このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
緩叙法(一重否定) かんじょほう(いちじゅうひてい) litotes
——『涼宮ハルヒの憂鬱』3巻83ページ(谷川流[原作]・ツガノガク[漫画]/角川書店 角川コミックス・エース)
みくる あ…あの
どうでしょうか…?」
キョン 悪かろうはずが
ありません
——『涼宮ハルヒの憂鬱』3巻83ページ
(谷川流[原作]・ツガノガク[漫画]
/角川書店 角川コミックス・エース)


定義重要度

緩叙法(一重否定)は、手前に出てきた否定的な文を、さらに否定するものです。


効果

効果1「否定的なコトバを否定する」ことによって、受け手に訴える

前に出てきた否定的なフレーズを、否定する。このことによって、かえって強調する。これが緩叙法(一重否定)です。
:強い、強力、力強い、強み、強調、(受け手に)訴える、(意味を)強める、強化、増強、盛り上げる、盛りあがる
効果2遠回しにすることによって、婉曲的・間接的な表現にする

 
否定の意味を持ったことばを、さらに否定する。これは、遠回しにした表現だと言えます。ですので、間接的な表現をとりながら、実際には強めの表現になることもあります。
:やわらげる、緩む、緩める、和らぐ、緩和、クッション、ほぐれる、なごむ、含みのある、含む、それとなく、暗に、こっそり、こっそりと、ぼかす、ぼける、ほかし、ぼやかす、ぼやける、くねらせる、くねくね、うねうね  :「婉曲語法
効果3使い手が横柄で尊大だということをあらわす

 
持って回ったコトバづかいをすることによって、緩叙法を使う。それが時として、えらぶっているという表現となることもあります。
:高慢、尊大、傲慢、驕慢、傲然、傲岸、不遜、居丈高、高姿勢、高飛車、威圧的、高圧的、生意気、もったいぶる、思わせぶり

使い方
使い方1「否定の否定」をする

 
緩叙法(一重否定)を使いたい。その時には、「否定されたことを、さらに否定する」という手順をふむことになります。その手順は、遠回しで婉曲な表現となります。緩叙法(一重否定)には、「強める」効果と「遠回しにする」効果の2つがあります。ですが、「否定を否定する」という手順には変わりありません。
:遠回し、婉曲、回りくどい、持って回った、ねちねち、くだくだ、間接性、遠い、縁遠い、迂回性、迂回

注意

注意1一重否定は、受け手に負担をかける

上にも書いたように緩叙法(一重否定)では、語や文がからみ合って登場します。そのため受け手(読み手・聞い手)に、負担をかけることになります。ですので、それほど多く使うことは見合わせておいたほうが無難です。



例文を見るその1例文を見る(末尾)

引用は、『涼宮ハルヒの憂鬱』3巻から。

ここでの登場人物は、2人。みくると、主人公のキョン。
2人は、SOS団(という同好会)に、無理矢理に入団させられていた。

(なお、SOS団とはなにか、については省いておきます。涼宮ハルヒといった存在あるかも、本のタイトルにキッチリ『涼宮ハルヒ』と書いてありますが、省略します)

ある日のこと。キョンはみくるから「今度の日曜日… 一緒に買い物生きませんか…?」と誘われる。そんなわけでキョンは、みくると日曜日に集合することになった。

みくるのお目当ては、ブティック。試着する、みくる。そして、いちばん上に書いた引用です。

キョンの感想。
悪かろうはずが
ありません
とのこと。

この文をよく見てみると、
かろうはずが
ありません
となります。

まずはじめに、「悪い」ということば出てくる。これは、いうまでもなく「否定的なことを示す単語」です。この単語をさらに、「ありません」ということばによって、否定します。この結果、「良い」ということが強調されることになります。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

