このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
音喩 おんゆ ——


定義重要度

音喩とは、ことばの持つ「音」が同じだったり、似ていたりすることを利用したレトリックの総称です。



レトリックを深く知る

深く知る1「音喩」に関係のあるレトリック
音喩は、つぎの大きく2つに分類されます。
同時的音喩:1つの表現に2つ以上の意味を持たせるレトリック
継起的音喩:音の同じ言葉や音の似ている言葉を、くり返し使うレトリック
くわしくは、それぞれの項目を参照して下さい。

なお。
このサイトでは、「オノマトペ」と呼ばれるレトリックは「声喩・オノマトペ」の項目で扱っています。「オノマトペ」については、そちらをご覧ください。




レトリックの呼び方

呼び方 音喩
呼び方 音彩法


関連レトリック

同時的音喩継起的音喩声喩・オノマトペ

参考資料

●『日本語修辞辞典』(野内良三/国書刊行会)

「音喩」というカテゴリは、野内良三氏によって作られたものです。なので、こちらの本を読むのが早道です。『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)や『レトリック入門—修辞と論証—』(野内良三/世界思想社)も、あわせて読むといいと思います。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類