このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
緩叙法(広義の) かんじょほう litotes
——『闇の末裔』3巻60ページ(松下容子/白泉社 花とゆめCOMICS)
都筑 ゲームは何にいたしませう
ドクター」
邑輝 ではポーカーで。
ねえ都筑さん
私と勝負しませんか?
チップではなく
何か別の物を賭けて…
その方がスリルが あるでしょ?」
都筑 何を?」
邑輝 そうですね たとえば…
とか。」
都筑 なに考えてんだ
テメエはああ!!!」
(なんてなんてなんて破廉恥なッ)
邑輝 たかがゲームじゃ
ありませんか
それとも私に負けるのが
こわいんですか 都筑さん?」
都筑 うッ…
い…嫌な予感が)
あっ…の…
もしも… 俺が負けたら?」
邑輝 決まってるでしょ?
あーんなことや
こーんなことや
とても商業誌では
見せられないような
辱めをッッ!!
クックックッ
ぜぇーんぶ試してあげましょうね
四十八手。)
都筑 やっぱりィ——っっ
ぞくぞくぞくッ)
——『闇の末裔』3巻60ページ
(松下容子/白泉社 花とゆめCOMICS)


定義重要度

緩叙法(広義の)は、見せかけだけ、弱めた表現するレトリックです。
たしかに、表面上は「ひかえめ」なカタチをとっている。でも、それは見せかけだけのもの。本心は、大げさな表現よりかえって強調を狙っている。そういったレトリックです。


効果

効果1露骨にいうよりも、意味深長

ものごとを露骨に言うのを避けることで、より深いメッセージを送ることができます。
:露骨を避ける、暗に、それとなく、ひかえめ、乏しい、薄い、手薄、ひかえる、手控える、差し控える、意味深長
効果2遠回しに表現することで、皮肉・諧謔を盛りこむ

遠回しに伝える、という「緩叙法」の特徴を利用する。そのことで、ふつうは言えないような皮肉や諧謔を表現することができます。
:皮肉、皮肉る、あげ足、当てつけ、当てつける、アイロニー、諷する、諷刺、諧謔、おどけ、ユーモア、ジョーク
効果3ものごとを遠回しに言うことで、つつしみ深く品格を保つ

「緩叙法」では、ものごとを遠回しに言うことになります。そこから、つつしみ深く品格を保つようなフレーズを作ることができます
:品格、品、気品、上品、つつしみ深い、つつしむ、自制、ひかえる、深長、用心深い
効果4クールで冷静な感じをだす

「緩叙法」を使うと、一歩離れたハタからの視線を持つことになります。そのため、ものごとに冷静・沈着な様子を表します。
:クール、冷静さ、沈着、平静

使い方
使い方1ストレートに言わずに、間接的な表現をする

ストレートに言わずに、間接的な表現をする。「緩叙法」を使うばあいの、基本的な手法です。
:間接、遠い、間接性、遠回し、婉曲、持って回った
使い方2見せかけだけ弱めることで、かえって強調する

みせかけだけ弱めることで、単なる肯定よりもっと強調をすることができます。
:みせかけ、うわべ、表面、おもてむき、外面、うわっつら、外見、外観、印象、焼きつける、インパクト

注意

注意1あざとく利用されることがある

「緩叙法」は、表面上のことばと真意とが正しくつながっていません。そこをついて、二枚舌のような言い回しを悪用するおそれがあります。
:あざとい、さかしい、こざかしい、小利口
注意2キザっぽい・イヤミな表現になりやすい

「緩叙法」を使いすぎると、キザっぽくなったり、イヤミになったりします。
:キザっぽい、横柄、尊大、高慢、イヤミっぽい、いちゃもん、苦情、論難



例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『闇の末裔』3巻から。

主人公は、「都筑」。

「都筑」は、十王庁の中の閻魔庁で「死神」の仕事をしている。この世界では、死んだ人は十王庁へ送られることになっている。

しかし最近、香港で「死んだはずの人が十王庁に来ないで行方不明になる」という事態が起こっている。そこで、「死神」である都筑が原因究明のために動き出した。

どうも「華京院グループの豪華客船が怪しい」ということで、都筑はその客船に乗りこんだ。そこで、邑輝という男と再会する。その邑輝と都筑とのあいだの会話が引用のシーン(59〜60ページ)。長い引用になってしまいましたが、ポイントは、
あーんなことや
こーんなことや
とても商業誌では
見せられないような
辱めをッッ!!
という部分。「あーんなこと」とか「こーんなこと」とか「とても商業誌では見せられないような辱め」とかが、具体的には何を意味しているのかは言ってはいません。ですが、この言葉がなにを意味するのかは、言うまでもないことです。まあ要するに、邑輝が都筑を狙っているわけです。

確かに、邑輝は具体的なことは言っていません。けれども遠回しに言うことによって、かえって強調の効果が出ています。ですのでこれは「緩叙法」に分類されます。

付け加えると。「言うまでもないこと」として言い逃れをするために、引用が長くなったともいえます。私(サイト作成者)は、「公然わいせつ」(刑法174条)や「わいせつ物頒布等」(刑法175条)で逮捕されたくはありません。ですので、作者にならって私も、具体的なことは書かないでおきます。

なお、細かい分類をしておけば、 と思います。



レトリックを深く知る

深く知る1「緩叙法」と「迂言法」「誇張法」との関係
ほんとうのところ「緩叙法」の定義は、レトリック研究家によって一致していません。「婉曲語法」やら「過小誇張法」やらを巻きこんで、なにやら大論争になっております。

