らかな区分けがしてあるので、「擬音語」なのか「擬音語」なのか迷ったときに見てみると役立ちます。

では、まず1つ目。
ピチピチ
これをさっきの辞典で調べてみると、
主に若い女性や子どもが生気に満ちている様子を表す。
という意味だとのこと。そして、「〜の様子を表す」と書いてあるので「擬態語」になります。

しかし私は、この「ピチピチ」が若い男性に対して使われている例を知っています。それは『「すき。だからすき」』(CLAMP/角川書店 あすかコミックス)の1巻22ページ。えみちゃんの言葉です。 
だって——!
ここ 女子校だよ!?
右 向いても
左 向いても
女ばっか!
たまにいる男は
ご高齢な方々!
ここはひとつ
あたしらの心を
和ますためにも
ぴちぴちな男教師を…!!」
だけど、これは例外的なものでしょう。やはり、「若い女性や子ども」に対する形容として使われるのが普通だと思います。
CLAMPは『「すき。だからすき」』の中だけでも、「ぽややん」とか「ふわわん」とか、辞書に載っていない「擬態語」を使っています。ですのでこの「ぴちぴち」も、そういった「独特な擬態語」の中の1つだと考えるほうがいいでしょう。

で、2つ目。
モエモエ
これをさっきの辞典で調べてみると、
載っていません。
まあ、「萌え萌え」なんていう「擬態語」が辞典に載るようになるには、あと数十年かかりそう。
ですが、引用した『フルーツバスケット』4巻が発売されたのは、20世紀です。日本と帝政ロシアが戦争していた時代です。ソ連でもなければCISでもない。帝政ロシアが存在して、そこと日本が戦争していた時代。その時代に、「モエモエ」という言葉を使っているなんて、すごい(いちおう「萌え萌え」についてインターネット上で調べてみたところ、1990年〜1995年あたりから使われだした言葉のようです)。

で、とにかく辞典には載っていないけれど、これも「擬態語」と見ていいと思います。

最後に、3つ目。
メロメロ
これもさっきの辞書で調べてみると、
本来持っているべき機能をまったく喪失している様子を表す。
という意味だとのこと。そして、「〜の様子を表す」と書いてあるので、これも「擬態語」になります。

そんなわけで、紫呉が言っているのは3つとも「擬態語」に当たります。



レトリックを深く知る

深く知る1「畳音法」との関係
このページで引用したように、「擬態語」や「擬音語」は、おなじ音をくり返しています。「ピチピチ」、「モエモエ」、「メロメロ」と。

ですので、これを「畳音法」と見ることもできます。

深く知る2「擬態語」についての日本語の特徴

日本語には、この「擬態語」と「擬音語」がたくさんあることはよく知られています。そして日本語には、特に「擬態語」が非常に多いと言われています。

日本語の「擬態語」に見られる特徴としては、
  • 「擬態語」を全般的にみると、日本語には他の言語よりも「擬態語」が数多くある。

  • その中でも、「触覚」にかかわる「擬態語」(ネバネバ、ゴワゴワなど)が多い。

  • しかし日本語には、「味覚」「触覚」についての「擬態語」は少ない。
というような分析が、一般的です。

深く知る3「擬態語」の使用パターン
「擬態語」がどのような場合に使われるかについて。そのパターンは、『日本語解釈活用事典』(渡辺富美雄・村石昭三・加部佐助[共編著]/ぎょうせい)によると、次のようにまとめられています。つまり、
  1. 動物の動作……ピョンピョン跳ねる、ニコニコ集う
  2. 動物の様態……ガッチリ構える、ドッシリ座る
  3. 人間の感覚……ヒンヤリする、ピリッと辛い
  4. 感情・心理状態……ウキウキはずむ心、ムカムカする、
  5. 事象の状況・変化……キラキラ光る星、サラサラした砂地、ポッカリ浮がぶ雲、仕事がグングンはかどる
を5つがあげられています。




レトリックの呼び方

呼び方 擬態語・擬態


別の意味で使われるとき

昆虫の「擬態」

このページと昆虫の「擬態」とは、関係がありません。虫の擬態についてくわしいことは、「ウィキペディアにある「擬態」の項目」をご参照ください。



関連レトリック

声喩・オノマトペ擬音語

参考資料

●『言語学大辞典 第6巻術語編』(亀井孝・河野六郎・千野栄一[編著]/三省堂)

辞典の中で「擬音語」のほかに「擬態語」という項目が立っている、きわめて珍しい本。中国語や韓国語での「擬態語」についても述べられています。
●『日本語ヴィジュアル系——あたらしいにほんごのかきかた(角川oneテーマ21 B−116)』(秋月高太郎/角川書店

「擬態語」だけでなく「擬音語」にも当てはまることが書かれています。ですが、マンガの中の「擬態語」「擬音語」を扱っているので、参考になる図書としてあげてみました。



余談

余談1「萌え」についての記載がある辞典

さきほど、「モエモエ」が辞書に載っていないと書きました。

ですが、「萌え」という言葉が、サブカルチャーで使われる「萌え」の意味で掲載されている辞書があります。それは『デイリー新語辞典』(三省堂編修所[編]/三省堂)というもの。実際に調べたのは、インターネット上で検索できる「デイリー新語辞典+α」です。

ちょっと長いけれど、この辞書で「萌え」の部分をひいてみると、このように書いてあります。
  1. マンガ・アニメ・ゲームの少女キャラなどに、疑似恋愛的な好意を抱く様子。特に「おたく好み」の要素(猫耳・巫女(みこ)などの外見、ドジ・強気などの性格、幼馴染み・妹などの状況)への好意や、それを有するキャラクターへの好意をさす。対象への到達がかなわぬニュアンスもある。
    〔語源は、アニメ作品のヒロイン名とする説、「燃える」の誤変換とする説など、諸説ある〕

  2. 「1.」が転じて、単に何かが好きな様子。または何かに熱中している様子。
残念ながら「モエモエ」は載っていませんでした。ですが、上に書いた「萌え」の説明に近い意味の言葉でしょう。

いずれにしても、「萌え」という言葉は、すでに「新語」としての市民権を獲得していると言えます。

余談2サイト紹介

慶應サイコロジー・ソサエティー(KPS)様に、こちらのページを引用していただきました。

具体的には、
慶應サイコロジー・ソサエティー
            公式ウェブサイト
から入りまして、
◇発行物情報
  └既刊
    └Vol.13第3号(コミックマーケット68特別号1)
      └「萌え」の国語学(執筆:言語文化研究班)
へと進んで下さい。たしかに、当サイトが引用されています。
こちらに書かれている「萌え」と「声喩(オノマトペ)」とについての考察のほうが、当サイトのものよりも深いものになっています。「萌え」が気になる方は、そちらへ進んでみてください。

…っていうか、うちのサイトって、考察する対象に値しているのか?


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類