このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
音位転換 おんいてんかん metathesis
——『桜蘭高校ホスト部』3巻17ページ
ハニー先輩 ハ〜ルちゃんっ
ひおしがり
する〜?」
ハルヒ 潮干狩りですか?
 (↑しおひがりセット)
でも時期じゃないし
引き潮でも…」
——『桜蘭高校ホスト部』3巻17ページ
(葉鳥ビスコ/白泉社 花とゆめCOMICS)


定義重要度

音位転換とは、1つの単語の中で、2つの音が互いに位置を取りかえるというものです。


効果

効果1言い間違いをあらわす

「音位転換」では、ルール破りの発音のしかたをすることになります。そのため、不注意による間違った発音であると受けとられることもあります。
:言い誤り、言い違える、言い損なう、言い誤る、言い間違い、不注意、無自覚、うっかり、不用意
効果2ことばの使い手が、子供であることをあらわす

子供はしばしば、「音位転換」に分類されるような言い間違いをすることがあります。これは、子供のうちはまだ、言葉を話すのに使われる部分の発達が完成していないためです。そのため、「音位転換」のような発音になってしまいがちということになるのです。このことから、「音位転換」を使って話している人は、幼い子供であることも多くあります。
:幼い、いとけない、幼少、幼稚、子供、子供じみた、児童、幼
効果3あせってしまっていて、ろれつが回らなくなっている

あせっているときに人は、話をきちんとすることができなくなります。ややこしい発音をする単語であれば、なおさらです。そんなときに、「音位転換」をおこすことがあります。
:あわてる、あわてふためく、おおあわて、うろたえる、取りみだす、狼狽、動じる、あせる、じれる、じらす、気をもむ、急く、傷心、焦燥、ろれつが回らない、不明確

使い方
使い方1単語の中の音を、お互い入れ替える

1つの単語の中にある、2つの音。その音どうしをお互い入れ替えるというのが、この「音位転換」です。
:入れ替え、替える、交替、取りかえ、チェンジ




例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は、『桜蘭高校ホスト部』3巻からです。

主人公は、藤岡ハルヒ(実は女の子)。ハルヒが入学した桜蘭高校は、金持ちの生徒ばかりの学校。その中でハルヒは、奨学優待生として入学した庶民の娘。

学校生活の中でハルヒ(実は女の子)は、ひとつの部活動に遭遇する。美男子(計6名)がホストとして営業しているという部(くらぶ)。本のタイトルにもなっている、「桜蘭高校ホスト部」というヤツ。

ここ「ホスト部」でハルヒは、部室内のツボ(800万円相当)を、不注意で割ってしまう。そして、このことが口実となって、ハルヒ(実は女の子)は強制的に「ホスト部」のメンバーに加わることになってしまった。実は女の子なのにもかかわらず、ホスト部に。まあホスト部のメンバーは、ハルヒが女の子とそれを知った上で、ホスト部のメンバーに加えたのだけれども。

そんな「ホスト部」メンバーと一緒に、海水浴に訪れたのが、今回のシーンです。
埴之塚先輩こと「ハニー先輩」が、ハルヒに向かって声を掛けています。いわく、
ハニー先輩 ハ〜ルちゃんっ
ひおしがり
する〜?」
とのこと。ここで、「音位転倒」が登場します。

念のため確認しておくと、「がり」は間違いです。「がり(潮干狩り)」が正解です。「潮干狩り」というのは、海が「潮干」のときに貝をとる(狩る)ものです。なので、「潮干(しおひ)」でなければなりません。

ですが、ここでハニー先輩は「がり」と言い間違えてしいます。

ハニー先輩が「ホスト部」のなかでも、「ショタ」っぽい。部長からは「ショタ女向けのロリ系」と言われている(2巻90ページ)。つまりハニー先輩は、子供っぽいキャラクター。そんなキャラクターだからこそ、「音位転換」を使ってしまうわけです。

つまり、ハニー先輩の子供っぽさを強調したい。そのために、「がり」という「音字転換」を使ったというわけです。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

——『探偵オペラ ミルキィホームズ』1巻50ページ([漫画]水島空彦・[シナリオ]子安秀昭/角川書店 角川コミックス・エース)
シャロ&ネロ エリーさんが
・ ・ ・ ・ ・
さわられた !?
コーデリア ち 違うわよっ
さわられたじゃなくて
さらわれた
ネロ さわられた?」
コーデリア さ ら わ れ た!!」
——『探偵オペラ ミルキィホームズ』1巻50ページ
([漫画]水島空彦・[シナリオ]子安秀昭
/角川書店 角川コミックス・エース)
すぐ右に引用した画像は、『探偵オペラ ミルキィホームズ』1巻から。

タイトルにもあった「ミルキィホームズ」。これは、探偵をしている4人のグループのグループ名です。

その「ミルキィホームズ」のメンバーは、
  • シャロ
  • ネロ
  • エリー
  • コーデリア
の4人、となっています。

それでは、問題となっているシーンをみてみることにしましょう。

コーデリアが、シャロとネロのところにやってくる。コーデリアは、ひどくあわてていう様子。

そしてコーデリアは、2人に言う
エリーさんが
さわられた
と。

コーデリアが本当に言いたかったのは、
エリーさんが
さらわれた
のはず。正しく言えば、「らわ」となるはずだった。けれども、「わら」になっています。つまり、「」と「」が「音位転換」をおこしているというわけです。



レトリックを深く知る

深く知る1その他の「音位転換」の例

日本語に見られる「音位転換」の例を、いくつか挙げておきます。

1.「音位転倒」したのものが一般的とされるもの。
  • あきばはら(秋葉原・地名) → あきはばら

  • あらたし(新たし) → あたらし
    ※副詞の時には「あらたに(新たに)」という順番が残っている
2.「音位転倒」するのものが一般的とされるもの。
  • ふんいき(雰囲気) → ふいんき

  • したつづみ(舌つづみ) → したづつみ
といったあたりが、メジャーな「音位転換」だと思います。


深く知る2「スプーナリズム」との違い

「スプーナリズム」も、「音位転換」と同じように音が入れかわるレトリックです。

ですが「スプーナリズム」のほうは、単語の範囲を越えて音の交換が起きることを言います。たとえば、「旅のかき捨て」のようなものを「スプーナリズム」といいます。

これに対して「音位転換」のほうは、あくまで1つの単語の中で音の交換が起こることを指します。たとえば、「ちゃがま(茶釜)」のことを「ちゃ」は「音位転換」にあたります。


深く知る3「音位転倒」の細かな分類

このページで解説している、「音位転倒」というレトリック用語。これを、さらに詳しく分類する立場もあります。

たとえば、『一般修辞学』(グループμ[著]、佐々木健一・樋口桂子[共訳]/大修館書店)では、
  • 離隔転倒 : 隣接していない2音が、入れ替わる場合

  • 隣接転倒 : 隣接している2音が、入れ替わる場合
と区別されています。その上で、この2つのレトリック用語を合わせたものが「音位転倒(=音位転換)」とされています。

例えば、このページのさいしょにある例文、「ひおしがり」の場合を考えてみる。するとこれは、「離隔転倒」だということになります。
なぜなら、「し」と「ひ」という、離れた2つの音を交換しているからです。

これに対して、もうひとつの例文「さわられた」について見てみる。そうすると、これは、「隣接転倒」です。
「わ」と「ら」という、隣りあった音が入れかえられているからです。




レトリックの呼び方

呼び方 音位転換
呼び方 音位転倒
呼び方 音字換置・音位変換・字位転換


関連レトリック

幼児語、スプーナリズム、音字添加、音字削減、錯字・音字換入


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類