このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
同時的音喩 どうじてきおんゆ


定義重要度

同時的音喩は、「音喩」のうち、1つの表現に2つ以上の意味を持たせるレトリックです。



レトリックを深く知る

深く知る1「同時的音喩」に含まれるレトリック
この「同時的音喩」は、つぎのように分類されます。
洒落:同音または類音で意味の違うことばを組み合わせるレトリック
駄洒落:「掛詞」の原理を使って、無駄なことばを後ろにつけるレトリック
地口:「ことわざ」などの一部をかえてパロディをつくるレトリック
重義法:一つの表現から複数の意味が読みとれるレトリック
打ち返し:ことわざの一部を差し換えて、論理をひっくりかえすレトリック
語路合わせ:数字を覚えるときなどに、こじつけて言葉を当てはめるレトリック
くわしくは、それぞれの項目を参照して下さい。




レトリックの呼び方

呼び方 同時的音喩


関連レトリック

音喩継起的音喩、ことば遊び、洒落、駄洒落、地口重義法打ち返し語路合わせ早口ことばなぞかけダブルミーニング

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)

「音喩」というカテゴリは、野内良三氏によって作られたものです。なので、こちらの本を読むのが早道です。『レトリック入門—修辞と論証—』(野内良三/世界思想社)も、あわせて読むといいと思います。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類