このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
あだ名・命名 あだな・めいめい nickname
——『みなみけ』1巻120〜121ページ(桜場こはる/講談社 ヤンマガKC)
マコト じゃあ次は
クラス全員のあだ名
つけてもらおうか」
シュウイチ え?」
ユカ それはやめたほうが
いいんじゃない?
チアキちゃんは
容赦なく急所を
えぐるような
ところがあるから」
チアキ おいっ
なんだそれは」
シュウイチ ならマコトが
真っ先につけて
もらいなよ」
マコト よしっ!来いっ! 」
チアキ マコちゃん
マコト 普通だ
ていうか
かわいくてはずかしい!
むしろそれが狙いか!?」
————『みなみけ』1巻120〜121ページ
(桜場こはる/講談社 ヤンマガKC)


定義重要度

あだ名は、多くの場合は親愛をもって(たまに悪意をもって)、その人の本名とは違う呼びかたをすることです。


効果

効果1あらためて考えると、あだ名となったものに似ている

あだ名を作る時、露骨にあだ名の対象を言いあてるようなものは、面白くありません。無意識のうちに印象的な対象へ名称を持ち出すものこそ、あだ名では肝心なことです。そのような力を持っているあだ名こそが、誰しもが使うあだ名になっていくのです。
:印象的、記憶に残る、印象深い、インパクトを与える
効果2「あだ名」は、対象になっている人のと「有縁性」がある

ここで言う「有縁性」とは、性格や特徴などと、「あだ名」が一致することが多いということです。言いかえると、「あだ名」というのは、その対象になっている人の「有縁性」がある、といえます。
:つながりのある、有縁性

使い方
使い方1特徴的な部分が利用される

外見などから、その人の特徴を導きだすといったことが、典型的なあだ名の作り方です。
:身体、性格、くせ、動作、衣服、所持品、言葉づかい、外見など

注意

注意1露骨なあだ名はよくない

あだ名は、あくまで「その人の人格を、そこはかとなく示すものものです」。したがって、露骨にその弱点やウイークポイントをあだ名として使うのは、好ましくありません。



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は、『みなみけ』1巻からです。

主人公は、3姉妹のハルカ・カナ・チアキ。そして、引用部分で登場するのは、チアキとそのクラスメイトです。

クラスメイト全員に、チアキからあだ名をつけてもらおう。クラスメイトのマコトが、そんなことを言いだす。そして、言い出しっぺということで、マコトが1番はじめにあだ名をつけてもらうことになった。

その結果マコトはチアキから、「マコちゃん」というあだ名をつけられることになる。この「マコちゃん」という呼びかたは、その後のストーリー展開に受け継がれていきます。だけれども、それは『みなみけ』を読んでもらうことにしましょう。



レトリックを深く知る

深く知る1作品に登場するキャラクターの命名
現実の世界では、本当の名前(実名)が、その人の特徴をとらえているということはありません。ただ、「あだ名」をつけるばあいに、その人の「ひととなり」がヒントになる。それだけです。

けれども、非現実世界では違います。たとえば、小説・ゲーム・映画・アニメなどの場合。登場するキャラクターの性格や人柄に、大きく影響を受けることがあります。

つまり作品世界では、実名が「あだ名」のように命名されたものなのです。

たとえば南家の三姉妹は、春香(ハルカ)・夏奈(カナ)・千秋(チアキ)です。しかしこのように、三姉妹がいてその三姉妹に「春→夏→秋」という名前がついている。これは、現実の世界ではあり得ないと言って差し支えないと思います。

しかし、非現実世界では異なります。
ですので、たとえば小説を書くときには、名前をつけるときにもセンスが問われることもあります。

たとえば、ネコには「スフィンクス」(『とある魔術の禁書目録』)とか。もしくは「シャミセン」(『涼宮ハルヒ〜』とか名づけるぐらいがちょうどいいのでないかと思います。

ですので、文章を書いたりマンガを書いたりする場合には、ネーミングのセンスも問われているといえるでしょう。


深く知る2「あだ名」と、ほかのレトリックとの関係


「あだ名」と「愛称語」との関係
愛称語」というレトリック用語のあります。そしてこれは、このページで解説している「あだ名」と共通する部分があります。

ですがこの2つには、大きく違っている部分があります。それは、悪意を含んだものがあるかどうかです。

愛称語」は、その名前の通り「愛称」です。つまり、プラスの効果しか持っていません。
これに対し「あだ名」は、必ずしもプラスの意味には限られません。つまり、悪意を持った「あだ名」というものもあります。

「あだ名」と「換称」との関係
あだ名は、換称から作られることもあります。「換称」というのは、「本当の名前のかわりに通称・あだ名で呼ぶ」、またはその逆に、「特定の人を呼ぶことばをつかって通称・あだ名とする」、というレトリックです。

くわしくは、「換称」のページをご覧ください。

「あだ名」と「換喩」との関係
そのあだ名は、どのように作られるのか。つまり、どのようなレトリックで「あだ名」をつけることが多いのか。

それを調べると、いちばん数が多いのは「換喩」です。

「あだ名」をつけようとしているヒトがもっている、性格とか特徴だとか。そういった「そのヒトとイメージが近い」ものを使う。そういった「換喩」によるレトリックが、いちばん多くなります。

「あだ名」と「隠喩」との関係
リサ —— あたしらは
1年2組の
オール阪神・巨人
て呼ばれてる
 《 小泉リサ 170cm
大谷敦士 156cm》
リサ —— 必要以上にデカい女と
必要以上に小っこい男が
同じ教室におったら
ハタから見ると
それは それは
おもろいらしくて
みんな事あるごとに
くっつけたがる
——『ラブ★コン』1巻10〜11ページ
(中原アヤ/集英社 マーガレットコミックス)
換喩」のつぎに、よく見かけるもの。それは「隠喩」です。ちょっと手のこんだ「あだ名」のばあい、たいてい「隠喩」からできあがったものです。

右の引用は、『ラブ★コン』1巻から。

主人公は、小泉リサ
そして、高校に入って知りあったのが大谷敦士。

この2人は、
オール阪神・巨人
て呼ばれてる
のです。なぜなら背の高さが、リサ・170cmで大谷・156cmというかんじだったから。

なお。この「あだ名」は、入学したときにつけられたものです。

この名づけかたを、たとえば「二重の提喩」でもって説明すると。

「小泉リサと大谷敦士」=たとえられるもの
抽象化の提喩




(2人がもっているいろいろな性質のうちで、ある抽象的な点に着目する)
 
「背の高さがデコボコ」
という点まで抽象化される
具体化の提喩




(「身長がデコボコだ」というカテゴリーに含まれる、具体的な個別例を考えてみる)
 
「オール阪神・巨人」=たとえるもの

というプロセスが成りたっています。ですので、2人の「あだ名」のつけかたは「隠喩」だといえるわけです。




レトリックの呼び方

呼び方 あだ名・命名


関連レトリック

愛称語名(下の名前)、指小辞、隠喩換称提喩

参考資料

●『レトリックの記号論(講談社学術文庫 1098)』(佐藤信夫/講談社)

あだ名について一番くわしく書かれていたのが、この本です。そして、このページを作るにあたって一番参考にした本でもあります。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類