そういった困った状況なのですが。このサイトでは、つぎのように定義しておきます。

つまり、
(手段) 迂言法の性質 : 遠回しに言うことになる
←遠回しに言わない「過小誇張法」とは、違うもの
(効果) 誇張法の性質 : 表現を強調することになる
←表現を強調しない「婉曲語法」とは、違うもの
という2つの性質を持っているものを、「緩叙法」としておきます。

深く知る2「緩叙法」と「婉曲語法」との関係

「緩叙法」は、「婉曲語法」と形の上では同じものになってしまいます。「緩叙法」と「婉曲語法」はどちらも、表現それじたいは現実よりも「弱く」「小さく」示されているからです。

しかし、そのことばによって伝えようとしていることは、まったく逆です。「緩叙法」は、ほんとうは強調をねらったものです。しかし「婉曲語法」は、ことばどおりに弱くすることを意図したものです。このように「緩叙法」と「婉曲語法」は、送ろうとしているメッセージが正反対なのです。

ですので読み手(聞き手)は、それが「緩叙法」なのか、それとも「婉曲語法」なのか、それをしっかりと見極める必要があります。

深く知る3「緩叙法(広義の)」の下位区分
このサイトでは、「緩叙法(広義の)」を、次のように分類しました。この分類は、『レトリックの知—意味のアルケオロジーを求めて—』(瀬戸賢一/新曜社)によるものです。
○否定を用いるもの
 ・一重否定(悲しくはない、など)
 ・二重否定(うれしくないわけではない、など) 

○否定を用いないもの
 ・選択(好意をもっています、など)
 ・付加(少し酔っぱらった、など)
 ・指小辞(こ鳥の「こ」、など)
くわしくは、それぞれの項目を参照して下さい。

深く知る4「緩叙法」と「曲言法」との関係

「曲言法」というレトリック用語が使われることがあります。このサイトでは、基本的には扱っていませんが、この「曲言法」と「緩叙法」との関係についても少し書いておきます。

「曲言法」は、「〜でない」のような否定的なことばを使って、強い肯定の意味を表すものをいいます。

ですので、上の深く知る3にある「○否定を用いるもの」が、「曲言法」にあたります。

けれどもこのサイトでは、すべて合わせて「緩叙法」として扱っておきます。これは個人的な考えではなく、「そのように説明している参考書が多い」という理由によります。

深く知る5「緩叙法」と「誇張法」との関係

たぶん、『研究社英語学辞典』(市河三喜[編著]/研究社)がそのように書いているからなのでしょう。たいていの本には、「誇張法は緩叙法の反対」と書いてあります。

ですが、「誇張法は緩叙法の反対」というのは、その一面からしか見ていない。そのように私(サイト作成者)が思うのです。

下の図を見てみて下さい。

誇張法 ?? 緩叙法 婉曲法
目的 強め 弱め 強め 弱め
形式 強め 強め 弱め 弱め
たしかに、「外見から見えるカタチ(形式)」の列では。「誇張法」が「強め」で「緩叙法」が「弱め」になっています。たしかに反対です。

けれども、「そのレトリックを使う目的(目的)」の列では、「誇張法」も「緩叙法」も両方とも「強め」になっているのです。反対ではありません。むしろ同じ効果が期待できるのです。

では、ほんとうに「緩叙法」の逆にあたるレトリック用語は何か?

探してみたけれども、思いつくものが見あたりませんでした。なので、そこの部分は「??」にしておきました。




レトリックの呼び方

呼び方 緩叙法
呼び方 反語法・曲言法
※このサイトでは「反語法」は「皮肉法」のページで扱い、「曲言法」は「緩叙法(選択)」で扱っています。


関連レトリック

緩叙法(一重否定)緩叙法(二重否定)緩叙法(選択)緩叙法(付加)、指小辞、古語法

参考資料

●『レトリックの知—意味のアルケオロジーを求めて—』(瀬戸賢一/新曜社)
このページを書くときに、一番参考にした本です。「緩叙法」を「一重否定」「二重否定」「選択」「付加」「指小辞」に分けることなど、かなり参考にしました。
●『レトリックのすすめ』(野内良三/大修館書店)
ひととおりのことが分かる。そんな一冊です。日本語での例文が多いのも、役に立ちます。



余談

余談1サイト作成者の「ひとりごと」

ここから下は、サイト作成者としての「ひとりごと」。

引用したページで邑輝が言った言葉に、
「体とか。」
というものがあります。私が目を引かれたのは、その言葉の意味するところではありません。マンガのふき出しで「。」という句点が使われている点に、コミックスを読んだ当時には意外性を感じました。

ふつう、マンガのふき出しには「。」という句点を使われませんでした。松下容子先生は、たまにふき出しで「。」という句点を使うことがありますが、他の作者のマンガには、「。」という句点が使われることは滅多にありませんでした。
ただし原則的に、出版社が「小学館」のものに限っては、「、」「。」が使われていますけれども。

まあというわけで、マンガのふき出しで「。」が使われることは、すごく少なかったのです。

ですが。
今や、多くのコミックスで「。」(句点)を見かけるようになりました。こういったことを書くようになると、「私も歳をとったなあ」と実感するわけなのですが。

以上、サイト作成者の「ひとりごと」でした。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類