空太 あんたは
ほんとに聖職者か!?
聖職者としての
自覚を持て!!」
千石先生 聖職者の自覚?
そんなの
父親の睾丸の中に
忘れてきたわよ」
空太 うわぁ…)
女の人が睾丸って言うの
はじめて聞きました」
さすが三十路は
違いますね」
千石先生 ピキッ)
誰が三十路ですって~!?
私はまだ
29歳と15か月よ!!
——『さくら荘のペットな彼女』1巻65~66ページ
([原作]鴨志田一
・[作画]草野ほうき・[キャラクターデザイン]溝口ケージ
(アスキー・メディアワークス 電撃コミックス)
次の例は、『さくら荘のペットな彼女』1巻から。

これは、学生寮の「さくら荘」をめぐってのお話。

主人公の空太(そらた)は、「さくら荘」の住人。そして、いま「さくら荘」に来ているのが千石先生。美術教師。

ここで千石先生は空太に、とてつもなく困った相談をもちかけてくる。いや、「相談」ではない。「渡す物がある」と、持ってきた写真を空太に見せる。そして、写真の人物とは「駅に6時に駅で待ち合わせをしているので、迎えに行って」と言われる。これは、どちらかというと「命令」に近いと思う。

そして、この「命令」を受ける受けないということで言いあいになっている。

売り言葉に買い言葉で、空太は「(先生も)三十路だ」というセリフを吐く。

たしかに千石先生も、人間なので年をとる。だけれども、29歳になったあとで誕生日を迎えると、30歳になるはずです。

ところが千石先生は、自分はまだ「29歳と15か月」だと主張している。そして、そのことを理由に「まだ三十路ではない」と言っています。

ここにある
誰が三十路ですって~!?
というところが、「緩叙法(一重否定)」になります。

この文を、分かりやすくしてみると、
三十路であるはずが
ありません
となります。

まずはじめに、「三十路」ということば出てくる。これは、会話の成りゆきから考えて、「否定的なことを示す単語」だといえます。この単語をさらに、「ありません」ということばによって、否定します。この結果、「30歳にはなっていない」という(無理のある)主張が強調されることになります。

ですので、「緩叙法(一重否定)」になります。



レトリックを深く知る

深く知る1緩叙法の分類

緩叙法とは、弱めの表現を使うことによって、逆に強める意味をもともののことをいいます。ですので、「ひと目見たばあいは、意味をやわらげる」。でも「実際には、ことばを強める効果を持つ」という2つの条件をみたしているのが、緩叙法です。

で。具体的に「緩叙法」に含まれるパターンがあるか。それをあらわしたのが、下の図となります。

 


否定を用いる

└ 
一重否定(悲しくはない→うれしい)
 緩叙法  二重否定(うれしくないわけではない→うれしい)
 

選択(好意を持っています)
  否定を用いない 付加(少し酔っぱらった)
      指小辞(小鳥の「こ」)
『レトリックの知—意味のアルケオロジーを求めて—』(瀬戸賢一/新曜社)より

この図を見ることによって、「緩叙法」全体が見えてくるのではないかと思います。

このページのタイトルは「緩叙法(一重否定)」です。なので、上に表では、一番上にある「否定を用いる」のなかの「一重否定」にあたります。




レトリックの呼び方

呼び方 緩叙法(一重否定)
呼び方 反対否定


関連レトリック

緩叙法(広義の)緩叙法(二重否定)緩叙法(選択)緩叙法(付加)、指小辞、古語法婉曲語法

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)

ある程度の長さをもった説明が、されている本としてあげておきます。ほかに、同じ者の本として『日本語修辞辞典』(野内良三/国書刊行会)などもあります。
●『大学生のためのレトリック入門』(速水博司/蒼丘書林)

とりあえず、無難な本。とりわけ目をひく内容ではない。でも、基本となることがらを、ていねいにまとめてあります。



余談

余談1「涼宮ハルヒ」とは何者か

「涼宮ハルヒ」という人については、少しだけ「論議拒絶」の項目に書いてあります。
余談1千石先生は、太陰暦でも「15か月目」にはならない。

もしかしたら太陰暦には、閏月があるので29歳15か月もあるではないか。そう思ってしらべた。でもよく考えたら、太陰暦では「数え年」だから、元日に年齢が増えるんだった。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類