このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
過小誇張法 かしょうこちょうほう meiosis
——『鋼の錬金術師』3巻12ページ(荒川弘/スクウェア・エニックス ガンガンコミックス)
エド こっち
アームストロング少佐」
ピナコ ピナコ・ロックベルだよ」
ピナコ しかし
しばらく 見ないうちに…
エドは
ちっさくなったねぇ」
(対比物→アームストロング少佐)
エド だれが ちっさいって!?
このミニマムばば!!
ピナコ 言ったね
ドちび!!
エド 豆つぶばば!!
ピナコ マイクロちび!!
エド ミジンコばば!!
——『鋼の錬金術師』3巻12ページ
(荒川弘/スクウェア・エニックス ガンガンコミックス)


定義重要度

過小誇張法は、 つまり、事実や認識を小さい方向に誇張する「誇張法」の一種です。言いかえれば、「後向き」もしくは「下向き」に減少させてあらわす誇張法です。


効果

効果1「誇張」の効果

「過小誇張法」によって、モノゴトが小さいことを強調することがあります。このレトリックが「過少『誇張法』」という名前だという事からも、だいたい察しはつくのですが。
:誇張、強まる、強める、強化、増強、補強




例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『鋼の錬金術師』3巻から。

「エドワード・エルリック」こと「エド」は、鋼の義肢である「機械鎧(オートメイル)」を身につけていた。

しかし戦いの中で、鋼の義肢である「機械鎧(オートメイル)」を壊してしまった。これを直すために、整備師をしているピナコたちの元に訪れたエドワード(エド)とアルフォンス(アル)の兄弟。

しかし、ピナコに「ちっさくなったねぇ」と言われ、エドが怒る。それを受けて、ピナコも反撃する。その口論が、引用した場面です。
  • このミニマムばば!!
  • ドちび!!
  • 豆つぶばば!!
  • マイクロちび!!
  • ミジンコばば!!
と、背が低いことについて、あまり建設的ではない争論がおこっています。

しかし、「豆つぶ」と同じ大きさの人間がいるはずがありません。「ミジンコ」と同じ大きさの人間がいるはずもありません。これは、「小さい」ということを極端にして表現しているものです。この点が「過小誇張法」にあたります。


 【おまけ】

なおエドは、「ちっこいの」みたな背の低いことを言われると、凶暴化するようです。例えば、
「アル」が錬金術師と間違えられた場面。
「エド」のほうが鋼の錬金術師だと言うと…
町の人 あっちの ちっこいの?」
エド 誰が
豆つぶ
ドちびか——ッ!!

(がっしゃーっ)
↑食卓をひっくりかえす音
町の人 そこまで
言ってねえー!」
(1巻15ページ)
列車で人質になって、銃を向けられたエド
犯人 こんな おチビさんを撃つのは
気がひけるが……」
エド だぁれぇがぁ
ミジンコどチビ
か——!!!

(ボコ ベコ ドカ)
↑犯人を殴っている音
(1巻150〜151ページ)
と、1巻だけでもこれだけあります。このマンガでエドは、お約束みたいに「ちっこい」と言われて激怒します。



レトリックを深く知る

深く知る1ことわざの中にある「過小誇張法」
「蚊の泣くような声」とか「猫の額ほどの土地」のように、定式化した表現もみられます。


深く知る2「過小誇張法」と「過大誇張法」との関係

世の中には「大きい」と「小さい」という尺度では表せないものもあります。そのため、この「過小誇張法」と「過大誇張法」とは、原理的には同じものといえます。

たしかに、上で引用した「背が低い」というのは、わりと「過小誇張法」になじみやすいものです。しかし、「過大誇張法」なのか「過小誇張法」なのか、区別ができない例も多くあります。

また実際には、「過小誇張法」が使われることは少なく、圧倒的に「過大誇張法」のほうが多く登場します。

そのため。「誇張法」とだけ書いてあるばあいには、「過大誇張法」を示しているのが一般的です。





レトリックの呼び方

呼び方 過小誇張法
呼び方 縮小叙法


関連レトリック

誇張法過大誇張法、無理誇張、過精密、誇大語調、緩叙法(広義の)虚言、極言、印象強調、過小言辞、類義区別感嘆法

参考資料

●特になし

特になし

このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類