このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
マラプロピズム まらぷろぴずむ malapropism
——『七人のナナ』1巻142〜143ページ(今川泰宏・国広あづさ/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)
期末テスト
日本史
生活指導 では
テスト始め——」
——ここ8コマ飛ばします——
ナナ えっおォ
日本にキリスト教を
伝えたのは…
サンフランシスコ=ザビエル
カンターン」
クラス一同 違————う」
(手が勝手に……)
——『七人のナナ』1巻142〜143ページ
(今川泰宏・国広あづさ
/秋田書店 少年チャンピオン・コミックス)


定義重要度

マラプロピズムは、音の似たことばの言い間違いをする、というレトリックです。


効果

効果1ユーモアな感じを伝えたり、滑稽さを出す

「マラプロピズム」は、(ワザとであるにしても、本気で間違えたのであるにしても)誤りであることを言うものです。そのため笑いを誘う、おもしろいものができあがります。
:滑稽、下らない、ナンセンス、バカらしい、おもしろい、おかしい、楽しい、愉快、わくわく、おもしろい、ユーモア、冗句、洒落、駄洒落
効果2無知や生かじりをあらわす

「マラプロピズム」の使い手は、ことばを知ったかぶりをして使うことに原因があります。ですので、無知や学の衒いを表すことになります。
:無知、浅学、浅はか、生かじり、生半可、半可通、無学、無教養、学の衒い、衒学、無教養、空いばり、生かじり、気取り、気取る

使い方
使い方1発音が似ているので言いまちがえる

もともとの単語がもっていた音に近い、それでいて意味がまったく離れている単語を使う。それが「マラプロピズム」です。
使い方2語の形が似ているので言いまちがえる

それほど多くはありませんが、語のカタチが似ていることで取り違える。これも「マラプロピズム」に含まれます
使い方3わざと言いまちがえる

人を楽しませたり、笑わせたりする。そういった、積極的に「言いまちがい」をするばあいも、「マラプロピズム」にあたります。




例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『七人のナナ』1巻から。

ナナが七人いるとか、そういう部分は「誤用語法」を関係ないので省略します。気になる人は、「同音集中」で人物紹介をしていますので、そちらのほうも見てみるといいでしょう。

で、そういうのはさておいて。
期末試験。日本史のテストを受けている、ナナたち。

しかし、テストを監督しているはずの「生活指導」が(たぶんヒマで)眠ってしまった。それをいいことに、テストの答えを、ナナがクラス中に聞こえる声で言う。いわく、
えっおォ
日本にキリスト教を伝えたのは…
サンフランシスコ=ザビエル
カンターン」
とのこと。
ナナが大声で言っているこの答え、間違っています。

念のため書いておくと、正しい答えは、
フランシスコ=ザビエル
です。決して、
サンフランシスコ=ザビエル
ではありません。

「誤用語法」といえるのは、「フランシスコ=ザビエル」ではなく「サンフランシスコ=ザビエル」と言っているところ。この部分を「誤用語法」としておきます。これは、「書き手や話し手が混同して、【本当に】言い間違いをする場合」の方に当てはまるでしょう。




レトリックの呼び方

呼び方 マラプロピズム
呼び方 誤用語法


関連レトリック

字装法添義法外国語混用濫喩人工言語同語回避

参考資料

●『シェイクスピアのことば遊び』(梅田倍男/英宝社)

シェイクスピアの作品に出てくる「マラプロピズム」について、かなりくわしく書いてあります。これだけの分量をそなえている本は、ほかには見当たりません。



余談

余談1「ザビエル」について——その1


「ザビエル」について勉強をしておくと、次のようになります。
「ザビエル」こと、本名「フランシスコ=ザビエル」は、スペイン出身。イエズス会に入り、東方にキリスト教を伝道する。途中にインド、次いでマラッカでキリスト教を伝道したあと、1549年に鹿児島に到着。領主の島津貴久の許可を得て布教。のちに山口で領主の大内義隆、豊後では領主の大友義鎮の許可を得て布教を行う。しかし、日本の文化にキリスト教を広げるためには、まず中国でキリスト教を広めなければならないと考え、中国に入ろうとする。しかし広州の付近で1552年に病没。
と、『日本史B用語集』(全国歴史教育研究協議会[編]/山川出版社)を参考に書いてみました。

わが家には、こんな大学受験の参考書まで保存してある。ほかに『世界史B用語集』や『倫理用語集』とかも、今でも持っている。わりと便利ですよ。こういう知らなくてもいいようなことを書く時には。

余談 2「ザビエル」について——その2

これより下では、さらに無駄な知識をあなたに。

実は。
サンフランシスコ=ザビエル」は正しい
のです。「フランシスコ=ザビエル」でなくて、「サンフランシスコザビエル」でも、正解なのです。

なぜかというと、以下に書くようなことが言えるからです。
  1. まず、ザビエルの出身はスペインなので、ザビエルの本名をスペイン語(英語?フランス語?)にしてみる。
    すると[Francisco de Xavier]となる。
      ↓
  2. でもザビエルは、キリスト教を東方に伝道した偉い人。
    なので、「聖」という意味で「St.」という称号が付くことがある。
    これは、「Luke(ルカ)」を「St. Luke(聖ルカ)」と言ったり、
    もしくは「John(ヨハネ)」を「St. John(聖ヨハネ)」とか言うのと同じです。
    で、「ザビエル」のばあいには、[St. Francisco de Xavier]と呼ぶことになる。
      ↓
  3. この[St. Francisco de Xavier]をカタカナ読みに直してみると…。
      ↓
  4. あら不思議、「サンフランシスコ=ザビエル」になってしまいました(「St.」は「サン」とも読みます)。
      ↓
  5. だから、「聖フランシスコ=ザビエル」「サンフランシスコ=ザビエル」「フランシスコ=ザビエル」は、
    みんな同一人物。
    したがって、どれを書いても正解となる。
というわけです。だから正確に言うと、「ナナ」の解答は[○正解]となるのです。ですが、クラス一同が「違————う」と言っている。だから、いちおう「マラプロピズム(誤用語法)」に分類しておきます。

まあ、さすがに
「本人は正解と思っているが、周囲は間違っていると思っていたけれど、本当は本人の言っていることが正しい」
という、意味不明なレトリック用語までは用意されていないみたいですし。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類