このページは、 のページにあったものを引き継いでいます。
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
含意法 がんいほう implication
——『ゴーストハント』1巻15〜16ページ(いなだ詩穂・小野不由美/講談社 コミックスなかよし)
くつ箱 グラッ)
麻衣 いっ(汗)」
——(ここ3コマとばします)——
くつ箱
カラン)
パラパラ)
麻衣 うわ——っ!
うわ——っ!!
うわ——っ!!!
は… 花畑を
見るかと
思ったあああ
あ——っっっ
ばくばくばくばく
ばくばくばくばく
ばくばくばくばく)
——『ゴーストハント』1巻15〜16ページ
(いなだ詩穂・小野不由美/講談社 コミックスなかよし)


定義重要度

含意法は、直接言うのではなく、表現から推論されるように間接的に伝えるレトリックです。


効果

効果1「含意法」を使って、隠語や暗号などをつくる

「含意法」は、何かを「ほのめかす」レトリックです。なので、「隠語」や「暗号」などをつくる材料になることもあります。
:隠語、暗号、符丁
効果2「なぞなぞ」など、ことば遊びに使われる

含意法には、「ほのめかし」として使われることがあります。「なぞなぞ」は、「含意法」の特徴に当てはまります。
:なぞなぞ、ことば遊び、言語遊戯

使い方

使い方1遠回しに表現する

ストレートには言わないで、遠回しに伝える。意味がくみ取れるように、間接的に伝える。このような言いまわしが「含意法」となります。
:遠回し、くどくど、回りくどい、つながりのある、関連、係わる、関係、結ぶ、結びつく、間接的、遠い
使い方2一見すると、含まないと思われることを含んだ表現をとる

ひと目見ただけでは、つながりがないと思われることば。そういったものを、ストレートには言わずに、つながりのあることばを使って表現します。
使い方3表現を受けた人が、つながりを推測する

肝心の情報ではなく、それに関連したことだけを表現します。このことで受け手(読み手・聞き手)は、本当に伝えたいと思っていることを推理することになります。
:推測、推理、推しはかる、くみとる、察する




例文を見る例文を見る(末尾)

例文は『ゴーストハント』1巻から。

主人公は、谷山麻衣という女の子。

彼女は、怪談となっている旧校舎に入ってみる。
するといきなり、くつ箱が倒れて、麻衣を押しつぶそうと襲ってくる。

で…、その結果。

麻衣はなんとか助かった。その時のセリフが、「含意法」になっています。
は… 花畑を
見るかと
思ったあああ
あ——っっっ
という表現。なぜ「くつ箱」が倒れ込んでくると、「花畑を見る」のか。直接には分かりません。
ですが、しっかりと読むと、
  1. くつ箱が麻衣を押しつぶす
      ↓
  2. 麻衣は下敷きになって死んでしまう
      ↓
  3. 死んだ麻衣は、天国へいく
      ↓
  4. 天国には、花畑がたくさんある
      ↓
  5. 麻衣は、花畑を見ることになる
という流れが見えます。つまり、よく考えてみると、意味を理解することが分かるのです。なのでこの例文を「含意法」とします。



レトリックを深く知る

深く知る1「含意法」と他のレトリック用語との境界
「含意法」といえるためには、かなり遠回しの表現でなければなりません。例文であげたものよりは、もう少し遠回しのほうが「含意法」の例としては適当かもしれません。

「天国」と「花畑」の関係が、私(サイト作成者)の考えているよりも遠回しでない、近いものだと思えば、「換喩」だと考えてもいいことになります。そのあたりの境界線は、かなり微妙です。

深く知る2『レトリック事典』での「含意」の説明

『レトリック事典』が挙げている《含意》という用語は、このページで書いている「含意法」とは関係ありません。ちなみに、《含意》という用語は《限定語反転》の別名として書かれているものです。なお「限定語反転」については、とりあえず「代換」を参照してください。

深く知る3「含意法」というレトリック用語の存在意義
「含意法」というレトリックをあえて作る必要があるのか、という議論もあります。実際、レトリックの解説書で「含意法」を解説している本も、少ししかありません。

ですが、いちおう「含意法」という項目をたてておくことにします。

深く知る4「含意法」と、「反語法」「緩叙法」との関係

「含意法」には、2つのタイプがあります。1つ目が「反語法」タイプ。もう1つは、「緩叙法」に近いタイプです。




レトリックの呼び方

呼び方 含意法
呼び方 含意・含意表現


関連レトリック

婉曲語法迂言法稀薄法代称・ケニング、遠曲語法、抑言法、転喩

参考資料

●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)
「含意法」と、「反語法」「緩叙法」との関係について、考察のある本。
●『背理のコミュニケーション—アイロニー・メタファー・インプリケーチャー—』(橋元良明/勁草書房)

この本のタイトルにある「インプリケーチャー」というのが、含意表現(含意法)になります。本のタイトルになるぐらいだから、「含意法」について詳しく書いてあります。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類